« センチメンタル・アルコール・マネー | トップページ | 土星通信第一号G.G.403 »

2013年1月15日 (火)

I ain't talking about monkey junk..

14日、月曜日。
起きたら大雪だった。

今日も、吉祥寺に行ってバイト探しとか証明写真撮ったりした後、音響のバイトする予定だったので弱った。

とにもかくにも服を着こんで出かける。
雪が降ると、自分の誕生日が近付いてきたのがわかる。

おれの生まれた日も大雪だったらしい。

去年の誕生日も雪が降っていた。

誕生日には自ら容赦なくライブをブッキングした。新宿JAMだ。是非来てね。

 

なんとか吉祥寺に着いて、こまごました買い物をしてると、社長からメールが。
今日のライブは無くなったらしい。
だから今日のおれの仕事もないのだ。

えーーーーー
もう吉祥寺着いちゃったYO

証明写真を撮った。
最近のプリクラは目がでかくなったり唇がプルン!!とするエフェクトがデフォルトで設定されているそうだが、
証明写真機には、何かやつれて滅入った青白い顔に映るように犯罪者エフェクトがデフォルトで設定されているに違いないと思った。

仕方ないので店には行った。
16日にワンマンをやるミュージシャンのゲネプロを店でやる約束をしていたのだ。
仕事が無くなってもちゃんと仕込みをやる!偉いぞNG!

靴下がびしょ濡れだった。

 雪の中で見つけた、バイト募集の張り紙してた店に電話かける。
4軒かけて2軒はもう募集してなかった。
2軒は明日の面接をこぎつけた。

全部イタリアンレストランである。
どうしたことか、おれはやっぱりイタリアが好きらしい。

 ミュージシャンが到着してゲネプロとサウンドチェックをやった。雪の中で、来るべきライブに備えてひっそり準備した。
まあ、彼がワンマンやる日はおれは驢馬のライブがあるのでPA出来ないんだけどね。
せめてものおれができることをやろうと思って、こんなサウンドチェックをやっているのだった。

終わって帰りに久々にディスクユニオンに寄った。
吉祥寺で働いているが、いつも仕事が終わるころにはユニオンが閉まっているのでいけないのだ。今日は早く終わったので、中古のCDを見にいった。

 

                     ∮

 ジョン・フェイヒーを買った。ジョン・フェイヒーについて書くと大変長くなるので書かない。

死ぬ直前のアルバム、レッド・クロスだ。
雪の日にはジョン・フェイヒーがとっても良く合うのだった。

昨晩書いたブログが自分自身で読み返しても微妙な内容だ。一晩経って自分で自分に全然同意できない。
おれのやってきた音楽はなんだ?
ジョン・フェイヒーが自分を説明したり、ライブで曲名を言っただろうか。
フェイヒーは自分の名前すら、Blind Joe Deathという架空の再発見ブルースマンと偽って自身の再発見ブルースリイシューレーベルからリリースしていたようなヒップなペテン師だ。
孤高のインプロヴィゼーションだけが、黙して語らないのではない。
ヒップなペテン師もまた、黙することによって大衆を欺き音楽の渦に叩き落とすのだった。

おれは何がやりたいんだ?

雪の日に合う音楽。

理想的なMC。

|

« センチメンタル・アルコール・マネー | トップページ | 土星通信第一号G.G.403 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/48757595

この記事へのトラックバック一覧です: I ain't talking about monkey junk..:

« センチメンタル・アルコール・マネー | トップページ | 土星通信第一号G.G.403 »