« オクトーバーのギグ | トップページ | 台風19号VONGFONGとDRINK MODERATELY »

2014年10月 7日 (火)

Warsaw 赤いリストランテ / ジジイたちの協奏曲


 駅の北口を出て右に行くとアイリッシュパブ風チェーン店の横にその雑居ビルがある。
 そういえば大学に行かずにその店のハッピーアワーで酒を飲み続けて笑いが止まらなかった女が今はもう結婚したようだと風の噂で聞いた。おれは今まで犯したどんな矮小な犯罪行為よりも講義をサボってその女とハッピーアワーでアルコールを飲み続ける方が背徳感があったことを覚えている。なぜだか。

 雑居ビルの四階に入っていった。今夜はまたライブだ。会場に着くとおれの先輩のPAさんがいた。ここのライブバーのオーナーが消えた今はPAさんがこの店の店長だ。
PAさんは
「NG君、ワルシャワに挨拶してきた方がいい。リハーサルが始まってしまうと出入りができなくなってしまうから。」
と言った。おれは首を傾げながらも追求せずに意味をくみ取って重たい音のする金属の扉を開けた。そこには赤いレストランがあった。そして見覚えのある顔の男が見たこともないようなきちんとした服装で立っていた。

「ナカジマ、ここにくるのはやめろ。支配人の控え室なんや」

それは社長だった。おれが幾度となく喧嘩して口論した男。女を囲い、病人から金をむしり取り、借金を抱えたままいなくなった男だった。
だが社長は見違えるような風貌だった。肩までかかっていた白髪交じりの長髪を切って、短く後ろにまとめていた。それに黒の上等なスーツ。艶のあるネクタイ。社長がネクタイをしているところなんて見たことがなかった。

さらに店が圧巻だった。おれが今立っている四階から、下の2フロア分が螺旋階段で繋がる吹き抜けの構造で壁は真っ赤、テーブルも赤い。床は黒いゴムチップで見覚えがあった。テーブルの上には銀に光り輝くカトラリーが。それらを総て見下ろすのがこの支配人の部屋らしい。紛れもないリストランテで社長はここのディレットーレ(支配人)というわけだ。

「ワルシャワやで。」

 おれは社長がワルシャワと言う単語になにか夢というか悲願をかけていることを知っていた。それはきっとポーランドの都市とは関係ないのだろう。

「下の雀荘も寿司屋も買い取ったんですか?」

「せや」

 愛人の姿は無い。スタッフも社長ひとり以外には誰も見あたらなかった。
不思議な男だった。笑っているのか怒っているのかわからない頬皺が不可解な印象をつくりだしている。社長は妙な目つきで偉そうに言った。


「おまえ、ここで働け。」


即答、

「いやです」



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


 という夢から眼を覚ますとおれは駅前のベンチにいた。まだ神戸の三宮にいる。驢馬の本隊とは別れておれは一人で神戸の夜に残った。ミサキさんというドラマーに会うためだった。駅前の広場で待ち合わせている最中に酩酊したジジイが朗らかに話しかけてきた。

「なあ、にいちゃん。わしは帰りたないんや。」

「僕もそうです。でも今日は月曜日だし、週も始まったばかりですよ。」

自分のことを棚に上げてそう言った。ジジイは三宮の街を見回していった。

「みてみい。この雰囲気にもっと浸りたいんや。平和やろ。日本は平和なんや。だからまだワシは帰りたないねん!」

このジジイはどこから来たのだろう?どこからみても日本人だった。確かに神戸の街の夜は穏やかで平和に見えた。ギャル男や客引きの黒服もいることにはいるが、誰も仕事するような様子は見せず、遊んで笑いあっていた。


「確かに穏やかな場所ですね。」





「NG、何してはるの?」

後ろから声をかけられた。ライブの企画者のパンさんだった。
パンさんはジジイを追い払ってしまい颯爽と歩き始めた。

「行こ行こ。ミサキさんは一時くらいにくるって。」

 髪の長い女性に連れられて、三宮をジジイのようによぼよぼと歩いている。おれはあのジジイとほとんど同じだ。色んな理由を思いつこうとしたが帰りたくないだけだった。
神戸は少し寒かった。台風のせいだろうか?
とにかく、朝には急いで東京に帰ろう。高速バスの発着場は調べた。準備をしなければ。レコーディングだ。そして週末にはもう一つの台風にまた向かって行く。前途多難で深く考えるとナーバスになりそうだから、直感で泳いでいくしかない。準備だけはしっかりしよう。

そんなことは何処にいたって同じことなんだ。



|

« オクトーバーのギグ | トップページ | 台風19号VONGFONGとDRINK MODERATELY »

ライブ告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/57605872

この記事へのトラックバック一覧です: Warsaw 赤いリストランテ / ジジイたちの協奏曲:

« オクトーバーのギグ | トップページ | 台風19号VONGFONGとDRINK MODERATELY »