カテゴリー「ライブ告知」の記事

2015年7月22日 (水)

馨子復帰のお知らせ

ザンパノ本日から、数曲ですが馨子が復帰します。

―――――――――――――――――――――――

#7/22渋谷 LUSH
『Beat Happening!VOL.1425』
大滝カヨ
Zampano
ネズミハナビ
THE君に話すよ
HELLO AND ROLL
岩井正義(BurnQue)
START19:00
前売¥2,000 


―――――――――――――――――――――――

 馨子の療養期間中、たくさんの方から応援と励ましのメッセージをいただきました。本当にありがとうございます。

相方のこととは言え、NGのスケジューリングや活動の仕方にも多々問題があったように思います。

今日からは心機一転して、無理なく着実にのんびりだけどダイナミックで最高な活動を考えて目指していきたいと思います。

これからも応援をよろしくお願いいたします。

NG







―――――――――――――――――――――――
今後のzampanoのライブ予定は

7/29(水)蔵前KURAWOOD
『初登場!蔵前歌酒場の巻』
出演
⚫︎不良メルヘン
⚫︎辻香織
⚫︎TOROCCO RAILERS
⚫︎S&H
⚫︎zampano
open18:30 /start 19:00
前売 ¥2000 


8/9(日)立川A.A.company
w/BONQURE AMATERAS



| | コメント (0)

2015年7月17日 (金)

いま、殺された×××× デモを聴く


https://youtu.be/NeON6eLMqyE

戦争法案。ダダ100周年以降、1900年代に興味をもって勉強している。が、まるで今現在が100年前みたいじゃないか?

 今聴いてほしい曲があってバンドをやっている。
 イスラム国の日本人人質事件が起こったのは2015年のはじめだった。そのとき、うちの長い髪のメンバーがこの曲のデモバージョンを発表しようと言い始めたんだ。彼がそんなことを言うのは珍しかった。
「別に政治的なメッセージを発表したいわけじゃない、反対とか賛成ではなくて、今この歌詞を聴くのにピッタリだと思った」というようなことを言っていたと記憶している。

 そのときおれたちはレコーディングのためのプリプロに入っていて、この曲はデモとしてミックスダウンまで自分たちで完成させていた。プリプロを終えたあと、リーダーと長髪の男は少しふたりで話したいと言ってコンビニで買った酒を片手に路地裏に消えた。

 政治的なメッセージというだけで人々に狭量に判断されるのをうちのバンドは嫌う。だが珍しくこの曲のデモを発表しようということになった。

 能天気でお気楽なおれたちはNAVERまとめとかに取り上げられるかなとか、いわゆる「Buzzられる」かな?炎上したらいいなとかいう幼稚園生なみのネットリテラシーでうすぼんやり期待していたが、結果的にはBuzzられるような反応はなにもなかったと言っていい。ごく僅かの熱心な聞き手が応援してくれていたが、それだけだった。

 だいたいこの曲の歌詞は数年前に完成されていて、政治的大局がぐちょぐちょの2015年に向けた言葉では全然無いはずなんだよ。おれが歌詞書いたわけじゃないけど。

それでも不思議だ、みんなにこの曲を聴いてほしいと思うような毎日。政治的状況はいっこうに愚かさを増すばかりだし、世の中は加速度をつけて絶望的ですね。

例えばこの曲を聴いて首相や大統領やファシストの連中を考えてもいいと思うんだ。

おれはそんなやつらよりもちがうことを考えてしまう。

 精力的に反原発活動をしている友だちに
「驢馬はファシズムのパロディーなんだよ」と嘯いたことがある。
ともだちは
「そんなわかりづらい表現はやめたほうがいいよ、ただ暴力的なのかと思ってた」
と言われてしまった。

けっこういいアイディアだと思ったんだけどな。おれはキム・ジョンウンのファッションを見習ってる。illest of illest, peopel call us illson! つまりイルの息子という意味で。

驢馬がファシズムのパロディーだと言っているのはNGだけで、もっともっといろんな意味があるよ。観て聴いて考えてほしい。

セックス・ピストルズとかボブ・ディランとかアインシュテンツェルデ・ノイバウテンとかじゃがたらとかウータンクランとか好きだろ?

