« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月21日 (水)

3Bについて

 東京帰ってきて時間労働の毎日の三日目だ。
今バスの中でこれを書いているけれど、目の前にいる女の耳にかかる髪の流れと耳孔にはまるオーディオテクニカのイヤホンと3発あいたピアスのバランスがすげえ完璧な美しさだ。だけど今さっきバス停で降りてしまった。どんな音楽を聴いていたんだろう?

酒田と秋田で無茶苦茶しすぎたのか風邪引いちまったみたいだ。ちょっとだけだけどな。眠っても眠っても眠っている気がしないし、起きていてもなにか夢遊病のような心持ちだ。昨日、zampanoのライブを観に来たカツヤさんにはNGのよくあるツアー後症候群だよ。と言われた。

脳みそに靄がかかった状態のときに、ふと時間労働の労働そのものがありがたいことがある。なんていうかわかるかな?
おれは昼間は料理の仕込みをして、夜はウィスキーの水割りを作ったり、ワインを注いだり、グラスを磨いたりする仕事なんだけど、そういうことをしている自分が、無性に機械じみていてなにも考えなくていいから好きだ。
本当は考えた方がいいのか?考えているぜ、でも深い部分はたぶん、べつの自分がいる。違う自分を違う自分が観ている、それが妙に落ち着くようだ。
荻窪でバーテンをやっているIちゃんや、蔵前のバーテンダーOのように、おれには何人かバーテンダーの友達がいる。
東京帰ってきたらおれの働いている店も突然バーカウンターができていて、おれもバーテンダーの真似事をしているような感じになっちまった。

彼らバーテンダーはカウンター越しにどんなことを考えているのだろうか。
彼らは非常におだやかに見えるよね。

おれの今週のベストバーテンダーは秋田の居酒屋しののめのマスターだ。(今週あったわけじゃねえけど)

「てめえに伝えたいことなんかあるわけねえ!おれが何年生きてると思ってるんだ?!おれがこれだけ生きても伝えたいことがねえのになんでてめえにはあるんだ?!あ?言ってみやがれってんだ!!」

名言ですね。

そういや徳島に行ったとき、ライブ前にしののめのマスターと電話してた。

「ああ、徳島。あそこはいい土地だよ。あそこの飲み屋街でおれはスッテンテンになっちまったよ。」

女の子が付き合っちゃいけない3Bっていうじゃない?

バンドマン、バーテンダー、美容師。

東京でイベントあると来てくださるお客さんは割りとこの3Bが多い。まあそういう人たちが気が合うのかも知らないし。
 

この3B、サービス業のようでいてサービス業じゃねえんだよな。それぞれ音楽、お酒、ヘアスタイル、などのサービスを提供しているようでいて。なにか胡散臭いというか、それだけじゃない。

ベテランのバーテンダーたちが特になにも思わない眼でカウンター越しにこちらを観ているような、あの感覚だ。

あそこにヒントがあるように思った。

三つの職業に通呈する何か深淵な心理があるように思える。たぶん人間の心に関わる何かだ。

このテーマをもうちょっと考えてみよう。せっかくバイト先にバーカウンターができたことだし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

国道沿いに転がるハードコアソウルたちに捧げる

ヤマジー

ヤマジーにこうやってblog上からメッセージを送るのは初めてだ。どうだい、blogで手紙書くとかキモいと思わないか?おれは思う。でもやってる。

ヤマジー知らない人に紹介すると、ヤマジーは秋田十文字が生んだ最高のロッカーなんだ。鉄男TVのドラマーだ。自分でいろんなイベントもやってて、zampanoも驢馬も秋田に呼んでくれる。ありがとうな。

おれは朝起きたら車の中にいた。また皆に迷惑かけたみたいだ。驢馬のやつらは完全に呆れ顔だ。NGは起きたら顔が血まみれで、また眼鏡が無かった。どういうことだい?まあいい。

十文字、最高だったな。なんて言ったらいいかわからないけど。

ヤマジー、おれ思うんだけどさ、ヤマジーや鉄男TV、TERA、16%Noiz、みんなが、秋田十文字でやってることって本当に意味のある素晴らしいことだと思うんだよ。人間の人生を送るってさ、意味わかんねえことばかりだし、こんなこと意味があるのか?ってムカついたりすること多いよな。何の意味があるんだ?この人生ってなんなんだ?って毎日思ってしまうよ。おれはそうだけどヤマジーはどうなんだい?

