カテゴリー「自由研究ゼミ」の記事

2011年7月12日 (火)

遠足しかしないダダイストたち

 NGが主催するゼミナール、「自由研究設計ゼミ」で、檜原村にある払沢の滝へフィールドワークに行ってきた。
メンバーは
五十嵐くん(ブリコラージュ設計ゼミ長)、
新田くん(カフェ・ブリコラージュ店員)、
ワカメ(遠足実行委員長)、
イヤマリ(縄文関係)、 
さらに特別ゲストで、書物設計ゼミや挑戦的な録音姿勢で一世を風靡した齋藤ゼミのゼミ長である、齋藤録音くんも参加してくださった。
 
こんなに優秀な学生たちが集まってくれて僕は誇り高いぞ。
 
 この自由研究設計ゼミはもとはと言えば齋藤録音が主催していた「齋藤ゼミ」が母体。
齋藤ゼミはフィールドワークとレコーディング、そして自由闊達な議論を主軸とした遊撃的在野思想も持つ人々の集まりであった。いわばサロンでもある。
例えばキャバレー・ボルテールに集まった、遠足しかしないダダイストたちである。

↑dadaの遠足
 
第一弾「高尾天狗ゼミ」では高尾山の天狗に会いに行った。この時に録音されたフィールドレコーディングで、私は宮浦くんとのギターデュオを披露した。
私のソロアルバムに収められている「天狗に捧げる弦楽二重奏」である。

Myspaceミュージック で、 N.G.Barbaroi の歌をもっと探す

 

第二弾「達磨ゼミ」では高幡不動の達磨市に達磨を手に入れにいった。
このときは齋藤録音ゼミ長がメガネとマイクを一体化させた「メガネマイク」とでも謂うべき新兵器を開発した。マイクとヘッドホンが近すぎてハウリングを起こすトラブルも起きたが(ヘッドホンがオープンエアだったのだ)、
このトラブルは後に齋藤録音のノイズパフォーマンス、「お辞儀ハウリング」に昇華された(メガネマイクを装着した状態でコーンを上に向けたモニタースピーカーに向かってお辞儀してハウリングを起こす演奏である。ちなみにこの名前は今私が咄嗟につけたので間違いかもしれぬ)。

番外編としては私が主催した「成田山ゼミ」というものがある。
この会は主に私の周りのミュージシャン達と成田山に行って対決フィールドセッションをやった。このときも齋藤録音が録音してくれた。
Crim0031

はてさて齋藤ゼミから派生して仇花のように育った自由研究設計ゼミ。初遠足(フィールドワーク)はどうだったのだろうか。
自由研究設計ゼミのフィールドワークの模様はなんと7/16(土)17(日)の2日間、多摩美術大学のオープンキャンパスで発表されます。芸術学科棟にて。
フィールドレコーディングや当日のセッション音源。写真や映像が入り乱れて垂れ流される!
よかったら見に来てください。

「払沢の滝で突然演奏!パワースポットババアを追い払え!」
「十三仏でハアハア息切れ!対決セッション!」
「最後は滝みてカタルシス!エクストリーム・デイブレイク(昼寝)!!!」
の三本で〜す!

ジャン!ケン!ポン!!!
ウフフフフフ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

齋藤侑太presents高尾山ゼミ「天狗伝説と音楽」/年末年始ライブ情報

 
 アグレッシブな録音姿勢と、すっかり定着した感のあるミニマルなスネアドラミングでお馴染みの齋藤"録音"侑太が企画した高尾山参拝ゼミ(通称俺ゼミ)。
テーマは「天狗伝説と音楽」。
「高尾山薬王院の天狗を尋ねて、森の中で音を愛でる優雅なひと時。そして訪れる名伏しがたい感情…。」
とはゼミ長齋藤の誘い文句でした。

 というわけで今日は高尾へ行ってまいりました。
面子は齋藤ゼミ長、杏一、野口a.k.a.DT、五十嵐助手、ユズ子嬢、そして私という純芸術学科メンバー。
非常に楽しかったが疲れたな。バッチリ整備された山道とはいえ山登り。ギター背負ってだしな

 天狗そばを食べるゼミ長↓

Sn3e0011

 私の予想を超えて、高尾山は完成度の高いアミューズメントパークであった。食べ物飲み物売店売店攻撃が凄まじい。うすら汚れたドイツ軍服ジャケットでギター左翼感覚とニヒルな態度(寝坊して遅刻したのをごまかす為)で現われた俺にはマジで予想外。
天狗そばを食べてゼミ生たちと、今後のゼミの課題(講義"前向きな思想"や、出席名簿を秩序のあるランダムで読み上げる為には?、ノンイデオマティック・レリジョン-特定のイディオムに奉仕しない横断的な宗教の可能性…などなど)を語らいあったところで、やっと高尾山がディズニーランドにも勝るアミューズメントパークだと気づく。なんというカップルの多さよ。
気づいてからはもうアイス食ったり、ココア飲んだりと山頂を満喫しました。

 そして肝心のゼミ的実践として、山道でレコーディング。
私&杏一のギター、
ゼミ長齋藤の防犯ブザー(?)や枯葉攻撃
五十嵐助手の般若心経のセッション。

中途から逃げ惑う演奏者を録音マイクを持って追いかけるという鬼ごっこ的なゲームピースセッションが始まって楽しかった。いやはや天狗的である。

 しかし俺と杏一のデュオ即興演奏をニコンでバシャバシャ撮っていたユズ子嬢には恐れ入った。
彼女はフィルムがもう無いのを知っていたにも関わらず、まさにセッション的にシャッターを切り、演奏に参加していたのである。

そんなこんなの非常に楽しいゼミ遠足でした。

★年末年始のライブ情報まとめて

●Barbar∮Head (Acoustic) feat.齋藤録音
12/9(火)新宿Urga
Shinjuku URGA presents 
w/ ライオット/REWARD/蓮尾公基
OPEN / 19:00 START / 19:30
Ticket: adv.¥1500 / at door.¥1800 (+1order)
新宿URGA
新宿区歌舞伎町2-42-16第2大滝ビルB1
JR新宿駅東口より徒歩7分。西武新宿駅北口より徒歩1分
TEL 03-5287-3390 / FAX 03-5287-3392
E-mail : info@urga.net

 おれNGと上原拓舞のアコースチック版バルバルヘッドに齋藤がスネアドラム参加。対バン蓮尾さんやないかい!

●ポンピドゥー・センター | Centre Pompidou
12/20(土)高円寺marbletron
mimimimime / ミミミミメ
18:30スタート!!
price:2000円!(+ 1D)
at SALON by marbletron
w/ ...Uuuco.! Takanobu INAFUKU onishi yoshito a.k.a. falcon Kojima Junya Kenichi Takahana a.k.a. DJ KEXXX dowding-club Kumiko Noguchi hasegawayu hama , guitar satoru HIGA WATANABE Tomoya Centre Pompidou

場所はこちらSALON by marbletron アクセス!http://www.marbleweb.net/salon/access/
 SALON by marbletron
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南 2-14-2 2F [Google Maps]
東京メトロ丸ノ内線 新高円寺駅より徒歩3分
JR 高円寺駅南口より徒歩10
TEL:(オフィス)03-5377-1300  (店舗)03-5934-8106
E-mail:salon@marbleweb.net

 多摩美情報デザインの多田さんらが企画したらしい。私は齋藤録音のリーダーグループ、“ポンピドゥー・センター | Centre Pompidou”で出演。恐ろしい名前だ。隼人さんも参加している。
詳しくは→ http://qpqp.org/ontama/
ネットで見る限り、異常に支離滅裂なグループですな。対バンにファルコンも出るよ

●Barbar∮Head
12/30 (火) 大久保Hotshot
HOT SHOT presents MUSIC PHONON
出演:東京ローシー / ザ・ビフテキ・タイムズ / Barbar∮Head / and more…
open17:30/start18:00 \1,500(+1drink)
 大久保HOT SHOT
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-7 大久保ビルA館 B1F
03-5338-8280
hotshot@mbm.nifty.com

 年末最後のライブ。この日はエレクトリックバルバルで行きたいね。未定だが。

●noisses zzajun SYNTAX(仮
2009年1/9(金) 新宿URGA
THE NIGHT STRANGE 28TH 
OPEN / 18:30 START / 19:00
Ticket: adv.¥2000 / at door.¥2400 (+1order)
■TSUNAMI [望月芳哲(b), 沫山数汎(gt), のなか悟空(ds), 森順治(as), 鈴木放屁(ts), 小野正(ts, fl)]
■でらくし
■DARARAB
etc...

 新年一発目。歌代隼人、野坂哲史の詩人二人朗読とインプロヴァイズの夕べ。何やるかは追って連絡します!

全部来いよ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)