これだぜ

今夜驢馬フェスです



| | コメント (0)

2015年7月16日 (木)

驢馬フェス2015 芸術的な夜/非芸術的なNGコメント


明日はついに驢馬フェス。

台風だったり嵐が来ると、ああ驢馬のイベントが近づいてきたなと思う。

というか驢馬のイベントはほとんど台風だったり嵐だ。

うみのてparadise驢馬のスリーマン「あの夜」から、驢馬初のワンマンも酷い嵐だった。神戸に行くときキッチリ台風がやってきたり、沖縄宮古島でも台風。

 メンバーやファンの皆さんの間では「NGが雨男だからだ」というデマ妄言が蔓延しているが、ゼッタイおれだけのせいじゃないよ。もう一人だれか雨男がいると思う。

今日来てる台風は11号は「ナンカー」という名前らしい。マレーシアの言葉で果物ジャックフルーツのことらしいよ。

台風っていうけど、沖縄で経験した台風「VONGFONG」に比べたらただの風だとおもうよ。

「おれを誰やと思っとんのや、風来某やで。台風なんてただの風や」

と言ってた人のいるバンド驢馬も出る驢馬フェスに観にきてね。


ギリギリの発表になってしまったけど、出演者にDJ T.A.G.S がDJに追加されました。
DJT.A.G.Sはおれの後輩で、レコードバイヤーになった素晴らしいレコード堀りです。



#2015/7/17-fri-
“驢馬FES”
渋谷GARRET

出演
バンド
驢馬
滞空時間 special guest ダスティン ウォング
丸山康太(ex.dresscodes)
Qu(神戸)
THE NOVA FABULA

ダンス
VOID

DJ 
はやぴー
DJ T.A.G.S 

Food
驢馬肉

open18:00/start 18:30
adv¥2500/door¥3000 +1drink
学割¥1500 +1drink

渋谷GARRET 
http://www.cyclone1997.com/garret/garret_home.html
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-16 国際ビルB館B1
□TEL:03-3463-0069
□FAX:03-3463-0269

渋谷駅ハチ公口の改札を出て公園通り一番街を原宿方面へ。一つ目の信号(SEIBUデパートA館とSEIBUデパートB館の間の道)を左折。
5分程歩くと宇田川交番があります。交番より2又に分かれている道を右方向へ進んで下さい。
すぐ右側の歩道のクレープ屋さんを右折。坂道を上がって右手にColumbiaがありますので左横の階段を下りて地下1階。


Columbiaがありますので左横の階段を下りて地下1階。  







明日のイベントだけど、せっかくだから各バンドのプロフィールとNGによる紹介を書きます。

出演者


—————————————————————–

滞空時間 special guest ダスティン・ウォング


【滞空時間プロフィール】

インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる芸術家・川村亘平斎のソロユニット。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。

2012年インドネシア/マレーシア2カ国ツアーを成功させ、2013年に2nd album【RAINICHI 来日】を発表。【架空の南の島で行われたお祭りの一夜】をコンセプトに作られた今作では、小山田圭吾(cornelius),木津茂理(民謡歌手)等豪華ゲストが参加、音楽シーンに強烈なインパクトを与える。また、鎌倉宮薪能では細野晴臣等と共演し絶賛される。

ライブゲストに、小山田圭吾(cornelius)、オオルタイチ、木津茂理、AFRAを呼ぶなど、常に変化し続ける彼等のお祭り騒ぎは、ますます目が離せない。

西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!

滞空時間 are

濱元智行(GAMELAN)

GO ARAI(VIOLIN)

徳久ウィリアム(VOICE)

さとうじゅんこ(VOICE)

AYA(BASS)

&

川村亘平斎(GAMELAN・SHADOW WORKS)

共演者

【ダスティン・ウォング プロフィール】



ダスティン・ウォングはハワイで生を受け、2歳の時に日本へと移住。中高時代はパンクやオルタナに開眼し、ハイティーンの頃 には友人のユタカ・ヒューレット、元Delawareで現在はデザイナーとして活躍している点(ten_do_ten)、そしてかつて立花ハジメとLow Powersのメンバーで現在はファッション・デザイナーとして活動しているエリと、携帯電話の着信音をオケに使用し歌うというユニークなバンド、The Japaneseを結成し活動、また、ユタカとはOnsenというギター・デュオも組んでいた。

そして大学進学のため渡米、ボルティモアに渡った後、マット・パピッチ(現在はCo Laとして活動)とエクスタティック・サンシャインの活動を始める。同時に彼は通っていた美術大学のクラスメート達と共にポニーテイルを結成。ボアダムスやアニマル・コレクティヴとも比較されたカオティックなサウンドと怒濤のライヴ・パフォーマンスは瞬く間に話題となる。また、エクスタティック・サンシャインとしてもカーパークからアルバムをリリース。ミニマルで実験的なサウンドは多方面から高評価を得るもののダスティンは脱退する。ポニーテイルもさらなるブレイクを期待されていたが突然活動休止を発表 (2011/9/22に正式に解散を発表)。そして2010年、スリル・ジョッキーと契約し、3rd・ソロ・アルバム『Infinite Love』をリリースした。