 意味わかんねえけど生まれて、社会で人生を送るハメになって、それでも何かあるかもしれないって思うじゃん。どうしても期待してしまうというか、失望するときもあるけど、何かできるかもしれないって思って生きてしまうよな、悲しいこと辛いことばかりだけどさ。

 それでも何で生きていけるかって、嬉しいことがあるからなんだ。その嬉しいことは自分で作るんだよ。うまく言えないけど。

 サウンドバスの頃からさ、みんなで作ってるじゃん、ステージから何から全部。そうやって作ってる一つ一つが本当に素晴らしいことだ。みんなのやってるひとつひとつが本当に価値あることなんだよ。アンプの一個からさ、ケーブルの一本、フライヤーの1枚1枚が、ひとりひとりの気持ちを持ち寄ってできてる。その期待だったり、いい日にしようっていう想いが、素晴らしいステージを作るんだよね。今さらおれが言うことじゃねえけどさ。

ミュージシャンが凄いんじゃないんだよ。みんなが本気で作ってるから、おれたちは凄くならざるをえない。みんながおれたちを作ったんだ。ヤマジー、おまえが驢馬を、NGを作ってるんだよ。わかるか?おれがハードコアソウルなのは、お前らがハードコアソウルだからなんだよ。

全然うまく言えねえな。

国道13号線沿い十文字の新星自販からRe:MIXには本当がある。本当の音楽がある。本当の場所だよ。秋田で本当じゃない場所なんかみたときないけどな。

おれは今東京に帰る車内で窓を流れる景色を観てる。
実際には観てる気分になってる。観たいんだけど眼鏡ねえし何にもみえねえんだよ。

何にもみえねえから、みんなのこと思い出してるぜ、ヤマジー。ありがとう。十文字。ありがとう。おまえは頼れる奴だ。最高に盛り上がるし、しっかりみんなをリードしてる。ヤマジーがいるからみんな安心して騒げる。驢馬はヤマジーのこと便りにしてるぜ。おまえ絶対すごい奴になるぜ!すでにすごいけどさ。
鉄男TV、ありがとう。アニソンみたいだったりカオティックコアだなーとビックリするよ。ビックリする自分がオッサンだな~って思って笑ってしまう。
TERA、尊敬してる。最高にかっこいいバンドだ。
16%Noizのみんなもありがとう。みんながいてくれたからすごく楽しい旅だったよ。てか、みんな綺麗になったな。この話ばっかりしてるな。
市内からはジョニーと山影さん、夜叉鬼の姐さんたち来てくれたな。秋田の姐さんたち、なんでそんなに綺麗なんだ?毎回この話してる。綺麗な姐さんたち来てくれると気合い入るぜ。
ジョニーがいると空気変わるよな。ジョニーは不良より上の不明な奴だからな。間違いなくジョニーはNGを作ったひとりだよ。たぶん、ロックの歴史の影にはそういうヤバイ奴がいたんだと思う。
山影さん、もうずっと長い友達みたいだ。おれ山影さんと高校生とかのときに会ってたらおもしれかったろうなって想像するときある。

いい時間をみんなで、作っていこうぜ。驢馬は驢馬さ、ずっと驢馬だ。十文字は十文字。みんなが生きていてずっとある。

明日からさ、仕事だろ、みんな。今日も仕事だったかもしれない。おれはアホ面で助手席座って壺さんの運転する横でカマボコ板でこれ書いてるよ。日々があって、なにかあって、元気出したい、そんなときに昨晩のあの夜のことを思い出したいんだよ。おれはそうやって 生きてる。普通さ。すげえ普通のやつだ。それでもそんなときにあの夜を思い出したりしたいときに、また読んでもらえるようにこのblogを書いたよ。ヤマジー、みんなにも教えてあげてくれ。読んでほしい。このクソ長い文章でよければ。最高の夜だったよな。

