« さまよう人々が持っていないもの | トップページ | ブルーズマンはグレイハウンドバスに乗りながら猟犬の夢を見るのか »

2014年4月18日 (金)

岩山の上にある未完成の球体都市について

10日の続きから。
時間労働を終えて、深夜は驢馬の練習だった。新曲ができた。すごくシンプルだけど、新しい境地なんじゃないか。新曲ができると嬉しくなる。
 

 11日、やっと休みだった。朝方帰ってきて、昼まで眠る。
 バー、夜更けの人々でのライブ。別れの歌ばかりの歌謡曲をカバーするライブだった。千昌夫の星影のワルツをやった。

1 別れることは つらいけど
仕方がないんだ 君のため
別れに星影の ワルツをうたおう
冷たい心じゃ ないんだよ
冷たい心じゃ ないんだよ
今でも好きだ 死ぬ程に

2 一緒になれる 倖せを
二人で夢見た ほほえんだ
別れに星影の ワルツをうたおう
あんなに愛した 仲なのに
あんなに愛した 仲なのに
涙がにじむ 夜の窓

3 さよならなんて どうしても
いえないだろうな 泣くだろうな
別れに星影の ワルツをうたおう
遠くで祈ろう 倖せを
遠くで祈ろう 倖せを
今夜も星が 降るようだ



それを聞いていたオバチンがキレた。


「あんたねえ!!!いい男なんだから大丈夫だよ!!!ふざけて暗くなってんじゃないよ!!!」

「馨子も自分でレコード出すくらいの歌歌うんだから、自分の歌歌えよ!!!ひとのやっても全然よくないよ!!!」

おれと馨子はびっくりして顔を見合わせてしまった。ヤジとはいえ、オバチンに誉められるとは思ってなかったのだ。

オバチンはプンスカ怒って帰ってしまった。
それからzampanoはオリジナルの曲を演奏した。集まってくれたお客さんたち、喜んでくれた。「オリジナルの方が何倍もいい」
ずっとカバー曲を演奏して活動してきたzampanoだから嬉しかった。
アイデンティティや得意なものは変わるし、変えていける。長く努力していくことができるなら。
自分たちを決めつけすぎていたかな、と感じた。

 終電で馨子が帰った後もお客さんは何組かやってきて、そのたびに演奏をオーダーされた。
正直に言って、zampanoのステージで全力投球して精魂果てていたし、21時ころから日本酒をチェイサーにウィスキーをストレートで飲み始めて25時を回っていたから、へべれけだったが、お客さんに一言断ってギターを弾いた。みんな喜んでくれたので、おれはこの晩の酒代を心配する必要はなかった。ありがとう。
 
28時頃まで演奏は続いた。Oの家に泊まる。




12日、土曜日。夕方から日比谷野音で幼なじみのバンドのライブを見る。三歳からの仲。彼(KZK)は終始黙って、ニコリともせずに淡々とドラムを叩いていた。
 
終わった後、KZKの家族とご飯を食べる。おれ自身も家族のように付き合わせてもらっている。一つの一族。トライブ。おれは長男で、KZKは二番目。下の妹がいつのまにか結婚していたり、末弟が大きくなって大学に入って、真面目な好青年イケメンになっていたりして、話しているだけで嬉しくなった。

末弟は建築を志す学生なのだった。
おれはもう十年近く前にアメリカに行ったときに見てきたフェニックスの岩山にある球体都市の話をした。

親戚に一人はそういう話しをするオジサンいるよな。定職につかず、結婚もせず、なぜだか世の中の事象に詳しくて、対等に遊んでくれて、アウトドアが好きで、音楽や芸術や文学に詳しくて、どうやって生きているのかわからないオジサン。実は我らが一族(トライブ)の親戚にはそういうオジサンがいなかったから、NGとKZKは幼い頃、自分自身がそういうオジサンになろうと誓ったんだよ。でも一族に2人もミュージシャンの変なオジサンはいらなかったかもしれない。とにかくKZKはおれより火を熾すのが得意で、おれはいつか甥ができたときの為に無駄な知識をため込んで、KZKよりは料理が得意だ。
 

 そんなこんなで、我が一族の末弟は、兄や姉たちがあまりにもだらしなかったためにちょっと良い子に育ちすぎたんだ。暴力もふるわないし喫煙もしない。人の話をちゃんと聞いてよく気がつく良い子なんだ。ちょっと良い子すぎるけどな。
そいつが夢を持って職人に混じって建築の道を目指そうとしてる。おれは弟のためになるんだったらなんでもしたいと思うよ。でもおれにできることは数奇に満ちた我が人生を面白おかしく語ることくらいなんだわ。
 
 アリゾナ州フェニックスの岩山の上にはパオロ・ソレリという建築家が構想した球体都市があるんだ。建築とエコロジーを併せた「アーコロジー」というコンセプトに乗っ取って、岩石を削ってコンクリートにしながら日照時間だけ作業している。地下に半分埋まった球体都市の完成は100年かかるとも200年かかるともしれない。その都市には建築家をはじめ、音楽家や画家、天文学者や詩人が集まって一種のコミューンを形成している。肉食をしない人々だっから肉料理はなかったけれど美味しいご馳走をいただいた。日本人の料理人が作っていたよ。
吹き抜けには大きな鐘があって、フェニックスに吹く風に揺られて大きな音を立てている。ラピュタやマチュピチュを想像してくれればイメージは近いかもしれない。
殺虫剤なんて撒かないからベッドにはサソリや毒蜘蛛が歩いていて閉口したよ。

弟は優しい表情で、少し目を輝かせながら笑って聞いていてくれた。

「ショウちゃんの話は、ちょっと意味がわからないけど、とってもおもしろくて好きだよ」

 おれは嬉しくなってしまった。末の弟に不思議な面白い物語を聞かせるためなら、どんな命がけの冒険も辞さないつもりだ。そんな見栄にはなんの意味もないけどね。
でも、この一見ツマラナい見栄には少年のころ誰もが描いていたロマンがぎっしり詰まっているはずなんだ。ロマンなんて言葉、今日び誰も使わないみたいだけどな。NGは使うぜ!
 
 調子に乗ったNGは酔っぱらい達が集まる奇妙な手作りのバーの話もした。昨晩いたアレだ。若い建築家と酔っぱらいバーテンダーが挑戦的に作った「夜更けの人々」のこと。
今度一緒に飲みに行こうと言うと「怖いけどちょっとだけなら」と言う。こういう少し控えめなところが良いよな。NGにはひっくり返って生まれ変わっても無理だと思うよ。

 夜更けの話が本当のように、アリゾナの話も本当だよ。本当にそんな球体都市がある。でもフィクションだとしてもかまわないような気がする。楽しんでもらえればいい。おれは嘘つきのオジサンでもいい。一族というのは不思議で、愛していることが前提にあって、罵倒したり話し合ったりしてる。そうは限らないかもしれんけど、とりあえずおれと末弟の関係はそうだ。信頼が大事で、その信頼を感じる場面があれば人間は驚くほど元気がでたり輝いたりするものだ。おれは家族と、友人と一族に恵まれていたから、一族の年下のメンバーにとっては意味不明であっても何かを伝えられる人になれたらな、とは思う。
 人間の価値は、目に見える一元的なものじゃない、とハッキリ言う奴が一族にひとりはいてもいいよな。2人もいるのが問題だけど。そしてそのことを証明するには自分の人生で一生分かかりそうだ。忙しく、急ぎがちの生活だけどのんびり行くよ。一生ぶんは長いからな。

とにかく、おれの意味不明の旅と日常は本当に起こったできごとなんだよ。証拠に彼の地で手に入れた写真を載せる。おれのベッドの頭に画鋲で貼ってある巨大な馬の蹄鉄を模した彫刻の写真で、台座に「ANIMO ET FIDE」と書かれていてフランス語で「信念と愛」という意味だった。「Monument to the Last Horse」という題名の作品。Last Horseってどういうことなんだろう。



NCM_0750_1.JPG



|

« さまよう人々が持っていないもの | トップページ | ブルーズマンはグレイハウンドバスに乗りながら猟犬の夢を見るのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

xudfboh.wbowbo, ebony porno, ZctweYD, [url=http://ptysie.com/ebony_porno.html]ebony porno[/url], BuOKtPm, http://ptysie.com/ebony_porno.html ebony porno, XOOooHa.

投稿: ebony porno | 2014年5月 9日 (金) 01時51分

naqjooh.wbowbo, Buy Propecia, ZFeHsEV, [url=http://propecia-info.net/]Quick forum readtopic propecia none generated[/url], EMZEDEr, http://propecia-info.net/ Propecia, GlgjSQF.

投稿: Generic Propecia | 2014年5月14日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/55827250

この記事へのトラックバック一覧です: 岩山の上にある未完成の球体都市について:

« さまよう人々が持っていないもの | トップページ | ブルーズマンはグレイハウンドバスに乗りながら猟犬の夢を見るのか »