« 現場百回 | トップページ | 物理的 »

2013年5月 4日 (土)

不安げに生きるより眠りたい

思い出せる限りの記を書こう。

4月3日、水曜日。
 独露の第四回。今回のメンツは大杉健、片岡フグリ、NG、フクダマサヒロa.k.a.リーさん。さらに突然Dalitta Of deadという人が店側からブッキングされていた。さすがfourthfloorと言いたくなるようなやり手の刺客。

大杉さん、ブルージーでハープが上手くてよかった。リーさんは相変わらずカッコいい。
片岡フグリ、初の独露トリを任せた。彼は観る度に変わってゆく。

 独露ではお客さんに毎回アンケートとって、誰が一番格好良かったか聞いているのだが、この日もNGが優勝。さすがNGだな。

嘘だと思う人はソロライブ見に来てほしい。


4日木曜日。
朝は時間労働、夜は驢馬の練習やった気がするがあんまり覚えていない。

5日、金曜日。
 夜更けの人々にライブの打ち合わせに行く。打ち合わせというか、夜には結局zampanoでライブをやった。夜が更けるにつれてお客さんが増える。
 某レコード会社に勤めているというお客さんが元彼女と一緒に来ていた。
 そこでNGがスケベ心を出してライブをさらに2セットほどやったのがよくなかった。
 やっているうちに浅草橋の顔役(??)みたいな人、Jのオーナーさんが来てしまった。Jのオーナーさんに関してはzampanoのライナーノーツにも書いてあるので割愛。オーナーさんには久々に会った。お世話になっている人、zampanoの初ライブを見届けている人なのでキッチリ挨拶を入れに行く。
案の定、ウィスキーをストレートで一気させられる。
そこから先はあまり覚えていない。
 
 
6日、土曜日。
一日死亡してしまい、リハーサルをすっぽかす。すいませんでした。
 

7日、日曜日。
 4月からギターを習い始めた。素晴らしいギタリストに習っています。

ギター教室に行こうと思ってギターケースを開けたら、ギターの弦が全部切れている。

???
 
夜更けの人々のバーテンOから電話がかかってきた。

「よかった。生きてたんだね。」

「全然覚えていないんだけど、おれはどうしてたの?」

「中島くんは、朝方七時くらいにオーナーさんとノッキンオンヘブンズドアを大合唱しながら、ガットギターの弦を全部引きちぎって、ギターを床に叩きつけていたよ。その後どっかに消えたから死んだかと思ったよ。」

あらまあ。

こういうとき、はやく死ねばよかったのにと思う。愚かなおれ。反省します。
 
気を取り直していけしゃあしゃあとギター教室に行く。ギターは教室で借りた。

この日は一日中ジョン・リー・フッカーのブギビートのピッキングとボ・ディドリーのカッティングの練習。

素晴らしい先生だ。

マジック・サムとジョン・リーのブギの違いや、ボ・ディドリーのブギとビッグバンドスウィングの関連性について教えてもらった。

深夜は驢馬の最終ミックス作業。ついに終わった。エンジニア様、本当にありがとうございました。恐ろしい兵器ができたよ。
 
 
8日月曜日。
 ミックス終わってその足でそのままレストランの時間労働。寝てないぞ!時間労働終わった後その足で新宿へ打ち合わせに。
zampanoのCDが出るという商談。
レーベルから出る!(詳しくは発売時に発表します)
という噂だけ流すぜ!乞うご期待。

夕飯は馨子と新宿アルタ裏のアカシヤでロールキャベツ食べて祝杯をあげた。

zampanoリリースの話、すごく嬉しい。
今朝には驢馬のレコーディングミックスも終わり、歯車が回り始めている感がある。
おれたちの時代はすぐそこだ!!!!!
 
眠っていなかったが、睡眠より幸せなこともこの世界にはあったのだった。
 
 
9日、火曜日。
 時間労働のあと、驢馬がHeaven's Doorでライブ。HOMMヨのみちゃんが見に来た。おれのことを「ブラックニッカ」さんという謎のあだ名をつけていた。おれがブラックニッカの小瓶を飲んでいたからだ。
恥ずかしいからやめてほしい(笑)
 
 
10日、水曜日。
渋谷のクラブエイジアにライブを観に行く。ザゼンボーイズ、Killer Bong、下山、slackという目白押しな催し。
 
あまりに良すぎて何も言うことがない。
 
終わった後、皆で牛角で肉食って飲んだ。
 
 



 4月後半もたくさんの事件やほのぼの日常小話があったが、もはや終わったことなので次回、時間軸は一気に現在へワープ!

すまん!よろしく!!


 
 

 







|

« 現場百回 | トップページ | 物理的 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事