次も、絶対にいいライブやるからな。

なげえから読むのメンドクサイときは、あの夜のこと思い出すために、驢馬のDAMAGEを聴いてほしい。何度聴いたっていいんだぜ、すり減らねえからな。そのためにCDを作ったんだ。何度でも聴いてくれよ。


また秋田に行きたい。
おれは秋田のピリッと冷たい凍てついた空気が好きなんだ。

またね。

1445165444063.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

港町のスタジオにひとり、BETA 57の前で

 昨晩は酒田MUSIC FACTORYの驢馬のライブに来てくれてありがとう。

男根ぶら下げ三千里ツアー2015、山形は酒田と秋田十文字の旅は二つの酒と秋の田んぼをめぐるから「田田田ツアー」というサブタイトルを考えたよ。

山形に入る途中、秋の紅に色づいていく山を見て、冷たい空気を感じて、ああ、東北に入ったな、と思った。

壺ニャンはところ構わずけん玉をしてた。

酒田に入って、まだリハーサルまで時間があった。
驢馬たちが「腹が減ったな、ラーメンが食いたいぜ」と言い出したからおれはクッタカ兄貴に電話した。

「ラーメンどこで食ったらいいですか?」

おれはクッタカ兄貴にそんなこといったら優しすぎる兄貴はラーメン屋まで案内してしまうだろうことを予想していた。
やっぱり合流して、兄貴に酒田の満月というラーメン屋に連れてってもらった。

酒田のワンタン麺すごいぜ。ワンタンがビビるくらいフワフワだ。

結局兄貴にワンタン麺五個ゴチになりました!御馳走様!兄貴!すまねえありがとう!

ライブハウスに入ってリハーサルを終えたら壺ニャンとおれとクッタカ兄貴は酒田のハーバーラジオに生出演するためにラジオの録音スタジオに向かった。

スタジオはアナウンサーのおねえさんが一人で切り盛りしていた。ミキサーや音源のフェーダーオペレーションから喋りも全部自分一人でやってるんだぜ。

港町のスタジオで、ミキサー卓のフェーダー弄りなら、独りでマイクに語りかけている女性。

かなりエモーショナルレスキューだよな。ちなみにマイクはコンデンサーではなくてダイナミックのSHURE BETA57だった。

クッタカ兄貴と壺ニャンとおれで、ひとしきりライブの告知やツアーのお知らせをして、曲を流してもらった。

その後MUSIC FACTORYに大急ぎで戻ったらもうライブはオープンしていた。

KO-RIONIは山形市内の方から来たという。SEからしてヴェルヴェットで、一曲目もルー・リードだった。横目にカツヤさんが静かにめちゃ盛り上がっているのを感じた。

菅原敬太郎さんは、先月ひとりで酒田来たときに挨拶した。コンビニの店長さんでそこには乞食晩餐会のCDも置いてある。驢馬のフライヤーも置いてもらったんだ。いい声をしていた。ギター、すごく大事にしてるんだなって見ててわかった。おれそういうの見てしまう。おれ自身がギターに対してデタラメな野郎だからかな、
ドラムの人が尋常じゃないベテラン感のフィーリングを出していた。途中から乞食晩餐会ギタリストのシン兄がゲスト参加したのだけど、もうかなり泥酔してデタラメなソロを弾いていた。超カッコよかったけどな。

乞食晩餐会、どんな風になるかな?と思っていたが尋常じゃない熱い演奏だった。泥酔してファンキーになってるシン兄は演奏中はクレバーだった。とはいえべろぼうだったむしろクッタカ兄貴のが、バッキバッキに盛り上がってシャウトしてた。

鳥海山の曲があるんだけどそれが、おれ本当に好きなんだ。

ヤクザな雰囲気を湛えた演奏。盛り上がったし、すごかった。

兄貴と馨子と鳥海山を見たこと思い出す。

そのときのこと書いた詞をここに載せておきます


I miss it

旅立つ朝に 手紙を読んだ
想う人がいる 幸せなんだ
あなたは透明な眼をしているけど
わたしネガティブ焼きつけるのこの世界を

I miss it 会えないかもしれない
I miss it 確かめたい
I miss it 思い出じゃなくても一度 
空に羽ばたくとき

ソウルが遠くまで
届くように 届くように
時を隔ててなお
響くように このメロディ
ソウルが遠くまで
届くように 届くように
どこまでも遠くへ
羽ばたいて渡り鳥


不可能が ふりつもって
こんなに離れて 気がついた
旅の途中 涙こぼれても
誰もみてないから 抱き締めて

I miss it 心の奥底に
I miss it 忘れた気持ち
I miss it 思い出じゃなくて
もう一度
空に羽ばたくとき

ソウルが遠くまで
届くように 届くように
時を隔ててなお響くように
このメロディ
ソウルが遠くまで
届くように届くように
どこまでも羽ばたいて 空に 空に

ソウルが遠くまで
届くように 届くように
おもい羽にのせて 
流れてゆく このメロディ
ソウルが届くまで
わたしたち 渡り鳥
あなたとまたいつか
会えるよね


酒田、本当にありがとう。
なにも返せないけど、また音楽を持って来るね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ツアー・ディストラクション

 ともだちのともだちから、ずっと長いこと会っていないおれのともだちが、おれのブログを毎日更新していないか覗いて、読んでいるって聞いた。

そいつはおれと実際に会うのはちょっとアレらしいんだ。それでもこのブログは読んでくれているんだって。

でもさ、じゃあおれの近況とかはこのブログに書かれていることで知ってるかもしれないが、おれはおまえがどうしていて、何を考えて生きてるのかはわからないぜ。

会っていないともだち、少しずつふえていった。

状況がそうさせるのか、何がなんだかはわからないけれど。

そういうともだちがおれのブログを読んでくれている、と人伝に風の噂で聞くとさ、とても嬉しい。

と同時に少しツマラナイものだ。

そして、やはり、おれはこのクソみてえなどうでもいい日記を毎日更新しなきゃと思う。

なあ、どうしてるんだい?

毎日、働いてるのかい? 

昨日会ったトンデモない音を出すドラマーの女は仕事を辞めたっていうぜ。

人間は社会的な生き物だが、本来の動物的魂は人間社会に合うようにはできていないから、全然人生が無茶苦茶だってかまわないんだ。

おれみたいにチャランポランしてる野郎が言っても説得力ねーかもな。

君はおれにそういうことを言われるのが一番嫌だろう。

おれだって誰かにしたり顔で指図されるのは嫌だからよくわかる。

なあ、どんなだい?

何が嬉しかった? 

おれが驢馬やzampanoで苦しんだり喜んだりしてるのは、どんな風に見える?

精一杯人間面してマトモにふるまっているかい?

(これはドナルド・フェイゲンの言うATD(急性ツアー障害)の後のPTD(ポスト・ツアー・ディストラクション…ツアー後の離脱精神的離脱障害)なのかも。)

おれは君に会いたい。

こないだの四国ツアーから還ってきた日、おれは壺にホームページの更新やデータの送信を約束したが、果たして何もできなかった。

ただアホ面でパソコンの前で座っていた。山形は酒田のクッタカ兄貴にツアーの車内で録音したラジオの音源を送っただけだった。

それをやった後、おれはもぬけの殻になってしまって、家の近所にあるイオンとかいうクソショッピングモールに行ったんだ。


1444925144457.jpg


ヘイヘイ、落ち着けよ。

お前はショッピングモールとか好きかい?

おれは平日の閉店間際のショッピングモールが大好きさ。

無、だよな。

例えば、ロックバンドをやってツアーをやって、達成感に溢れた素晴らしい旅を送ったとしよう。

ショッピングモールにあるのは、それの逆だ。充実の、逆。生命とか、ミュージックの逆。

虚無だ。

ヘイヘイ、言っていいかい?

