« ジョニーと仲間たち | トップページ | 戦いじゃないけど »

2015年9月30日 (水)

秋風と日常のバス停から

ひとりツアーを終えて、今日はただの時間労働日だった。

 朝、家を出てバスに乗り込む。バス停で風を感じたり、感じるっていうけどおれは風は嗅ぐものだと思うんだな、西東京市のバス停で嗅いだ風は東北のものとはまるで違った。酒田はしっとりした肌寒い海風だし、秋田はもうキリッと冬に向かってる秋風だった。西東京市の風はいくぶんかぼんやりしている。ぼんやりしつつも秋の中にいる風は心地よい匂いだった。

 でもやっぱり日常に帰ってきたなって感じるきっかけは、そういう呑気な風の匂いを嗅いでる自分に対して、「うるせえ、クソが。すべてクソだ!!」という思考が働くと、ああ日常だなあと思う。

 おれはバス停でバスを待っているときにSNSとかTwitterとかFacebookをチェックするのが大嫌いだ。最悪な人生な気がしてくる。あと、人と会ってるときSNSのタイムラインをチェックしてるやつが嫌いだ。おれもたまにするけど。

 そういう話じゃなかった。バス停でおれは何をしたいか考えていた。正解は「何もしない」だ。おじいちゃんを見ろよ。

 でも、おれはジジイじゃないし、まだまだ愚かなので、そう言えば秋田で会った秋田美人にLINEを送ろうと思った。その娘におれは連絡先を聞いたら
「何にしますか?電話番号とかLINEでもいいですし」
とつぶらな瞳で言われて即座に
「LINEでお願いします。」
と言ったが正直に言うとLINEというものがおれは嫌いだ。LINE以前にNAVERという会社が消えてなくなればいいのにと思っている。その理由はとんでもなく多岐にわたるが、まあそれはいい。

 とりあえずその娘のLINEの友達になったまではいいが、その後なんのメッセージも送っていなかったことに気がついた。なんて言おう?今バス停から送ろう。
「昨夜お会いしたNGです。楽しかったですね。またお会いしましょう」
とメッセージを送った。我ながら全然ダメだなとしか思えなかった。

その後、酒田から秋田までデタラメ道中を送ってくれたスグルさん(一緒にプリクラ撮った前々回参照)にもメッセージを送った。
「おれ秋田で可愛い娘と知り合ったんだけど何て言ったらいいかまるでわからない」

 こんなことを突然言われてもスグルさんも困るだろう。だけどスグルさんは常にデタラメに「セックス」と言ってるので、きっとおれの心を慰めてくれるだろうと思った。

 例えばだけど、おれがスグルさんに送るメッセージと秋田の女の子に送るメッセージを間違えて送っていたらどうしようと思って興奮した。ハアハア。LINEってそういうことないかい?浮気相手に送ろうと思った言葉を彼女に送ってしまったり。おれはないけどな。NAVERはきっとそうやって儲けてると思うんだよ。ちなみにおれはバイト先の社員に送るテキストを間違ってバンドのリーダーに送ったことがあるぜ。「お疲れ様です」と言われた。

 この間、上記の意味の無い思考に費やした時間は5分ほどだ。これはSNS観て過ごすよりも意味の無い時間かもしれないな。正解はやはり多分「何もしない」だ。現におれの隣でバスを待っていたじいさんは何もしていなかった。無為はときに賢明だということを知ろう。

 ランチを働いて、休憩時間に秋田で寄ったカフェやレストランの話を職場の同僚にした。秋田で出会ったスタッフはみな、おれのバイト先のレストランの名前を知っていた(名のある系列店なんだよ)。
そして秋田の誰もが毅然と優雅に誇り高く働いていた。秋田で出会った店は、壁や建材の表面だけでなく中身までずっしり重い石と漆喰で出来ていたように思った。張りぼてじゃないんだ。例えば出てくる生ビールの樽の銘柄やエスプレッソで使ってる豆から違う。まあそれはいいんだけど。ニュアンスの問題。おれは彼らの方がちょっと好きだ。
 そういうお店でライブやらせてもらえてよかったとつくづく思った。

 ディナーも働いて、今夜は20時くらいにピークを過ぎたらそこまでで上がる予定だった。来週もツアーだから、なんにせよ準備が全然間に合ってない。

 ところがまた事故が起きた。先々週のとき起きた水の事故がまた起きてしまったんだ。ツアーから帰ってきた次の日に、別にまたしてもそんな災難に遇わなくてもいいじゃないか、と思っても無駄だ。

 それで途中で上がることはできず、結局仕事が終わったのは25時を過ぎていた。旅情は吹き飛んだ。イヤというほど現実に引き戻された。

 でも不思議にそれでいいと思った。クソだけどな。すげえ嫌だったけど。

 嫌だけどまあなんとかやるさ。

日曜日、東高円寺二万電圧でスリーマンだ。絶対に見に来てくれ。

 来週は神戸、高松、徳島、松山行って横須賀だ。待ってろよ。

〈DAMAGEレコ初スリーマン「男根」〉
2015年10月4日(日)東高円寺二万電圧
時間 : Open 18:30 Start 19:00
料金 : 前売 1,800円 当日 2,300円(+1d 500円)
出演 : 驢馬 / FIREBIRDGASS / GROUNDCOVER.


〈驢馬-ロバ-「男根ぶら下げ三千里ツアー」2015〉
2015年10月6日(火)神戸スタークラブ
2015年10月7日(水)高松TOONICE
2015年10月8日(木)徳島CROWBAR
2015年10月9日(金)松山doubule-u-studio
2015年10月11日(日)横須賀かぼちゃ屋

|

« ジョニーと仲間たち | トップページ | 戦いじゃないけど »

コメント

こんにちは。
ぼくはお母さんにmailするとき、オマンコと送っちゃった気がするときなんどもあります。今でも。 これは冗談なんかではなくて。間違いじゃないんだけどやめた方いいことって世の中ありふれてますね。 てなことで。 セックス

投稿: 飯岡です | 2015年9月30日 (水) 15時48分

飯岡さん、こんにちわ。
お母様におま○こと送るのは胎内回帰的ですね。帰巣本能が失われていない証拠だと思います。ある意味自然の道理ですね。母への愛をかんじました。

投稿: NG | 2015年10月 4日 (日) 14時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/61830963

この記事へのトラックバック一覧です: 秋風と日常のバス停から:

« ジョニーと仲間たち | トップページ | 戦いじゃないけど »