« 28になりました。 | トップページ | 独露ⅩⅢ »

2014年1月28日 (火)

旧友との再会、ボルシチの真の姿

 
 27日、今日は休みだ。
 ジャカルタで勤めている高校時代の旧友Mと吉祥寺で会ってきた。

 昼飯を食おうということで、Mはジャカルタ勤めのため、エスニック料理以外なら何でもいいという。なのでロシア料理を食った。

以前、PAの時に吉祥寺の映画館に勤めている出演者さんに「お昼はどこで食べてるんですか?」と聞いたら「たまに行くとこだけど美味しいよ」と教えてもらったところだ。
 
入ると店内は有閑マダム層で埋め尽くされている。吉祥寺のランチタイムは殆どこうなんだろうな。
 
ボルシチが出てきた。ボルシチは真っ赤なスープ。意外なことに肉はそんなに入ってなかった。欠片程度。野菜スープといったところ。
吉田笙子という女の歌に

「あなたの内臓掻きだして ボルシチにするのよ」

という歌があるんだが、そしておれもボルシチにたいしてそんな内臓煮込みスープ的な(トリッパのトマト煮込みのような)イメージを抱いていたが、現物はまったくもってさっぱりとした野菜スープだった。ボルシチという語感がそういった内臓イメージを抱かせるのだろうか。なにかソーセージの種類かなにかと混同しているような気もする。
 
 普段ランチタイムで時間労働している身としては外食で客として「ランチ」を食べることは至福の贅沢である。
他にもピロシキやキノコのシチューなどを食べた。Mはロールキャベツを食っていた。旨かった。
 
 旨かったとは言ったけど、正直言って食事の味を覚えていないくらい喋っていた。
ジャカルタの現地での生活、音楽とか。インドネシアのジャズミュージシャンがヒュージョンを得意として演奏しているのは本当らしい。
 
 Mはzampano、驢馬の活動状況について聞きたがった。もうじき驢馬のCDが出る。発売日には日本を離れてしまうMのために新譜をその場で先行発売した。このアルバムの何曲かはガットギターの録音の時にミッキーがマイクを両手で持ってぐるぐる回しているんだよ。サンレコで読んだ手動フランジャー効果を試すために。
 
 再会の時間はあまりにも短かった。音楽に飢えている人は大変熱心にインターネットをチェックしているようだ。おれはもっとネットを更新して、普段何気なく聴いている音楽の情報などのことをももっと発信しようと思った。驢馬もzampanoもより頻繁にwebを更新しようと思った。遠い国で働く友人のために。
 
 短い再会を終えて、夕方頃から中野の体育館のジムでトレーニング。
ここは初めて来たが武蔵野市よりもなんか真剣(?)な雰囲気だ。ダンベルやバーベルが転がっていてガタイのいい男たちや外国人がうろうろ。
サンドバッグとかもあった。やってみたかったが使用中だった。今度是非叩いてみたい。
 
夜中に驢馬のミーティング。動画「農薬ファンク」が公開された。

http://www.youtube.com/watch?v=LpB6KLO4B5o&feature=youtube_gdata_player

この音源は今度出るアルバムに収録されているバージョンで録音・ミックスは西君こと越川センパイ。

動画の監督ははNGと一緒に大学時代ブルース研究会でハウリンウルフを吠えていたヤヒコ。本当にありがとうございました!

驢馬は一歩ずつ確かに歩んでいるよ
 



|

« 28になりました。 | トップページ | 独露ⅩⅢ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/54773776

この記事へのトラックバック一覧です: 旧友との再会、ボルシチの真の姿:

« 28になりました。 | トップページ | 独露ⅩⅢ »