« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月25日 (木)

愛のあるしりとりと毎日を

 おれはバーテンのOとダンサーのNANAさんとタクシーに乗っていた。
 新しい曲ができたんだ。聴いてほしい、と言うと、Oはいいよ、歌ってよと答えた。
おれはじゃあ見せるね、と言って走行中のタクシーの屋根の上に登った。


Who's writing? John the Revelater
Who's writing? John the Revelater
Who's writing? John the Revelater
The book of seven of seven seals

 おい、それはおまえの新しい曲じゃなくて、サン・ハウスも歌ってる古いゴスペルブルースじゃないかとはOは言わなかった。

いいんじゃない?もっと、語るように歌ったほうがいい。歌おうと思うのをやめるんだ。喋るみたいに。あと、語尾の発音に気をつけなよ。ingの語尾は日本語にはないからな。

 NANAさんはこれからダンス公演の会場に向かう途中でタクシーの中で集中力を高めていたから、まるで歌を聴いていない。いつもの黒い鳥の巣みたいな魔女がかったコートを着ていた。

ゴスペル・ブルースがあって、ニーナ・シモンがいたから、ローリン・ヒルやエリカ・バドゥがいるのに。彼女は不思議そうに呆れた顔をしている。

信仰は信仰、人生は人生だ。

踊りを見ることは幸せなことだ、とおれはタクシーの屋根の上の風に吹かれながら思った。誰かが踊ることは。

呼んでないのにキャバ嬢がおれたちの乗っているタクシーを交差点で待っていた。

キャバ嬢はタクシーに乗り込むと「ねえ、愛のあるしりとりをしよう」と言ってきやがった。

おい、NG、わかってるだろ?うまく振る舞えよ、と言う目でNANAさんはおれを観てるのがタクシーの屋根の上からでもわかる。
愛のあるしりとりは難しい。愛がないからだ。
Oはうまくやった。

「靴ひもがほどけてるよ。」

「きゃー優しい」


 神田川に飛び込んでちゃぷちゃぷしてた方がマシだ。でもそれをあえて言わないのが大人ってものらしい。大人以前におれはガキだから何も言うべきことが思いつかなかった。

「く、か。く。く。苦しみ。」

「なんて愛の無いやつ!」

おれはここから逃げ出すために、この交差点に身を投げるべきか考えていた。


      ★★★★★★★

夢から目を覚ますと、家の前で工事をしている。

ドアを開けると、悪霊を祓うために盛った盛り塩をよけて養生シートが張ってあった。業者さんが盛り塩をよけてくれたのだろう。ありがとう。

毎日を生きてると愛のある出来事にも出会うものだ。

1456365098639.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

しののめバンスキング

 山影のキョーダイへ

昨日は電話ありがとう。
昨晩は酔っぱらったまま錦糸町のなりたけってラーメン屋に行ってラーメン食ってた。


乞食の慎ちゃんが教えてくれたラーメン屋なんだけどさ、旨かったな!

で、なぜかBOOK・OFFで手塚治虫のどろろを買って、読みながら寝てた。

どろろって、女の子ってわかった後に特に何の展開もなく、百鬼丸が「年頃になったら女の格好しろよ」とか毒にも薬にもならねえようなこと言って、あの辺なんだったんだろうな?

まあそれがいいのか

引っ越すときに今の家に漫画を全然持ってこなかったんだ。だから漫画の禁断症状が出てる。

ナウシカ読みてえな。おれはクシャナを嫁にした土鬼の皇兄さまが一番好きだ。首だけになっても減らず口叩いてるあたりがさ。ああなりてえ。

毎日あきたこまち食べてるからおれは今、秋田でできてる。山影どんに送ってもらった出汁もなくなってきたから三月に秋田に行ったときに買うよ!

いつもありがとう。みんなによろしくな!

しののめでまたライブできるのは本当に嬉しい。もう来月だけど、詳細書いてみたから、確認してほしい。よろしくね

3/17(木)秋田しののめ
「しののめバンスキング」

出演 
NG
夢野カブ
ブラインドミウラストレンジャー(夜のストレンジャーズ)
difrakto

料金(投げ銭)
開演 20:00~

しののめ
秋田県秋田市中通4-9-4
018-835-6734

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »