« チャーリーウィリアムスのレコ発 | トップページ | ルル »

2012年12月14日 (金)

嘘つきのワイン

11日、火曜日。
ゲンキくんの企画、REKARAに驢馬で出演した。

『REKARA』
12.11(tue)大山スタジオダボ op18:30/st19:00 ¥1500-※会場内焼酎フリー(売り切れ時終了)
<live>驢馬/雄大/takako/ひねくれ(マ)
<DJ>イケダゲンキ/ボン/タイシ
 
東武東上線大山、地下鉄三田線だと板橋区役所前のところ。
 
実はおれは大昔、板橋に住んでいたことがある。
と、言っても2歳か3歳の頃なので全然覚えてはいないのだが。
 
驢馬のドラム、壱くんは板橋出身。
今回の企画者のゲンキくんも、同じ板橋出身で、壺くんとはかつて「アルカイダ」というバンドをやっていたころのメンバーらしい。

ゲンキくんの企画、板橋の地元を盛り上げようという気概に満ちた、大変素晴らしいイベントだった。
 
かく言うおれも、驢馬の初ツアーから帰ってきた日に、地元の武蔵境stattoにライブを観に行って、
アウェイの土地に巡業しに行くのと同じくらい、ホームである地元でちゃんと気合いの入ったライブをすべきだと、気持ちを新にして武蔵境stattoでソロライブをしていたのだ。
 
だからゲンキくんの板橋で板橋のいいミュージシャンのイベントを組もうという気概に感銘したし、
そしてその意図は別にしても、とても良いイベントだった。
 
おれの個人的な感想では、第一にDJのかけてる音楽が良かった。
オールドスクールヒップホップ。
意外に思われるかもしれないが、驢馬はオールドスクールヒップホップと絶対にも合うと思う。 

そして、対バンで出演していた雄大くんというラッパー。
久しぶりに踊り、プチャハンザしたいラッパーに出会えた。
どこにどんな人がいるか、本当にわからない。
 
うちの壱くんと雄大くんは同じ高校の同級生だったらしい。どんな高校だよ。すごいな、
 
驢馬は壺ジャジーラが新しい髪型になってたり、見所満載だったんじゃないだろうか。
 
どんな髪型か?それはライブに見に来てください。
 
セットリスト
1 嘆きの海
2 殺意
3 ダメージ
4 ボアダム人
5 光の焦げ付いた森
6 B型原理主義
7 昼下がり
8 街灯365
encore 風来某
 
中盤この順序で合ってたか、あまり自信ないが、確かこんなセットリストだったように思う。
 
以外と驢馬目当てのお客さんがけっこう見に来てくれて嬉しかった。
みんなともっと呑みたかったが、また一緒に呑もう!
 
ラッパー、雄大くんは20日に吉祥寺fourthfloorで行われるおれのイベントに出演してもらうことになりそう。
乞うご期待!
 
12/20(木)@吉祥寺fourthfloor  “POISON!”
出演:zampano / Gentle&Sequence /
雄大
open19:00/start19:30
adv¥1500/day¥2000 (w/1drink


板橋でイベント出演者の皆さんと打ち上げしてたら終電がなかった。
 
ありゃまあ。
 
       ★
 
 
12日、水曜日。
板橋からそのまま神保町へ時間労働へ。
その後夜は驢馬のリハーサル。
 
リハーサル後、また高円寺で呑んでしまた。
 
そしたらまた終電がなかった。ありゃまあ。
福井と2人で歩いて帰った。  
 
       ★
  
 
13日、木曜日。
今日は1日時間労働。レストランで。
時間労働終わった後、お客さんが赤ワインのデキャンタを丸々残していったので、頂いた。
イタリア料理屋のくせにスペインのワインだ。
お客さんにはシチリアのワインと言ってしまった。
 
店が騙してるわけではなく、おれが個人的にお客さんをエンターテインしたくて言ったことだ。
普段は正直に銘柄を言ってるよ。
 
シチリアのワインと言われた方が旨そうな気がするし、楽しめるんじゃないかな。
 
でも嘘つきのスペインのワインも旨かった。
ハチノスのトマト煮込みスパゲティとよく合った。

今晩は終電は逃さなかった。

NGはクレバーだからな。
    





|

« チャーリーウィリアムスのレコ発 | トップページ | ルル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャーリーウィリアムスのレコ発 | トップページ | ルル »