多数のエフェクター足元にならべ、ディレイ、ループ等様々なエフェクトを駆使し、ミニマルでカラフルなレイヤーを描き出していく万華鏡のごときギター・パフォーマンスは各所で話題となる。

2012年通産4作目となるソロ・アルバム『Dreams Say, View, Create, Shadow Leads』をリリースし、4月にはレコード発売記念の日本ツアーも慣行。NHKライブビートへの出演も果たす。その後マウンテン・ゴーツとのツアーを経て、7月にブルックリンで行われたダーティー・プロジェクターズの最新作『Swing Lo Magellan』のリリース記念ライヴのオープニングに抜擢され、日本ツアーでも全公演オープニングを務めた。9月から10月前半にかけてビーチ・ハウスとのUSツアーを行った後、朝霧JAM 2012にも出演を果たし、そして2013年1月のビーチ・ハウス・ジャパン・ツアーのオープニングもつとめた。5月には嶺川貴子との共作『Toropical Circle』をリリースし、 FUJI ROCK ’13への出演もソロ&デュオで出演。その後5作目となる『Mediation of Ecstatic Energy』がリリース。2014年には嶺川貴子との共作2作目となる『Savage Imagination』を発表し、デュオでの約1ヶ月に渡る北米ツアーも行った

—————————————————————–

 滞空時間にvoiceとして参加している徳久ウィリアムさんとNGは10年前から4年間ほど、William&NGというノイズブルーズユニットをやっていました。
それまで民俗音楽や倍音律に漠然とした憧れを持っていたものの何から聴いていいかどこから手をつけたらいいかわからなかったNGにウィリアムさんはあらゆることを教えてくれ、さらに同志として実践を通じて鍛え上げてくれました。
 声を使った世界中の民俗音楽、倍音唱法、それを巡り巡って聴いていると気づく日本の音楽の変てこでおもしろいこと。ブルーズというペンタトニック音楽の普遍性、さらにNGが全然知らなかったハードコア、ファストコア、スラッジコアなどの音楽。ノイズミュージック。フリーインプロヴィゼーションなど。
 ウィリアムさんは博識かつ勉強家で、さらに知識を上回る実践の鬼なので、NGは一緒に活動して対等に渡り合うためにとにかくあらゆる音楽を叩きこんだ。

つまり若き日のNGをフックアップしてくれた先輩であり先生なのです。フックアップ?という言葉は少し違うかもしれない。
「フックダウン」。ドープな魔界にフックダウンされた。

滞空時間はそんなウィリアムさんの参加するスーパーバンドです。
ウィリアムさんと昔話していた夢があって
「いつかマハビシュヌオーケストラみたいな、エレクトリックマイルスのような、壮大なロックバンドを一緒にやろう」「そのときはウィリアムさんがボーカル、ギターがNG」という野望がある。まだ叶っていないけど。
滞空時間と驢馬を合体させたら(ゼッタイにしないと思うけど)、おれとウィリアムさんのいつかの夢にかなり近いんじゃないかと思います。
(年齢を重ねるとマハビシュヌやエレクトリックマイルスにそんなに憧れなくなった自分も不思議に思う)

全然、滞空時間に触れてないけれど、恐ろしいバンド。魔界の地下の神々レベルのS級妖怪だよ。

—————————————————————– 




< Qu プロフィール>




ヒューマンビートボックスをフロントに据えた5人編成のインスト

ロック。
2012年神戸にて活動を開始し2014年1月より現在の5人編成となる。2015年1月kilk records より1st フルアルバム"switch"をリリース。4月台湾のロックフェスT-festに出演しMew,envy,MONKEY MAJIKらと競演。
ヒップホップのエレガンスを強靭なロックへと再構築したビートに、グランジ直系のギターと多弦ベースが圧を加え、エレピ、サンプラー、シンセサイザー、ボイスワークが縦横無尽に飛び交う重厚かつ立体的なサウンド。プログレッシブロック・マスロックの流れを汲み変拍子・ポリリズムなどの要素を用いながら、ゲーム音楽のようなファンタジックさも感じさせる一筋縄ではいかない楽曲は、チルアウトとヘヴィネスがせめぎ合い一つの巨大な波となり昂揚感を呼び覚ましてくる。ヒップホップ、エレクトロニカ、アンビエント、ハードコア、ヘヴィロック、エモ…様々な要素が想像を超えた次元でミックスされた音楽=「Qu」を聞き逃してはならない!

—————————————————————– 

 Quとの付き合いはベースメントバーで驢馬と対バンしたときにヒップホップの話で盛り上がってウマがあって飲んでたら、おれ以外のメンバーは全員帰っていて、仕方ないからドラムのミサキさんに驢馬のTシャツをあげたところからはじまった。以来、神戸だったり大阪だったりで幾度も呼んでくれて。今回やっと東京に呼ぶことができました。

今回驢馬フェス開催にあたってこんな風に声をかけた。
「それぞれジャンルと活動場所はバラバラですが、ポストロックやポストダブステップなど「ポスト~」的な、現代的な発想の楽曲構造をしています。
ミュージシャンとして、音楽的に新しい発想を持っているバンド同士が対バンしたら新しい変化が生まれるのではないかと考え、お声かけさせていただきました。」

この「ポスト」問題に最も取り組んでいるバンドがQuだと思う。単にポストロック、ダブステップを取り入れてるのもあるけど、ヒューマンビートボックスがボーカルという発想が無茶無謀上等!といった感じで好きだしvoiceのGINEくんの修行僧のような姿勢と、ビートボクサー大会で武者修行してたりするところがBECKのチバくんみたいで好きだ(笑)。バンドメンバーのキャラが異常に濃いのも魅力です。とくにキーボードの古庭さんは異様な魔女的ファムファタール感の瘴気で会場を包み込むので危険です。

そういう全員キャラが異常に濃いバンドっていいよね。





—————————————————————– 

丸山康太


1985年生まれ。1999年ロック活動開始。東京都杉並生まれ東村山育ち。

ピンクグループ脱退後、ドレスコーズに加入2年程で解雇。

現在はお祭りヒップホップグループ『近所のメンバー』や『Keins』、カオティックな『Bonqure Amateras』等で活動中。

—————————————————————–

 丸山は元ピンクグループのメンバー。つまり驢馬の壺×壱によるバンドの二代前のギタリスト。
ちなみに歴代のギタリストは
丸山(ピンクグループ)→小出カツヤ(タリバナサンバ)→NG、ホセ(驢馬)という流れなので、驢馬フェスの日には歴代三代ギタリストがそろう。

だが、ピンクグループの前からNGと丸山はバンドをやっていて、それはGurupoCHEKELEというパンクとファンクとなにもかも履き違えたバンドだった。
Gurupo CHEKELE のことはいつかちゃんと書きたいし音源もいつか蔵出ししたい。

そういえばWilliam&NGをやっていたときに丸山が参加して、一緒にジミヘンのVoodoo Chileをやったことがあったけど今では考えられないな。平和な時代。

 ソロで出るという。こいつこの日いったい何をする気なんだろう?

—————————————————————–

THE NOVA FABULA


ボーカル、ギター、ベース、クラリネット、ドラムからなる5人。
様々なジャンルを掛け合わせた楽曲を激しく奏でるジプシー集団。民族的な要素と都会的な世界観を共存させたバンド。1st音源近日発表。

—————————————————————–

NOVA FABULA は壺さんが呼んでくれたんだけども、それとは別にベースのラッチョくんは「夜更けの人々」の常連で、NGとよく酒を飲む。だからなんだ(笑)?
全然関係ないがラッチョくんのラップはエッチですごい。(NOVA FABULAではラップはしないと思うが)



—————————————————————–

DJ はやぴー



女子大生の皮を被ったDJ。
ロングヘアを振り乱すロングミックス。

ふるえる指先が紡ぐヒステリックなフェーダーワークは、フロアをふるえるヴァイブスで包みこむ。かなりノレル。
「ばーじんろっく」「Mr. HAPPY FACE」などのイベントを主催。

—————————————————————– 

はやぴーに去年「一緒にディズニーランドに行こう」と誘ったらこっぴどくフラれ、それをバンドメンバーにチクられて人生に絶望したことがあったがそれも昔の話だ。

たぶんがんばってくれるんじゃないかな!



—————————————————————–


VOID


NANA (JULIET.hot stuff) + HAMI (Ova D Flow)
クラシック〜ストリートダンスを経て、

現在は型にはまらないフリースタイルダンサーとしてイベントやライブへの出演、レッスン講師など都内を中心に活動中。


—————————————————————–

VOIDは宮古島でも驢馬と対バンしたダンスグループ。
NANAさんは去年の驢馬フェスでもタップダンス踊ってくれた。今年は自分のグループで出演。元々はあるバーのバーテンドレスで出会った。今は夜更けの人々だが、本職のダンサー。
漫画「NANA」でいうとNGにとってのじゅんちゃん的な存在。(???)

カッコいい女性二人組です
________________________________________________

そんなこんなでNG目線のコメントを書いたらイベントの主旨やステージと全然関係無いようなどうでもいい情報を書いてしまったのでもうやめよう。

明日は黙って芸術的な夜にしたいと思う。






| | コメント (0)

2015年6月 4日 (木)

もう夏です

 先週、よくわからないうちに気がついたら風邪をひいてしまった。熱をだして、四日間ほど38℃台後半のまま朦朧と過ごしていた。

時間労働には平然はフリをして出勤していたが、実際には完全に思考停止したロボット状態で、家に帰ると猛烈な吐き気と頭痛で寝るより他に何もできない。ついでに寝ることもできないというヒドイ有り様だった。

 ものすごく差し迫ったプロジェクトがあるのだが、幾つかはおれのゾンビ化のせいでことごとく進行停止してしまって本当に申し訳ないと思っています。

 今日やっと回復して、なんとか体は建て直したのだが。いったい何から手をつけていいのやらわからないが、なんとか取り戻すつもりだ。 

 現在、友人の根津幹雄の主催するmark in loser kingというインターネットレーベルで、zampanoの初のダウンロードシングルを公開している。

http://markinloserking.wix.com/

http://markinloserking.wix.com/milk#!butterfly/c9b1

 初のデータダウンロード販売だ。すごくドキドキする試みである。もし買っていただけたら是非感想を聞かせていただきたい。

 それにまつわる関連商品として、「zampanoダウンロードコード付き生写真」というものも作った。こちらはライブ会場限定で販売する予定。

 zampanoはダウンロード作品に続いて、カセットテープをリリースする予定だ。そちらは現在レコーディング中なのだが、今回のおれのダウンで大幅に進行が遅れてしまった。それでも、いいものができつつあると思う。心して待たれよ!!

 zampanoはカセットテープに並行してZINEをリリース予定。だがそれも(以下略)。心して待たれよ!!!


 驢馬は去年に引き続き、夏の驢馬フェスを開催予定。去年とはまたカラーを変えた異色で異例の出演者がラインナップされています。


#2015/7/17-fri-
“驢馬FES”
渋谷GARRET

出演
バンド
驢馬
滞空時間 special guest ダスティン ウォン
Qu(神戸)
THE NOVA FABULA

and more


ダンス
VOID

DJ 
はやぴー

Food
驢馬肉

open/start TBA
adv¥2500/door¥3000 +1drink
学割¥1500 +1drink
SNS早割¥2000 +1drink

(6/17までに驢馬のtwitter,facebookのダイレクトメッセージ、返信で予約いただいた方。またはメールにてthelova@live.jpでご予約された方には早割として¥2000で前売り券取り置きいたします。)

渋谷GARRET 
http://www.cyclone1997.com/garret/garret_home.html
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-16 国際ビルB館B1
□TEL:03-3463-0069
□FAX:03-3463-0269

渋谷駅ハチ公口の改札を出て公園通り一番街を原宿方面へ。一つ目の信号(SEIBUデパートA館とSEIBUデパートB館の間の道)を左折。
5分程歩くと宇田川交番があります。交番より2又に分かれている道を右方向へ進んで下さい。
すぐ右側の歩道のクレープ屋さんを右折。坂道を上がって右手にColumbiaがありますので左横の階段を下りて地下1階。


どうだこの面子。特筆すべきは滞空時間です。

 NGと徳久ウィリアム氏はかつてWilliam&NGというブルースユニットを組んでいたのです。違うバンドになった後も、

チャーリーウィリアムス×zampano
Fujin Raijin(a.k.a. Garganta Del Diablo)× 驢馬
ノイズ合唱団(現Tokyo Voize Choir)×zampano

と宿命的に対バンし続けていましたが(というか作為的に共演していましたが)、この度

滞空時間×驢馬

というヤバめのカードがついに実現しました。

滞空時間は本当にすごいよ。

関西で戦い続けているQuの参戦も決まっている。

全バンドの詳しい情報はまた改めて取り上げます。


 そんなこんなで風邪もひいたし、早くも夏感でてきた。NG的な感覚では七月は年末となんら変わらないので、六月の今は11月のようなもの。

とびっきり駆け抜けるのでよろしくお願いいたします。



| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

Warsaw 赤いリストランテ / ジジイたちの協奏曲


 駅の北口を出て右に行くとアイリッシュパブ風チェーン店の横にその雑居ビルがある。
 そういえば大学に行かずにその店のハッピーアワーで酒を飲み続けて笑いが止まらなかった女が今はもう結婚したようだと風の噂で聞いた。おれは今まで犯したどんな矮小な犯罪行為よりも講義をサボってその女とハッピーアワーでアルコールを飲み続ける方が背徳感があったことを覚えている。なぜだか。

 雑居ビルの四階に入っていった。今夜はまたライブだ。会場に着くとおれの先輩のPAさんがいた。ここのライブバーのオーナーが消えた今はPAさんがこの店の店長だ。
PAさんは
「NG君、ワルシャワに挨拶してきた方がいい。リハーサルが始まってしまうと出入りができなくなってしまうから。」
と言った。おれは首を傾げながらも追求せずに意味をくみ取って重たい音のする金属の扉を開けた。そこには赤いレストランがあった。そして見覚えのある顔の男が見たこともないようなきちんとした服装で立っていた。

「ナカジマ、ここにくるのはやめろ。支配人の控え室なんや」

それは社長だった。おれが幾度となく喧嘩して口論した男。女を囲い、病人から金をむしり取り、借金を抱えたままいなくなった男だった。
だが社長は見違えるような風貌だった。肩までかかっていた白髪交じりの長髪を切って、短く後ろにまとめていた。それに黒の上等なスーツ。艶のあるネクタイ。社長がネクタイをしているところなんて見たことがなかった。

さらに店が圧巻だった。おれが今立っている四階から、下の2フロア分が螺旋階段で繋がる吹き抜けの構造で壁は真っ赤、テーブルも赤い。床は黒いゴムチップで見覚えがあった。テーブルの上には銀に光り輝くカトラリーが。それらを総て見下ろすのがこの支配人の部屋らしい。紛れもないリストランテで社長はここのディレットーレ(支配人)というわけだ。

「ワルシャワやで。」

 おれは社長がワルシャワと言う単語になにか夢というか悲願をかけていることを知っていた。それはきっとポーランドの都市とは関係ないのだろう。

「下の雀荘も寿司屋も買い取ったんですか?」

「せや」

 愛人の姿は無い。スタッフも社長ひとり以外には誰も見あたらなかった。
不思議な男だった。笑っているのか怒っているのかわからない頬皺が不可解な印象をつくりだしている。社長は妙な目つきで偉そうに言った。


「おまえ、ここで働け。」


即答、

「いやです」



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


 という夢から眼を覚ますとおれは駅前のベンチにいた。まだ神戸の三宮にいる。驢馬の本隊とは別れておれは一人で神戸の夜に残った。ミサキさんというドラマーに会うためだった。駅前の広場で待ち合わせている最中に酩酊したジジイが朗らかに話しかけてきた。

「なあ、にいちゃん。わしは帰りたないんや。」

「僕もそうです。でも今日は月曜日だし、週も始まったばかりですよ。」

自分のことを棚に上げてそう言った。ジジイは三宮の街を見回していった。

「みてみい。この雰囲気にもっと浸りたいんや。平和やろ。日本は平和なんや。だからまだワシは帰りたないねん!」

このジジイはどこから来たのだろう?どこからみても日本人だった。確かに神戸の街の夜は穏やかで平和に見えた。ギャル男や客引きの黒服もいることにはいるが、誰も仕事するような様子は見せず、遊んで笑いあっていた。


「確かに穏やかな場所ですね。」





「NG、何してはるの?」

後ろから声をかけられた。ライブの企画者のパンさんだった。
パンさんはジジイを追い払ってしまい颯爽と歩き始めた。

「行こ行こ。ミサキさんは一時くらいにくるって。」

 髪の長い女性に連れられて、三宮をジジイのようによぼよぼと歩いている。おれはあのジジイとほとんど同じだ。色んな理由を思いつこうとしたが帰りたくないだけだった。
神戸は少し寒かった。台風のせいだろうか?
とにかく、朝には急いで東京に帰ろう。高速バスの発着場は調べた。準備をしなければ。レコーディングだ。そして週末にはもう一つの台風にまた向かって行く。前途多難で深く考えるとナーバスになりそうだから、直感で泳いでいくしかない。準備だけはしっかりしよう。

そんなことは何処にいたって同じことなんだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

オクトーバーのギグ

新宿バンスキングありがとう!
images-5.jpeg

今後の十月のスケジュールをば。

これから台風に特攻して神戸に行ってきます。その後もう一つの台風を潰しに沖縄と宮古島へ。

そして驢馬はレコーディングのためしばしライブはお休み。

ザンパノは17(金)に三茶ヘブンスで殺し屋企画、29に二万です。是非よろしくお願いします。



_______________________________________________

#10/6-mon-神戸StarClub ぱんまつり2014
★ROCKTOBAR FEST 2014★
出演 : aomidoro / RAINY BLUE MONDAY / 驢馬 (東京) / SLAY / 変則モンド (+O.A.) STAR CLUB
http://starclub-kobe.com/index.html
住所:〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町1-1-323 TEL : 070-5666-9708 E-MAIL : info@starclub-kobe.com

_______________________________________________

#10/10-fri-浦添Groove
驢馬 from東京 / zampano from東京 Drive Exotica 開場20:00 開演20:30 料金2,000円+ドリンクオーダー Groove http://www.cosmos.ne.jp/~groove/〒901-2122 jittyaku 2-18-10 urasoecity okinawa japen 浦添市勢理客 2-18-10 地下一階 tel,fax (098)879-4977

_______________________________________________

10/12(日)宮古島yamyam

出演 驢馬/zampano &more!

TBA
_______________________________________________

∑10/17(金)zampano@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR「妄想ハイキングvol.25」殺し屋ベイビー/zampano/Boggie Bobbies/ザ・クレーター/Yodocolts op18:30/st19:00 【前売】2,000円 【当日】2,300円(各+1drink)

_______________________________________________

∑10/29(水)zampano@東高円寺二万電圧 Glarm to Phalta/ホメオスタシス/zampano/てけれっつ/andmore!! Open.18:00 Start.18:30Adv.1,500yen Door.1,800yen (+1d 500yen)

_______________________________________________




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

バンスキングタイムテーブル

明日のタイムテーブルの問い合わせが多かったのでタイムテーブル公表いたします。

みんな深夜まで働いてるんだな、おつかれさまです。
遅く来ても大丈夫だし、一応逃げ場もあるので気軽に観に来てください。

予約もまだまだ受け付けてるよー

#10/3(fri-midnight)@新宿LOFT
NG企画「新宿バンスキング」
open23:30/start24:00
ADV¥1500/ DOOR¥2000 +1Drink

出演バンド
・zampano
・The Damn Right's
・ユーテツ&ワセイ(fromチムニィ)
・殺し屋ベイビー
・Neo Tokyo Break Down With Cheap Death
・AnAn-POGA
・DJTAKEE


タイムテーブル

23:30open
DJTAKEE

殺し屋ベイビー
00:00~00:30

Neo Tokyo Break Down With Cheap Death
00:45~1:15

ユーテツ&ワセイ (fromチムニィ)
1:25~1:55

DJTAKEE
1:55~2:25

The Damn Right’s
2:25~2:55

AnAn-POGA
3:10~3:40

zampano
3:50~04:20

終演



新宿ロフト

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-12-9 タテハナビルB2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

GIGS January - March 2014

 

2014 gig schedule↓

 

驢馬 #1/4-sat-宇田川GARRET

[CYCLONE & GARRET 2会場]
"大新年会~三浦直仁生誕40周年の宴~"

出演 (第一弾発表)
マイライト  / COCOBAT / AWAKED / FRUITS EXPLOSION / TEXAS STYLE / SEI WITH MASTER OF RAM / 判治大介 (ハンサム兄弟) / The JFK / BAD ATTACK / FORESIGHT / 新宿SEX PISTOLS / 驢馬 / 黄金狂時代 / ホワイトルーザー / 西坂将作 (THE BORDER) / HenLee / ONTC a.k.a 音の旅crew / BBB / elrevig / No Gimmick Classics / teate / and more!! 全40組

DJ: アキラ (rega) / 乾杯の音頭: 重田 (LACCO TOWER) / 余興: ビート白土たけし

OPEN 12:00 / START 12:30
ADV 400yen / DOOR yen (+1D)

宇田川GARRET

http://www.cyclone1997.com/

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-16 国際ビルB館B1
□TEL:03-3463-0069 □FAX:03-3463-0269

渋谷駅ハチ公口の改札を出て公園通り一番街を原宿方面へ。一つ目の信号(SEIBUデパートA館とSEIBUデパートB館の間の道)を左折。
5分程歩くと宇田川交番があります。交番より2又に分かれている道を右方向へ進んで下さい。
すぐ右側の歩道のクレープ屋さんを右折。坂道を上がって右手にColumbiaがありますので左横の階段を下りて地下1階。

________________________________________________

 

zampano ζ1/6-mon-三軒茶屋Heaven's Door
前売\1,800
当日\2,100
open/start 18:30/19:00 ハズミック
asari
fa-faホホホ友禅
zampano
猪又翔

三軒茶屋Heaven’s Door

住所 :  世田谷区三軒茶屋1-33-19 ケイオーハロービルB1
  電話 :  03-3410-9581
http://www.geocities.jp/xxxheavensdoorxxx/
________________________________________________

zampanoζ1/10-fri-下北沢BasementBar
TBA

BASEMENT BAR
http://www.toos.co.jp/basementbar/
住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
TEL:03-5481-6366(16:00~) FAX:03-5204-9120
E-mail:basement@toos.co.jp

________________________________________________

zampano ζ1/11-sat-下北沢メンフィス兄弟
『Juicy』
19:00~24:00、¥1000(1D付)
DJ:Innami Atsushi、Yo-Chichi、BOX、Munacat、Funk-Yaroh、Yusuke Takano
Special Live:zampano

メンフィス兄弟
http://memphis-kyoudai.blogspot.jp/
155-0032 東京都世田谷区代沢5-6-14前田ビルB1A 営業時間8:00pm-終了時間不定時(水曜&第1&第3木曜定休)
Tel/Fax03-5486-3461 Mail:memphis.kyo-dai@hb.tp1.jp twitter:@DaMemphis

________________________________________________

NGwithGut ∮1/15-wed-下北沢DaisyBar

DaisyBar(デイジーバー)
http://www.daisybar.jp/index.html
〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-2-3
エルサント北沢B1
Phone:03-3421-0847
fax::03-6450-8355
Mail : info@daisybar.jp

________________________________________________

驢馬#1/21-tue-東高円寺二万電圧

二万電圧 presents

LOST CONTROL / デッドタイム / BOOVIES / 狂気 / 驢馬 / andmore!!