おれは虚無が大好きなんだ。

おれは最悪なショッピングモールのフードコートの一角で、ビールを飲みながら、クッタカ兄貴のラジオを聴いていた。山形、酒田という港町で流れたFM、ハーバーラジオだ。

正直、ラジオに出れて嬉しい。ガキの頃からさんざんラジオ番組の真似っこをして音源録りためてから。やっと本物に出れた嬉しさ。

ラジオのなかで乞食晩餐会のシン兄が「酒田は変わる。NGぐんが酒田さ来てビックリしてっちゃ。これがら酒田はどんどん熱くなっでゆぐ。」と言っていて、感動した。

そんな感動を耳にしながらもおれの目の前に広がるのは、巨大な虚無を包み込んだショッピングモールの駐車場だった。

感動と興奮を糧に、野望を持って生きている。それでもこの巨大な虚無の暗闇におれたちは飲まれていく最中なのかもしれない。ヨブのリバイアサン大の鯨の腹の中かもしれない。

いいぜ、おれはこの暗闇を愛してるんだ。

たぶんド変態だと思われるかもしれないし、だいぶ変な性癖だとは思うさ。

そうそう、最近おれはインスタとかいう女子が好む腐れSNSにハマってんだけど、そこに上げてる写真は、みんな高速のSAとか、ショッピングモールとか、おれの愛してる虚無だ。

https://instagram.com/p/8vOjlyyC4z/

とは言え頻繁に驢馬のメンバーが映りこんでいる。彼らは虚無の逆だ。

虚無の逆?ってなんだ?わかるかい???


まあいいや。

とにかく、おれは最近では自分に対してウンザリしてきたぜ。

その場その場で、感動したり、ショックを受けすぎたりして、いざ還ってくるとショッピングモールの虚無に浸ってるだけなんだ。

遊びすぎて疲れた、ただのガキじゃんか。

でもこれは遊びじゃないぜ。

おれの仕事はこれなんだ。

もう一度、ロックンロールについて考えている。


最高のステージをお送りできれば、プライベートはショッピングモールのフードコートで無表情でうろつくかなり痛い変人でも全然構わない。

そんなとき、君と一緒にいれたら心強いな。


P.S.

明日、驢馬で酒田に行ってくる。
土曜日は秋田十文字だ。

来週は帰ってきて、火曜日はひさびさにzampanoのライブをやる。

zampanoはどうなってんだ?って思ってるだろ。

おれはこんなさ。馨子に期待してるぜ。

よかったら観においでよ。

10/20(tue)
kubobon(meril)責任編集企画「異能の宴 第七十六回」
@代々木バーバラ
19:00open19:30start
前売/当日共通1ドリンク代込2000円
出演:
kubobon(from meril)
GOOFY18
zampano
対tui(vo,gt:スギムラリョウイチ、drs:石原雄治、vc:しおり)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

旅に出るまえに、いってきます

今さらなんだが「男根」に観に来てくれてありがとう。
挨拶が遅くなってごめんよ。今また長い旅に出ていて出先で書くことになってしまった。もっとはやくこの文を届けるつもりだったんだけどさ、まあとりあえず時を10月4日まで遡らせてくれ。

1  ゲリラライクアボーイビヨンド
2  U.H.C.S.
3  F.P.
4  金なんかなくてもどうせ死なねえ
5  金が無くては
6  ゲリラライクアボーイ
7  DAMAGE
8  殺意
9  殺されたメロディー
10 八月の残党

Encore
1 too toon town
2 農薬ファンク

(ミオさんの撮った写真が驢馬のホームページに出ている。http://the-lova.tumblr.com/post/130740493108)


1444485394051.jpg
馬 gig at 二万電圧 “男根” 4 October 2015 

photo by : Who are U?co.澪


 どうだった?夜勤(金なんか無くてもどうせ死なねえ)~金~からのゲリラⅠという流れは胸熱だったんじなないだろうか。フリーター(八月の残党)終わりというのもいいよな。

