« 週間NG | トップページ | 浅草橋のヴァチカン法王 »

2012年12月 5日 (水)

AVを早送りするみたいに、32倍再生で生きろ

26日、月曜日。
 冬眠。毎週月曜日は冬眠してます。
 
 
27日、火曜日。
 時間労働のあと、奈良のtechocrat(s)のライブ観に行くはずだっが、ミキシングが入って見に行けず。ぜんぜん見に行

けてない。ごめん奈良。

 朝まで極秘核開発プロジェクトのミキシング。敏腕エンジニアNくんに滅茶苦茶な要求を出して作り込んでもらった。とんでもないものができた。

これが世に出れば、国境線で揺れ動く日本海と共和国、半島の総てを吹き飛ばして灰燼と化すような破壊力を持っている。
恐ろしいものを作ってしまったが、日本海の平和を取り戻すためには止むを得まい。
 
 
28日、水曜日。
 そのまま時間労働へ。
その後驢馬のライブ@下北沢BasementBar。
HOMMヨのみちゃんが来てくれた。
みちゃんはこのところ驢馬に欠かさず来てくれて、
「壺閣下鼻血&福井の指から血がデトロイトロックシティ」W流血!!驢馬血まみれGIG★もばっちり目撃してくれた。コアなリスナー。ありがたいことである。
 
 この日の福井と言えば、誤って早まりすぎて、今度は自分の左手の指を前日の夜にブチ斬るという蛮行に及んでいた。左手と言えばフレット押さえる方の指である。爪まで吹っ飛んでザックリ。うわあ痛そう。演奏する度に苦悶の表情だった。
ファストコアである。激ロックとはかくも厳しい道なのか。
 
みちゃんに「はやくブログ更新しろ」と言われた。GLの社長さんにも読んでるよーと声かけてもらった。
大変嬉しい。

特にコアなリスナーみちゃんはNGのブログを読んで、福井のあり得ないどうでもいいボアダムな非日常や、壺閣下の「せやで。名言集」などをいちはやくチェックしてから驢馬のライブに望むというインサイドコアファイタースタイルを確立しているから恐れ入りました。

NGのブログを読んでから驢馬のライブを観ると、我々の普段の行動とライブが全然関係なく、どちらも非科学的にできていることを楽しめて、結果的にライブを32倍楽しめる(当社比。)という報告もある。

ちなみになぜ32倍かというと、つまらないくだらないエロくないAVでも、倍速で観れば二倍、32倍速再生で観れば32倍面白いように、スピードと面白さは正比例する(当社比)。
というバルバロイ博士の研究結果に基づき、驢馬のライブはメンバー五人の人生を非科学的な方法(気合いなど、その他。)で、32倍に濃縮スピード再生してお届けしているからである。


29日、木曜日。
 武蔵境stattoで、NGのソロライブ。JETヒロシ氏のブッキングでJET先輩とは29、30で2デイズ対バンの一夜目である。
 
1 スーサイドマン
2 回遊
3 電気羊のパーティー
4 jack swing
5 子午線
 
 対バンで初めてお会いした藤原愛さんという方のピアノ弾き語りが鼻血モノでよかった。
あまりにも重くパワーのある美しい歌。
 JET先輩もやはり素晴らしい。「幸子」。本当の恋の物語である。
 
終演後、JET先輩、岩木山さん、藤原さんと飲んだりしていたらなぜか携帯が壊れた。
NGはこの後深夜のNG業打ち合わせなどがあったのだが、連絡ができなくて誠にご迷惑おかけしました。
 
 
30日、金曜日。
 高円寺は無力無善寺で、片岡フグリの企画にお呼ばれした。
JET先輩も一緒。対バン2日目である。
リハーサル終わった後、高円寺の携帯ショップに行って携帯を修理してもらおうと思ったが、どうやら充電ソケットの故障らしい。工場で修理するとのことで引き取られていった。
かわりに代替機のケータイを借りたが、これがまたスマートフォンのくせにスマートでない。アホフォンである。レグザ。
残念ながら今回は面白い店員はいなかった。
 
ライブセットリスト。

1 ホモルーデンスブルース
2 スーサイドマン
3 回遊
4 jack swing
5 Big Easy Blues
6 子午線
7 バナナ鰐園 
 
おれの次はJET先輩。
たたみかけるように曲を放っていった。
「旨いラーメン喰ったあとに溜め息っこ吐ぐなよ~」がひさしぶりに聴けた。
かつておれの友人の木村はこの名曲を聴いた後にstattoの上のつばさ家で旨いラーメン食って溜め息吐いたためにバチが当たってヘルニアになったという逸話がある。
旨いラーメン喰ったあとに溜め息っこ吐いだらいげねえよー
 
この日は対バンの碧衣スイミングさんという方にぶったまげた。すごかった。CD買っちゃった。
 
片岡フグリも相変わらず気合い入っててよかった。彼、すっかり有名人である。

おれは今年の二月頃、初めてのツアーから帰ってきた日に、武蔵境stattoへ行って片岡フグリをはじめて聴いたのだが、
彼にものすごいやる気と元気をもらって、自分も驢馬だけでなくソロライブもバンバンやろうと決心したのを覚えている。

サーカスの歌詞ちゃんと聴けた、いい曲ですね。
 
 ライブ終わった後、JET先輩が帰りの電車賃稼ぐために高円寺駅前でストリートライブをし始めた。
おれとお客さんで来てくれた馨子も巻き込んで、JETヒロシとzampanoのストリートライブ。
さすがJET先輩。瞬く間に電車賃を稼いでしまった。
高円寺の夜。ふつうの打ち上げなんかより全然楽しく、ミュージシャン的に正しいような気がした。
 
 NGはJET先輩よりはやく高円寺をお暇して、池ノ上へ。
驢馬のスタジオ。朝まで。 
 
 
12月1日。土曜日。
 朝方スタジオ終わり、帰って寝てから音響の時間労働。帰りの自転車が寒かった。
 
 
12月2日、日曜日。昼はレストランの方の時間労働。
新人の女の子と一緒だった。この子、Fuck-Eが昔に惚れていたO○○という後輩の女の子にそっくりでびっくりした。
よく見ると第一印象が似ているというか、面影があるのだが、そんなに似てもいなかった。でも結構べっぴんさんだ。

 念のため、彼氏いるか聞いた。
○○○い△い×そうです。

おお。そうですか。

Fuck-Eに教えてあげようか悩んだが、教えてあげないことにした。
絶対Fuck-Eの好みのタイプだと思う。でも、彼は今やライブの度に指をブチ切るようなカタギではない世界に入ってしまった。
だから私のバイト先にFuck-E好みの可愛い女の子が入ったとしても心を鬼にして、内緒にするのだ。
 
夜は音響の時間労働。
しんごさんが偶然お客さんで来てた。しんごさんはおれが高校生だった頃、国分寺のライブハウス、ONEでPAやってた人。
五年以上ぶりの再会。本当に嬉しかった。
かつてPAやってもらった人に自分のオペレーション聴いてもらうのはすごく緊張した。


 


 






 



|

« 週間NG | トップページ | 浅草橋のヴァチカン法王 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週間NG | トップページ | 浅草橋のヴァチカン法王 »