Open.?:? Start.?:? Adv.1,500yen Door.1,800yen (+1d 500yen)

東高円寺二万電圧
http://www.den-atsu.com/
166-0003
東京都杉並区高円寺南1-7-23L-GRAZIA東高円寺 B-1
tel.fax.03-6304-9970
20000@den-atsu.com
________________________________________________

 

zampano ζ2/17-mon-宇田川GARRET
TBA
宇田川GARRET

http://www.cyclone1997.com/

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町13-16 国際ビルB館B1
□TEL:03-3463-0069 □FAX:03-3463-0269

渋谷駅ハチ公口の改札を出て公園通り一番街を原宿方面へ。一つ目の信号(SEIBUデパートA館とSEIBUデパートB館の間の道)を左折。
5分程歩くと宇田川交番があります。交番より2又に分かれている道を右方向へ進んで下さい。
すぐ右側の歩道のクレープ屋さんを右折。坂道を上がって右手にColumbiaがありますので左横の階段を下りて地下1階。

 

________________________________________________

 

驢馬#2/21-sat-midnight-下北沢three

TBA

 shimokitazawa THREE (LIVE & CLUB)

http://www.toos.co.jp/3/
下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、
そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。
そのビルの地下になります。BASEMENT BARとTHREEは同ビルの同フロアーです。

住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
TEL:03-5486-8804(16:00?)
FAX:03-5204-9120
E-mail:3@toos.co.jp

 

________________________________________________

驢馬 #3/1-sat-中野moonstep
TBA

LIVE & PUB MOON STEP
http://wall-moonstep.com/moon/top.html

東京都中野区中央5-39-16
Tel:03-3380-7739
E-mail:moonstep@snow.ocn.ne.jp

________________________________________________

驢馬 #3/13-thr-東高円寺二万電圧

驢馬 ワンマンギグ

東高円寺二万電圧
http://www.den-atsu.com/
166-0003
東京都杉並区高円寺南1-7-23L-GRAZIA東高円寺 B-1
tel.fax.03-6304-9970
20000@den-atsu.com
________________________________________________



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

今夜ロッケンロール

朝起きて走った。

寒くて眠くて起きたくなかったし、はやく起きたならバイト先に早く行ってキッチンの仕込みを早く始めるという建設的なような選択肢もあったけど、
今日走らなかったらもう二度と走らないような気がした。

今日のBGMは驢馬でした。来年でるアルバム。意外とランに向いているような気がする。茄子とか農薬とか。

 昨晩深夜はGentle&Sequenceの根津幹雄と獣どもの宴についてミーティングと対談。
サイゼリヤで安ワインを飲みながら話した。

今年の獣どもではNGは獣塾の塾長になる。

どういうことなのか???


今夜はzampanoのライブ。
宮城のロッケンローラー
Duck Tetsuyaさんが来る。

Duckさんは福島ツアーの時対バンした。凄いよ!

夜に会おう
________________________________

ζ12/11(水)「MUSASHINO IMAGINATION 年末2DAYS SP!!二発目!!」

18:00/18:30 ¥1500/¥1800

Duck Tetsuya(宮城) / コンニリュウタ68カムバックスペシャル

/ Zampano 反則亭志ん壱 / 菅原ユウキ 前座・JETヒロシ

武蔵境STATTO http://www5.hp-ez.com/hp/statto/page1/

〒180-0022 東京都武蔵野市境1-12-2 B1 TEL/FAX 0422-36-0248 INFO/ musashisakaistatto@gmail.com manbuooo1126@yahoo.co



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

今夜ソロライブ

今宵ライブでござんす。

10/29Tue 吉祥寺FOURTHFLOOR
《十月はたそがれの国》
NG 墓場戯太郎 麻こ kubobon

1500yen+1drink(500yen) 19:00 OPEN 19:30 START-

NGは一番目から。

対バンはかなり強力な面子。魔力高めのFOURTHFLOORに蠢く先輩方。

NGもMPを高めて演奏したいと思います。



| | コメント (0) | トラックバック (0)