 最初のグランカも爆カッコよかった。ラスボスが最初に出てきた感じだった。望月さんはおれがモンスター幼稚園っていうドアホな実験的バンドをやったいた頃ずっとブッキングしてくれていた大恩人なんだ。おれがダブをやりたいって喚いてたときも、真剣に話を聞いてくれた。あのダブマエストロの前でよくそんな馴れ馴れしい口が聞けたもんだなと思う。理想のバンドだよな。アイデアってのはこういうバンドのことを言うんだ。GROUNDCOVER.。

 ファイアはすげえストレートだよな。イシさんは本当にカッコいい。あのスパイキーヘアと声。声がヒーロー感あるな。あの声で叫ばれるだけで上がるよ。シャウトするために生まれてきた声。パンクバンドにしかないパンクバンドだけのグルーヴを持ってる。バンバンモッシュが起こるのも二万電圧らしかった。対バンできてよかった。

 来てくれた人たち一人一人ともっと話したかったけれど、時間も遅かったし、うまくいかないもんだ。

打ち上げしてて、壺さんが「NG!全然のんでない!はよ飲めテキーラじゃ!」と言って、おれはテキーラを3発同時にショットしたところまでしか覚えてない。次に目が覚めたときは東高円寺の路上だった。

次の日は昼から雑誌のインタビューが入っていたので、寝ぼけ眼で打ち合わせ場所へ。
カツヤさん、壺さん、おれでインタビュー答えたが、おれ二日酔いで顔がパンパンだった気がする。気のせいさ。

帰り、二万電圧に寄って忘れていたデータとかを受け取った。郡山からツアーで来ていたIVORY COASTというバンドが入りの時間で、おれはスタッフでも出演者でもなくただ忘れ物を取りに来たマヌケ野郎だったが、とりあえず挨拶して、驢馬のツアーのことを話した。

家に帰り旅の支度。

旅に出る前におれの友達の覇闇灯人先生a.k.a.村長に挨拶してこうと思ってチャリをこいで出かけた。

覇闇先生はおれにとっての先達。中学校の頃、覇闇先生とDJ AKAHATE GAGALINEの二人が宅録でラジオを録っていたのが、おれの録音の目覚めだった。

おれの使っているYAMAHAのテープMTRも覇闇先生から譲り受けたものだ。これを使って、zampanoやソロの音源も録音している。

覇闇先生に驢馬のセカンドアルバムを聴いてもらったなかったので、家まで届けに行った。
覇闇先生は驢馬のことや、課外活動でやっているCokesCrewのこともチェックしてくれていた。
驢馬のエレキギターjoseについては

「えーとあの方。ジョーズくん。かれはギターも弾けるのにラップもお上手でとてもいいですね。」と言ってくれた。

「ジョーズ???」

「だってあれジョーズって読むんじゃないんですか?」

「あ、joseのことか?!」

先生はレーベルGoodLovin'のこともグッドロビンと呼んだり、独自な考え方を持ってるんだ。謂わばショパンをチョピンと言ったり、オアシスをオエイシスと発音するのと同じさ。

誰かに「いってきます」を言えることは幸せなことだ。
旧友に会うことができて、また帰ってくることを誓って、そういうやり取りで人は何かを掴んだり成長していくのだと思う。

おれは旅に出て、また帰ってくる。

君もその間、お元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

戦いじゃないけど

今日という日を迎えることができてよかった。

驢馬レコ発スリーマン、男根。

東高円寺二万電圧でFIREBIRDGASSとGROUNDCOVER.と驢馬のスリーマン。

思い入れのある場所だから、尊敬する先輩だから、言うことが思いつかない。

音楽って争いじゃないから、どんなに全力でぶつかり合っても、勝ち負けじゃない。潰し合いじゃない。そこが素晴らしいところだよね。

でも男の子は「戦い」が好きだから、勝負する気で行こうと思ってしまう。すごく闘志がわいてくる。戦うにはこれ以上ない2バンドだ。戦いじゃないんだけどな。でも。

なにか余計なこと言いそうだしなにも思いつかないから、このままライブに向かいます。
気持ちを込めて演奏しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »