« 5人はアイドル | トップページ | 103 トンネルを歩く »

2013年12月26日 (木)

じいさんになっちまう前に もう一度旅に出よう

気づいたら朝だった。

ずっと新聞紙を折っていたから指先は真っ黒だ。
今夜、驢馬は狂気と供に東京を発つ。屍ババアXツアーの第二弾で大阪、神戸、和歌山を廻る。
 
バンド活動に纏わる諸々の出費でクリスマスプレゼントを買えなくなったおれは(言い訳でしかないが(笑))、それをなんとか補填(?)すべるく新たな品を作っている。これが自転車操業っていうやつだろうか。それで大丈夫なのかよ。
銀行の定期預金残高はマイナス、恥ずかしくて言えないようなところからもとうに借りきってしまった有様。
おれの金勘定がだらしないからでしかないのだ。
情けないけどとにかく朝だから働きに出かけるしかない。まだまだマシ。全然大丈夫。取り返せる。必ず行ける。
  
 昨日給料が入ったから本当はイケナイのだけどディスクユニオンに行ってキャバレー・ボルテールとジョン・ルーリーのストレンジャーザンパラダイスのサントラを買ってしまった。
 おまえさー、そんなの買う金あったら他の何かあるだろ、という言葉が頭に鳴り響いていたけど。
そして買ったCDが全然良くなかった。そういうことってあるよな。
 
 何かイケナイことしてる雰囲気だったのに、会計にいたのは先日の獣どもの宴に出演してくれた戯太郎さんのバンドの方だった。
「先日はお疲れさまでした」と言われるまで気づかなかった。エロ本買ってるのを近所の人に見られた中学生みたいな気持ちになった。
「(戯太郎さんに)よろしくお伝えください」と言って店を出た。
自分の現状と自分の意識と体調が噛み合っていない。まず、あまりにも筋肉痛だ(笑)。情けない、笑うしかない。二日前のジムの成果。二日間筋肉痛が続くとは、おれもジジイだな。
 
 この話、もう何度目かわからないが、おれは七年前にピックを捨てた。
そのころ、もう一度ロックバンドをやろう、と誘ってくれた友達の誘いを断った。
「おれはこれからは指弾きで、ブルースやラテンやジャズをやりたい」と断った。
 
「そんなこと言って、できるようになる前にジジイになっちまうよ」
 
と言われた言葉が、なぜだかずっと心に残っている。
 
おれは現在それを言ったやつの後釜のギタリストになってガットギターを指で弾いている。
おれの記憶が確かなら、そいつはフリージャズの修行をするといってバンドを辞めた後、今はロックンロールバンドのギターヒーローになりつつあるのだ。
 
おれのコンプレックスの話。
コンプレックスは愛しているとか、憎んでいるとかそういうだけの話じゃない。絡まり合った状況と想い、運命とか、それがコンプレックスなんだと思う。自分でも認める。
あいつに対してコンプレックスがある。なぜかって?ロックンロールをやろうと誘ってきたあいつの方がブルースもジャズもラテンも上手かったんだ。
 



 そしてあのころ、おれはなぜロックバンドを断ったか、本当の理由を今思い出した。

本当はかっこつけて指弾きの話を引き合いに出しただけだったのだ。
本当はロックバンドをやりたかった。

でも怖かったのだ。
 
当時、愚かさによって作った莫大な借金があって、それが怖かった。
月ごとに鳴る催促の電話が怖かった。

バンドをやったら借金を無視して全部賭けて破産するのが目に見えていて怖かった。

というか基本的に言うならバイトをしながら音楽やって生活するのも怖かった。
 
だから逃げたのだった。
 
それを思い出した。

あれから七年(!)も経って、借金はほとんど返し終わったが、音楽は相変わらず執念深く続けていて、また借金が(以下略)、だから状況は大して変わってはいないのだが、今は違うことがある。
 
それはあのころ恐れていたことをもう恐れていないということ。
 
あのとき逃げた問題に関して、時を経て向き合っている。
 
まだまだやれるだろ、はたまた勘違いだろ、という歌詞の曲を演奏している。昔あいつが弾いていた曲なのだった。
 
今はもう恐れていない。
今夜旅に出ます。
ジジイになっちまう前に、
もうなっちまったか?

いや、全然。

あいつも走っている。

あいつも。

まだまだ行ける。

いつか一緒にやれる日が来る気がしてる。

いや、やれなくてもかまわない、

でもいつか大きな会場で観てほしい。

あのときはビビって嘘をついてごめん。

 
 
 








 
追伸
当ブログが累計100000アクセスに到達しました。


この記事をアップロードした後に一度削除したのだけど、思い直してやはり書きました。
 
誰かに迷惑がかかるかもしれない、しかもカッコ悪い、恥ずかしい話だろうと思ったけど、 
でも読み返してみたら、よくある話、どうしようもない、どうってことのない現実だったので、やはり投稿します。

いつも読んでくれて、ありがとう。



|

« 5人はアイドル | トップページ | 103 トンネルを歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/54389320

この記事へのトラックバック一覧です: じいさんになっちまう前に もう一度旅に出よう:

« 5人はアイドル | トップページ | 103 トンネルを歩く »