« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月27日 (金)

zampanoのこと

ただいま。驢馬の男根ぶら下げ三千里ツアー2015から帰ってきました。東京。

ずっとずっと薄々そうなっていったことなんだけど、、、

zampanoから馨子が脱退します。


先週、全国ツアーから帰ってきた次の次の日に馨子から言われました。


馨子のメッセージとしてはホームページを観てほしいです。お願いします。
http://zampano.ehoh.net/


実は夏頃からすごく関係が拗れてしまっていて、それでもなんとかzampanoを続けたくて、色んな方法を模索しながら今まで来ました。その上での馨子の気持ちがこのメッセージなんだと思う。おれ自身も本当に残念なんだけど、受け止めてほしい。ワガママだけど、、、

今までzampanoを応援していただきました皆様に。本当にありがとう。

zampanoは曲はおれが作っていたけれど、歌は馨子が歌っていたけれど、みんなで一緒に作っていた作品だと思います。

みんな?って言い方変だよね。
ファン?っていうのも気持ち悪い言い方です。

例えば、浅草橋の夜更けの人々と悪ふざけを思いついて計画を練って。荻窪のcafeで一息ついて歌って。驢馬や狂気の奴らと旅を回って。Goodlovin'の社長にインディーズの柔軟な精神とブルースを教わって。仙台でロックンロールを。福島で不思議なバーで闇の静けさを。菅原ユウキと行った秋田で夜叉鬼たちと出会って祭で星空を観て。山形の酒田で二人組の素晴らしさを味わって。宮古島で美しい波とロカビリーと台風VONGFONGに出会って。根津幹雄とデータのダウンロードに挑戦して。メンフィス兄弟の印南親分とジューシーの素晴らしいDJたちやおれの故郷の武蔵境stattoとか数限りない仲間たちここに書ききれない。

数限りない出会いと旅を繰り返して、その中で出会った仲間たちみんなと創ってきた作品がzampanoです。

馨子が脱退すると言ってるけれど、それでzampanoがどうなるか、どうするか、まだおれは決めていません。

ただひとつ言えることは、イタリアの古い映画の登場人物の名前を頂戴して、おれたち仲間で創ったプロジェクトが、こんなに遠くまで旅をしてたくさんのたくさんの人に気に入ってもらえて、聴いてもらえたのは、ひとえに馨子の歌と、彼女の純粋でストレートな眼のおかげだと思います。

馨子、今まで本当にありがとう。

これからどうしようかな、何も考えてないわけでもないんだ。

ちょっと鎖をちぎる練習に精をだすわ。


っていうメッセージをfacebookに上げたんだけどさ、
まずだいたい福井のこと何も言ってないよね。

福井、驢馬でいうところのjoseとはスタジオに入って、ずっとzampanoの音源製作を共にしていたんだ。彼は本当に素晴らしいミュージシャン、ドラマーで、zampanoにたくさんのアイデアをもたらしてくれた。それにzampanoの旅をずっとずっと一緒に過ごした仲間だ。

あいつと創った音源なんとか発表できたらな、と思っているけど、今、こんなに拗れまくった事態なのでそんなことできるかわからない。でも、あいつの素晴らしいリズムワークとそれでパワーアップしたzampanoとしての作品をなんとかみんなに聴いてもらえる形にしたいと、おれは思っています。おれだけ思ったってしょうがないんだけどさ、


とりあえず鎖ちぎるぜ!

1448633686314.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

暗闇に、行ってきます

朝4時頃目を覚まして、30分ほどで支度して家を出た。まだ暗い。夜明け前というやつだ。

暗闇に向かって「行ってきます」という気持ち。
驢馬のツアーはいつしか後半戦だ。滋賀。はじめての土地。次の日、甲府に行って、次の日は銀座で、Oの結婚式の二次会でライブする。

少しずつ明るくなってきた。こうやって旅に出るときはいつも静かに落ち着かない気分だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »