« 港町のスタジオにひとり、BETA 57の前で | トップページ | 3Bについて »

2015年10月18日 (日)

国道沿いに転がるハードコアソウルたちに捧げる

ヤマジー

ヤマジーにこうやってblog上からメッセージを送るのは初めてだ。どうだい、blogで手紙書くとかキモいと思わないか?おれは思う。でもやってる。

ヤマジー知らない人に紹介すると、ヤマジーは秋田十文字が生んだ最高のロッカーなんだ。鉄男TVのドラマーだ。自分でいろんなイベントもやってて、zampanoも驢馬も秋田に呼んでくれる。ありがとうな。

おれは朝起きたら車の中にいた。また皆に迷惑かけたみたいだ。驢馬のやつらは完全に呆れ顔だ。NGは起きたら顔が血まみれで、また眼鏡が無かった。どういうことだい?まあいい。

十文字、最高だったな。なんて言ったらいいかわからないけど。

ヤマジー、おれ思うんだけどさ、ヤマジーや鉄男TV、TERA、16%Noiz、みんなが、秋田十文字でやってることって本当に意味のある素晴らしいことだと思うんだよ。人間の人生を送るってさ、意味わかんねえことばかりだし、こんなこと意味があるのか?ってムカついたりすること多いよな。何の意味があるんだ?この人生ってなんなんだ?って毎日思ってしまうよ。おれはそうだけどヤマジーはどうなんだい?

 意味わかんねえけど生まれて、社会で人生を送るハメになって、それでも何かあるかもしれないって思うじゃん。どうしても期待してしまうというか、失望するときもあるけど、何かできるかもしれないって思って生きてしまうよな、悲しいこと辛いことばかりだけどさ。

 それでも何で生きていけるかって、嬉しいことがあるからなんだ。その嬉しいことは自分で作るんだよ。うまく言えないけど。

 サウンドバスの頃からさ、みんなで作ってるじゃん、ステージから何から全部。そうやって作ってる一つ一つが本当に素晴らしいことだ。みんなのやってるひとつひとつが本当に価値あることなんだよ。アンプの一個からさ、ケーブルの一本、フライヤーの1枚1枚が、ひとりひとりの気持ちを持ち寄ってできてる。その期待だったり、いい日にしようっていう想いが、素晴らしいステージを作るんだよね。今さらおれが言うことじゃねえけどさ。

ミュージシャンが凄いんじゃないんだよ。みんなが本気で作ってるから、おれたちは凄くならざるをえない。みんながおれたちを作ったんだ。ヤマジー、おまえが驢馬を、NGを作ってるんだよ。わかるか?おれがハードコアソウルなのは、お前らがハードコアソウルだからなんだよ。

全然うまく言えねえな。

国道13号線沿い十文字の新星自販からRe:MIXには本当がある。本当の音楽がある。本当の場所だよ。秋田で本当じゃない場所なんかみたときないけどな。

おれは今東京に帰る車内で窓を流れる景色を観てる。
実際には観てる気分になってる。観たいんだけど眼鏡ねえし何にもみえねえんだよ。

何にもみえねえから、みんなのこと思い出してるぜ、ヤマジー。ありがとう。十文字。ありがとう。おまえは頼れる奴だ。最高に盛り上がるし、しっかりみんなをリードしてる。ヤマジーがいるからみんな安心して騒げる。驢馬はヤマジーのこと便りにしてるぜ。おまえ絶対すごい奴になるぜ!すでにすごいけどさ。
鉄男TV、ありがとう。アニソンみたいだったりカオティックコアだなーとビックリするよ。ビックリする自分がオッサンだな~って思って笑ってしまう。
TERA、尊敬してる。最高にかっこいいバンドだ。
16%Noizのみんなもありがとう。みんながいてくれたからすごく楽しい旅だったよ。てか、みんな綺麗になったな。この話ばっかりしてるな。
市内からはジョニーと山影さん、夜叉鬼の姐さんたち来てくれたな。秋田の姐さんたち、なんでそんなに綺麗なんだ?毎回この話してる。綺麗な姐さんたち来てくれると気合い入るぜ。
ジョニーがいると空気変わるよな。ジョニーは不良より上の不明な奴だからな。間違いなくジョニーはNGを作ったひとりだよ。たぶん、ロックの歴史の影にはそういうヤバイ奴がいたんだと思う。
山影さん、もうずっと長い友達みたいだ。おれ山影さんと高校生とかのときに会ってたらおもしれかったろうなって想像するときある。

いい時間をみんなで、作っていこうぜ。驢馬は驢馬さ、ずっと驢馬だ。十文字は十文字。みんなが生きていてずっとある。

明日からさ、仕事だろ、みんな。今日も仕事だったかもしれない。おれはアホ面で助手席座って壺さんの運転する横でカマボコ板でこれ書いてるよ。日々があって、なにかあって、元気出したい、そんなときに昨晩のあの夜のことを思い出したいんだよ。おれはそうやって 生きてる。普通さ。すげえ普通のやつだ。それでもそんなときにあの夜を思い出したりしたいときに、また読んでもらえるようにこのblogを書いたよ。ヤマジー、みんなにも教えてあげてくれ。読んでほしい。このクソ長い文章でよければ。最高の夜だったよな。

次も、絶対にいいライブやるからな。

なげえから読むのメンドクサイときは、あの夜のこと思い出すために、驢馬のDAMAGEを聴いてほしい。何度聴いたっていいんだぜ、すり減らねえからな。そのためにCDを作ったんだ。何度でも聴いてくれよ。


また秋田に行きたい。
おれは秋田のピリッと冷たい凍てついた空気が好きなんだ。

またね。

1445165444063.jpg


|

« 港町のスタジオにひとり、BETA 57の前で | トップページ | 3Bについて »

コメント

同級生設定で夢に出て来た事あるよ!
お互い缶ビール持ってたな笑

また会えるの楽しみにしてやす!

投稿: 山影 | 2015年10月19日 (月) 19時49分

山影のキョーダイ!
奇遇だな~。また遊ぼうぜ!
市内で驢馬で対バン、楽しみにしてます。よろしくお願いいたします

投稿: NG | 2015年10月20日 (火) 16時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/62107011

この記事へのトラックバック一覧です: 国道沿いに転がるハードコアソウルたちに捧げる:

« 港町のスタジオにひとり、BETA 57の前で | トップページ | 3Bについて »