« 仁義 | トップページ | ★10月のライブ予定!! »

2012年10月15日 (月)

ハードオフと敵情

11日、時間労働のあと、友人オサオに会う。新しく東村山にできたハードオフに案内してもらった。
 
 ハードオフとは言わずとしれたブックオフのハード(機材)版。音響機材や楽器も扱っている。たまーにとんでもない掘り出し物がとんでもない値段で売ってたりする。ジャンクコーナーを漁りまくれば手元の金の少ない高校生や中学生でも今すぐにダブやヒップホップができる。
(でも知恵と知識がないとできない。知恵が一番高くつく。知識はわりとブックオフで安く買える。旧エレキングやリミックスを読みあさったなあ)
 高校の頃、音楽始めると同時くらいにおれのハードオフ通いが始まった。バンドやり始めたと同時期に近所にハードオフが開店したのだ。おれはラッキーだっ た。自転車で行ける圏内にハードオフが三軒もあったのだ。ハードオフにはずっと通っていた。友人のヤッチや、今や有名になりつつあるM山とはよく偶然ハー ドオフで会った。彼と、50円で売っていたパブリックエナミーの二枚組レコードを25円ずつだしあって、ジャケット破いて一枚ずつ分け合ったのはわりと良 い思い出。
モンスター幼稚園というバンドもハードオフによって生まれたといっても過言ではない。M上なんてあそこでMTRはもとよりウッドベース、タイプライター、 バスドラム、何でも買っていた。M上の家にみんながハードオフで買ったものを持ち寄ってモンスター幼稚園のダブ(????)作業がおなわれていた。
 
 おれがハードオフに通うのはもはや巡礼に近い。オタクのことを自宅警備員なんていうが、おれはブックオフやハードオフを廻るのをパトロールとも呼んでいる。オタクじゃなくてオンモだよ。
なんていうか、精神の均衡の回復みたいなものを求めてハードオフに行っている。なぜかジャンクコーナーに居ると落ち着くのだ。
 東村山のハードオフに来た目的はレコーディングで使うマイクがないかを見ることだったが、あんまり良いマイクは無かったので何も買わずに帰った来た。一体何しに行ったのか。
 
        ★
 
12日、時間労働のあとミッキーに会って一旦返していたコンデンサーマイクをまた借りる。ミッキーはGentle&Sequnceのボーナストラックを作ったようだ。
彼から、クラブイベントを仕切るオーガナイザーがヤクザになった話を聞かされた。
 
「今はそういうことやれる奴が真っ先に目を付けられて、あっちの世界に行っちまうんだな・・・」
 
彼は何をやるつもりなのか??
 
「俺たちも危ねえかもな。気をつけようぜ」
 
おれはともかく、おまえはイベントオーガナイズなんて全然やってねえだろうが!ていうかクラブが怖くて全然行ってねえだろ!と思ったがおれは黙って頷いた。
 ちなみに彼が語ったのは全部テレビ(ミヤネ屋)と2ちゃんねるで得た知識なのだ。だいたい彼はテレビの見過ぎである。
ミヤネ屋と2ちゃんねるで得た知識をさも武装戦線の幹部が溜まり場にしているスクラップ置き場で真剣な面もちで敵情について情報を交換しあう風に話してしまう友人がいて、ぼくはうれしい。
だがミヤネ屋と2ちゃんねるなど無戒殺風拳を習得する我々には一切関係がないのだ。

 その後レコーディングに入った。東久留米のスタジオ。予約している人があまり居ないので音漏れもないし、入りたいときに予約できるからいいな。
おれのギターのレコーディングは亀のように牛のように少しずつ進んでいる。
驢馬の蹄のように共にただ歩め。

 

追記:

 そんなミッキーことGentle&Sequenceだが、ちゃんとボーナストラックを上げていた。

良い曲だ。

 ミヤネ屋見て暴力団と芸能ネタに怯え、アイドル好きすぎて2ちゃんでスレ立つほど炎上しても良い曲は書けるという証明だ。素晴らしい!分かったかおまえら!

20121014_2799522

http://gentlog.jugem.jp/

|

« 仁義 | トップページ | ★10月のライブ予定!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/47458612

この記事へのトラックバック一覧です: ハードオフと敵情:

« 仁義 | トップページ | ★10月のライブ予定!! »