« 愛のあるしりとりと毎日を | トップページ | 旅立つまえに »

2016年3月23日 (水)

Crying Old Bird

NGソロ東北ツアー、デタラメ道中2016
秋田と酒田を終えて帰ってきました。

正直、何から書いたらいいかわからないくらい、色んなことがありました。

そして自分のなかには感謝しかないです。ありがとう。

こんな文章じゃ誰も納得しねーよなー


自分は人間がこれほどまでにダメでいいのかと思うくらい自分がダメだったんだけど、来てくれた人、応援してくれた人たちが奮い立たせてくれて、とにかく音楽を届けようと思いました。


最後の夜、鎧のヒデカズさんと二人でできたのは山に棲む夜叉鬼の神様がもたらしてくれた奇跡だったのかもしれません。

本当に感謝しています。いまはそれだけ。

しののめのために書いた曲、Crying Old Birdを

Crying Old Bird


マスター、あいつは何処に行ったの?
いつもこのカウンターで飲んでいたのに
誰も行方を知らない 新しい季節が来たら
そのうち忘れられてしまう


気まぐれ野良犬が何処に行っても
わたしこの街にいるよ
渡り鳥はいつか帰ってくるけど
たぶんそんな律儀なやつじゃない


夢の中では 何もなかったように
あの時を繰り返している
目が覚めるほどに乾いてしまうけど
そんなきぶん屋だから一杯飲みたい


Crying Old Bird
本当はやめよう
ただ黙ってるだけでいい
マスターは笑ってるけど
酔っぱらっても忘れたりはしないから


左の胸に入れ墨
ヤバいしのぎはこりごり
そんなこと言って出てったのに
新しいタトゥーが増えてるけど


この街は何もなかったように
毎日を繰り返してる
夢を見ること難しいけど
わたし気分屋だからもう一杯飲みたい


Crying Old Bird
本当は知らない
あいつが何を考えていたのか
マスターは笑ってるけど
多分何か知ってるんだと思う


Crying Old Bird
本当はやめよう
ただ黙ってるだけでいい
マスターは笑ってるけど
酔っぱらっても忘れたりはしないから

|

« 愛のあるしりとりと毎日を | トップページ | 旅立つまえに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/64599243

この記事へのトラックバック一覧です: Crying Old Bird :

« 愛のあるしりとりと毎日を | トップページ | 旅立つまえに »