« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

死者が斜視する現実の次元から


undefined

 ご無沙汰しました。NGです。お元気でしたか。
 
 先週、祖父が亡くなりまして、葬儀のため山形に行ってきました。

祖父のことに関しては、叔父がネットに書いていたので、ここにリンクを張ります。
 叔父は割とおれと性格が似ているような気がします。お酒が好きで人と話すのが好きな人です。

亡くなった祖父は酒も呑まず、とても寡黙な人でした。


父は「日本一のヤブ医者」だった http://d.hatena.ne.jp/takase22/20121029

 ここに書かれている話はおれ自身もほとんど知らないことばかりで、驚き、興味深く読みました。
 身内のことをネットに晒すのはどうかと思うけど、すでにやっている親族がいる以上、まあいいか。という投げやりな気持ちであります。

 おれは人の生き死にに関して何か言うことは難しいです。あまり文章で表せそうにないので、一曲書いてみました。
来月のライブで披露しようかと思います。
あんまりひどい歌詞の曲です。最近は現実をありのまま歌うのが一番ブルージーかつポエジーに満ちたことになってしまうように思っています。

        ∽

何はともあれ、今、山形から東京に帰っています。今夜は驢馬のライブ。東高円寺二万電圧。

 この奇妙な敬語も今日で終わり。明日からは元の無礼調に戻します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

NGです。
いつも読んでくれてありがとう。
 
諸事情ありまして、二週間ほど更新を停滞させると思います。
 
ブログの更新を飽きたわけでもなく、私の心身に問題が発生したわけでもないので、しばらく黙りますが心配しないでください。
 
今後のライブは

10/26(金) 驢馬@下北沢three
10/27(土) 絵本の朗読とzampano@荻窪ちゃぶ久
10/30(火) 驢馬@東高円寺二万電圧
 
です。
 
ではしばらくは現実でお会いしましょう。
再見!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

電気羊のパーティー

18日、木曜日。
武蔵境stattoでソロライブ。
ドブロを使ったがブラインドレモンジェファーソンはやらなかった。久しぶりだったので自分の歌を歌いたかったのだ。
 
1 Homoludens Blues
2 回遊
3 Jack Swing
4 電気羊のパーティー
5 子午線
6 バナナワニ園
 

 電気羊のパーティーという新曲が好評だった。
この曲は実は驢馬のために書いた曲。驢馬のメンバーはソングライターが多いので新曲コンペをしようと言ってそれぞれが曲を書いた。いざそれぞれの曲を試聴、投票したのだが、壺ジャジーラの書いた超名曲「少年」が優勝し、我が曲は選外になってしまったのだった。そのときは悔しかったが、今ではいい励みになったと思うし「良い音楽こそが正義」という驢馬らしい王道少年バトル漫画的なコンペになったので、悔いはない。とはいえせっかくなので自分のライブではやることにした。
 
 電気羊のパーティーはもともと壺ジャジーラのキーで書いた歌なので、おれには大分キーが高いから下げて、さらに驢馬でやるために16ビートだったものを最近ハマっているスイングというかシャッフルというかそういうビートにリアレンジした。
 
歌詞を載せたいと思います。来月もソロライブがあるので、歌詞に目を通してから来てもらえたら嬉しい。
読み物としてだけでも楽しんでもらえるだろうか。
 
 
電気羊のパーティー
 
誰かがスイッチをONにした
眠った方が賢いというのに
眠ったふりをした起きていた
おれは愚かな方でかまわない

「今夜この街にも光がやってくる」って
羊たちは大騒ぎ
年寄りの欅を切り倒して
広場で大きな火を焚いた

闇を焦がすほどの光が
羊たちを包みこんだ
暗闇の支配はもうおしまい
明るい夜には何をしよう?

今夜はさあ使い果たそう
目が眩むほど 電気羊のパーティー
街は驚いて瞬きしている
耳鳴りが鳴り止まない

 
毎晩続くパーティーで
何もかもがうまくいっていた
歯車を回し続けて
誰かが一晩中働いた

夜に愛し合わなくなったころ
電気羊は夢を見なくなった
だから誰にも未来はわからないし
過去のことも思い出せない

アンドロイドを働かせて
羊は必死に眠ろうとした
だけど電気の騒ぎが眩しくて
夢を見ようとしても眠ることができない

今夜はさあ使い果たそう
目が眩むほど 電気羊のパーティー
今のことだって思い出せない
夢を見ないのはどうして?なんだい?
 
さあ使い果たそう
目が眩むほど 電気羊のパーティー
君が微笑みながら見守る限り
電気羊のパーティーは終わらない
電気羊のパーティーは終わらない
電気羊のパーティーは終わらない


 
 「電気羊のパーティー」というところでお客さんたちにぜひ合唱してほしいのだが、まだまだレスポンスは起こらなかった。一回目だから当たり前か、
これを読んだ人はぜひやってくれー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

天井、地雷、殺っちゃおう

10月の13~16日はただひたすらレコーディングをしていた。から特に記すことはない。デュワ!!!


17日、水曜日。
 友人Oが現在作っている店の工事を手伝いにいく。


undefined

O。

 地下鉄の隣にある、重たい木の扉の、店の名前は誰も知らずにジャックソーダばかり出るバーのバーテンダーだったOだが、去年店を辞めて、NGと共に交差点のイタリアンレストランで時間労働に励んでいた。
 そしてこのたびついに浅草橋に自分の店を持つことになったが、一介の自由労働者に過ぎないOはなかなか金策がままならず(ていうか自己資金ゼロ!)、工事は業者に頼めなくなり自分たちで店の内装工事をやることに!
 ミキサー車を呼んで、生コンをバケツリレーして自分たちで床のコンクリートを打った!
 現在は壁をはがし、天井をはがし、新しい内装にする作業中。大丈夫か?O!がんばれO!!!
そんな中OはNGに
「とりあえず来てよ。いつ来れる?」
とのんきに声をかけてきた!
 とりあえずNGを現場に突っ込めばあとは勝手に自動的に働いて楽だろうという魂胆が丸見えだが、まさにその通りだった。
 天井をはがして新たな板を張る下準備であった。家の構造って見てて楽しい。
案の定おれはどしどし天井を鋸で切りまくって板を打ちつけたり色々働いてしまう。思うツボというわけだ。
 
 店の工事は、また現場にいったら経過報告したいと思います。
 

undefined

 
         ∮ 
 
 
 工事を途中で抜けて驢馬の練習へ行った。すると福井君が目が血走ったゲッソリした不気味な雰囲気で現れた。というか福井はもうここ1年ほどずっと目が血走ったブチ切れ鉄砲玉状態で、全てを破壊したい、皆殺し感覚が日に日に強くなっている。
 
 「地雷、録れましたよ。」
 
 驢馬メンバーは総統閣下から「地雷のような音を録らんかい!!!」という恐ろしいオーダーを頂いていた。
 どうしたら一体地雷のような音ができるのか、想像もつかないが、福井くんはやってのけたのだ。
 その結果がこれだ。
 

undefined

 おわかりだろうか、見事にネックの根本からバッキリ折れている。

 福井くんは一人でギターレコーディングに入っていたのだが、事故でギターを折ってしまったらしいのだ。そしてこれまた奇跡的にレコーディング中だったのでギター破壊音はばっちり録音できたらしい。すげえ!まさに地雷音!!!
 

 福井くんは心から音楽を愛し、楽器を愛している男なので決して故意にギターを破壊するような人ではない。本来はむしろ破壊行為に眉をひそめるような優しい好青年である(だった、という方が正しいかもしれない)。
 そんな彼が誤ってギターを破壊し、「地雷とれましたよ」と言うようになってしまうのが独立革命帝国一党独裁軍驢馬である。破滅に向かってひた走っている様な気がするが、破滅ではなく栄光でしかない!!ヤバい。
そういえば、以前にもライブ中にガットギターを破壊していた男がメンバーにいた。総員玉砕覚悟だ。大変なことだ。
はやくライブみた方がいいよ。

 
そんな驢馬のライブである。

―――――――――――――――――――――――――――――

★10/19(金) 驢馬@下北沢three 撃鉄田代&太平洋不知火楽団大内presents 「ターシーとライダーの“兄弟仁義2”大内生誕祭スペシャル」

驢馬/ 科楽特奏隊/ ドンマルティネス/ おもしろ三国志/ ノスタ ルジック飲食街/ ポテコムジン/ カタコト/ salsa / ちくわテイスティン グ協会(O.A)音楽と女の子 美甘子(歴ドル) / イシカツ(撃人間) / DJホセポッセ(店長) / 成田大致 (SILLYTHING・夏の魔物) たーしーa.k.a.619(撃鉄) 撃鉄近藤の出張やいっやいっ / キッチン小判鮫 open / start 19:30 / 20:00 adv / door 2000 / 2500 (+1d)

shimokitazawa THREE (LIVE & CLUB)

下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、

そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。

そのビルの地下になります。BASEMENT BARとTHREEは同ビルの同フロアーです。

住所:〒155 -0032 東京都世田谷区代沢5 -18-1 カラバッシュビルB1F

TEL:03 -5486-8804(16:00〜)

FAX:03-5204-9120

E-mail:3@toos.co.jp

________________________________________________________________________________________
 
 この日の驢馬のテーマは「
殺っちゃおう」である。
「やっちゃおう」とは最近なんだか下北沢threeでよく耳にする言葉で、ドンマルティネスのイサクさんや、salsaの皆さんが「やっちゃおう!」とかけ声をかけて意気揚々と乾杯しているのをわりとよく見る。
threeに頻繁に出演させてもらっている我々としては、なんかイマイチみんなの盛り上がりに乗り損ねている感があって恥ずかしながら乗り切れずにいたのだが、
この度、兄弟仁義ということもありまして、お祝いの意味も込めまして驢馬からも「やっちゃおう」もとい「殺っちゃおう」、「犯っちゃおう」を掲げ、盛大に演奏させてもらいたいと思います。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

★10月のライブ予定!!

 久しぶりにマコイチから電話がかかってきて、ライブはいつかと聞かれたのでここに更新情報載せておくことにした。二万電圧の二周年ライブの情報とか上げる。二万、東高円寺に移ってから二年か。マコイチとNOISSES ZZAJUNやバルバルヘッドでよく出ていたものだよ。

 10月のライブ予定です。

★10/18(thu.) NGソロ@武蔵境statto

  • 「MUSASHINO IMAGENATION 秋の陣①」
  • ¥1500/¥1800 18:00/18:30
  • 太田琢磨 / Dr.NOBU / NG / チャン・オータ 山口幸太 / 守山ダダマ / アッキー
  • musashisakai STATTO
  • 〒180-0022 東京都武蔵野市境1-12-2 B1 TEL/FAX 0422-36-0248 INFO/ musashisakaistatto@gmail.com

 ソロです。最近すっかり驢馬のガットギタリストNGですが、今回は一人でガイ―ンとやるよ。往年の曲、ホモルーデンスブルースから、最新曲「回遊」や、「Jack Swing」オリジナルNGバージョンなどなど。 

―――――――――――――――――――――――――――――

 

★10/19(金) 驢馬@下北沢three
撃鉄田代&太平洋不知火楽団大内 presents
「ターシーとライダーの“兄弟仁義2”大内生誕祭スペシャル」

  • <LIVE> 驢馬 / 科楽特奏隊 / ドンマルティネス / おもしろ三国志 / ノスタルジック飲食街 / ポテコムジン / カタコト / salsa / ちくわテイスティング協会 (O.A)音楽と女の子
  • <DJ> 美甘子(歴ドル) / イシカツ(撃人間) / DJホセポッセ(店長) / 成田大致(SILLYTHING・夏の魔物)
  • たーしーa.k.a.619(撃鉄)
  • <FOOD>撃鉄近藤の出張やいっやいっ / キッチン小判鮫
  • open / start 19:30 / 20:00 adv / door 2000 / 2500 (+1d)
  • shimokitazawa THREE (LIVE & CLUB)
  • 下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、
  • そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。
  • そのビルの地下になります。BASEMENT BARとTHREEは同ビルの同フロアーです。
  • 住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
  • TEL:03-5486-8804(16:00〜)
  • FAX:03-5204-9120
  • E-mail:3@toos.co.jp

 驢馬ではすっかりお世話になっている激鉄ターシーくん(元タリバナサンバ)と、大内ライダーくんの仁義的イベント。オールナイトぽい。豪華面子。

_______________________________________________________________________________________________

★10/26(金) 驢馬 @下北沢three
"ぱちゃんが !!!"

  • 倉内太&ネイティブギター / 張泰山(from 泰山に遊ぶ) / SUNN / 驢馬 / and more!!!
  • open / start 18:30 / 19:00 adv / door 2000 / 2500 (+1d)
  • shimokitazawa THREE (LIVE & CLUB)
  • 下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、
  • そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。
  • そのビルの地下になります。BASEMENT BARとTHREEは同ビルの同フロアーです。
  • 住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F
  • TEL:03-5486-8804(16:00〜)
  • FAX:03-5204-9120
  • E-mail:3@toos.co.jp

 倉内さん!ですな!

___________________________________

★10/27(土)zampanoと絵本朗読ライブ @荻窪ちゃぶ久cafe

  • 出演 zampano
  • 詳細未定
  • ちゃぶ久 cafe
    住所:杉並区天沼3-26-14
    電話:03-3391-7893
    FAX:03-3391-7893

 絵本の朗読を三冊ほどやってから、ライブになります。大きいお友達も歓迎。のんびりお酒飲みたい方は是非!

--------------------------------------------------------------

 

★10/30 (火) 驢馬 @東高円寺二万電圧
[東高円寺二万電圧 presents"二万電圧2nd anniversary GIG-平日編-"]

  • GROUNDCOVER.
  • FIREBIRDGASS
  • SPEARMEN
  • 黄金狂時代
  • BACTERIA
  • worsttaste
  • 驢馬
  • open / 17:00 start / 17:30
  • adv / 1,500yen door / 2.000yen
  • (+drink500yen)
  •  東高円寺二万電圧
  • 166-0003
  • 東京都杉並区高円寺南1-7-23L-GRAZIA東高円寺 B-1
  • tel.fax.03-6304-9970

 かなり「激」な状態になることが予想される今月最後のハイライトイベント。激しくお酒飲みたい方は是非!!

Map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

ハードオフと敵情

11日、時間労働のあと、友人オサオに会う。新しく東村山にできたハードオフに案内してもらった。
 
 ハードオフとは言わずとしれたブックオフのハード(機材)版。音響機材や楽器も扱っている。たまーにとんでもない掘り出し物がとんでもない値段で売ってたりする。ジャンクコーナーを漁りまくれば手元の金の少ない高校生や中学生でも今すぐにダブやヒップホップができる。
(でも知恵と知識がないとできない。知恵が一番高くつく。知識はわりとブックオフで安く買える。旧エレキングやリミックスを読みあさったなあ)
 高校の頃、音楽始めると同時くらいにおれのハードオフ通いが始まった。バンドやり始めたと同時期に近所にハードオフが開店したのだ。おれはラッキーだっ た。自転車で行ける圏内にハードオフが三軒もあったのだ。ハードオフにはずっと通っていた。友人のヤッチや、今や有名になりつつあるM山とはよく偶然ハー ドオフで会った。彼と、50円で売っていたパブリックエナミーの二枚組レコードを25円ずつだしあって、ジャケット破いて一枚ずつ分け合ったのはわりと良 い思い出。
モンスター幼稚園というバンドもハードオフによって生まれたといっても過言ではない。M上なんてあそこでMTRはもとよりウッドベース、タイプライター、 バスドラム、何でも買っていた。M上の家にみんながハードオフで買ったものを持ち寄ってモンスター幼稚園のダブ(????)作業がおなわれていた。
 
 おれがハードオフに通うのはもはや巡礼に近い。オタクのことを自宅警備員なんていうが、おれはブックオフやハードオフを廻るのをパトロールとも呼んでいる。オタクじゃなくてオンモだよ。
なんていうか、精神の均衡の回復みたいなものを求めてハードオフに行っている。なぜかジャンクコーナーに居ると落ち着くのだ。
 東村山のハードオフに来た目的はレコーディングで使うマイクがないかを見ることだったが、あんまり良いマイクは無かったので何も買わずに帰った来た。一体何しに行ったのか。
 
        ★
 
12日、時間労働のあとミッキーに会って一旦返していたコンデンサーマイクをまた借りる。ミッキーはGentle&Sequnceのボーナストラックを作ったようだ。
彼から、クラブイベントを仕切るオーガナイザーがヤクザになった話を聞かされた。
 
「今はそういうことやれる奴が真っ先に目を付けられて、あっちの世界に行っちまうんだな・・・」
 
彼は何をやるつもりなのか??
 
「俺たちも危ねえかもな。気をつけようぜ」
 
おれはともかく、おまえはイベントオーガナイズなんて全然やってねえだろうが!ていうかクラブが怖くて全然行ってねえだろ!と思ったがおれは黙って頷いた。
 ちなみに彼が語ったのは全部テレビ(ミヤネ屋)と2ちゃんねるで得た知識なのだ。だいたい彼はテレビの見過ぎである。
ミヤネ屋と2ちゃんねるで得た知識をさも武装戦線の幹部が溜まり場にしているスクラップ置き場で真剣な面もちで敵情について情報を交換しあう風に話してしまう友人がいて、ぼくはうれしい。
だがミヤネ屋と2ちゃんねるなど無戒殺風拳を習得する我々には一切関係がないのだ。

 その後レコーディングに入った。東久留米のスタジオ。予約している人があまり居ないので音漏れもないし、入りたいときに予約できるからいいな。
おれのギターのレコーディングは亀のように牛のように少しずつ進んでいる。
驢馬の蹄のように共にただ歩め。

 

追記:

 そんなミッキーことGentle&Sequenceだが、ちゃんとボーナストラックを上げていた。

良い曲だ。

 ミヤネ屋見て暴力団と芸能ネタに怯え、アイドル好きすぎて2ちゃんでスレ立つほど炎上しても良い曲は書けるという証明だ。素晴らしい!分かったかおまえら!

20121014_2799522

http://gentlog.jugem.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

仁義

10日、水曜日。
 時間労働の後、驢馬の練習。
 ずっとレコーディングだったからみんなで音を出すのは楽しい。
 10月はこれから驢馬のライブが三本。下北沢threeで二回。その後は東高円寺二万電圧でやる。
 最初の下北沢threeのイベントは、撃鉄ターシーくんと、太平洋大内くんのイベント、兄弟仁義。
 大内君とは四年前くらいから知り合いで、知り合ったのはおれの企画したライブ「杉沢村心中~村長は二度死ぬ」イベントに太平洋不知火楽団として出てもらったのがきっかけ。
その日はおれはライブには出ないで司会をしていた。杉沢村、お賽銭泥棒、ムラカミヒロキ(withカラテマン)などが対バンで、イベントはアホ内輪の大盛り上がり。大内くんにもなぜか大変喜んでもらえたことを覚えている。
 驢馬が始まってからも大内くんには何度か見てもらっているようで、CDも聴いていてもらっているようで、嬉しい限りです。
 兄弟仁義、驢馬は大暴れするぞー

―――――――――――――――――――――――――――――

★10/19(金) 驢馬@下北沢three 撃鉄田代&太平洋不知火楽団大内presents 「ターシーとライダーの“兄弟仁義2”大内生誕祭スペシャル」

驢馬/ 科楽特奏隊/ ドンマルティネス/ おもしろ三国志/ ノスタ ルジック飲食街/ ポテコムジン/ カタコト/ salsa / ちくわテイスティン グ協会(O.A)音楽と女の子 美甘子(歴ドル) / イシカツ(撃人間) / DJホセポッセ(店長) / 成田大致 (SILLYTHING・夏の魔物) たーしーa.k.a.619(撃鉄) 撃鉄近藤の出張やいっやいっ / キッチン小判鮫 open / start 19:30 / 20:00 adv / door 2000 / 2500 (+1d)

shimokitazawa THREE (LIVE & CLUB)

下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、

そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。

そのビルの地下になります。BASEMENT BARとTHREEは同ビルの同フロアーです。

住所:〒155 -0032 東京都世田谷区代沢5 -18-1 カラバッシュビルB1F

TEL:03 -5486-8804(16:00〜)

FAX:03-5204-9120

E-mail:3@toos.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

ドブロク三世

8日、火曜日。
 一日中レコーディング。アコースティックギター、というかリゾネイターギターを弾く。

undefined

このギター(右)は野村さんというギタースリンガーから借りてるギター。グレコのドブロ33Mという。ドブロという名前はついているが日本のグレコのギター。
 リゾネイターギターはもともとエレキギターが発明される前のギターで、アコースティックでも大きな音がでるように、ギターのブリッジの下に鉄の共鳴板が仕込んである。むりやりメタルボディ化して音をでかくしようという発想は、木管楽器だけどボディが金属製のサックスとかに近いのかも。
 リゾネイターギターは戦前ブルーズマンの大家、サンハウスやブッカ・ホワイトがよく使ってる。他のジャンルではブルーグラスやハワイアンの人が割と使ってるみたいだ。
 
       ∮
 
 先日買ったばかりのオーディオインターフェイスだが、例によってドライバの不具合が起きる。うすうすわかっていたがおれのパソコンが不味いのかもしれん。それは考えたくなくてずっと後回しにしていたが、そうなのかもしれない。
とにかくスタートアップに支障が出てるのはどうやら新しくインストールしたソフト(つまりオーディオインターフェイスのドライバ)が原因らしい。
この日もさんざん落ちた末に、システム復元したせいでパソコンはオーディオインターフェイスのドライバインストール前の状態に戻ってしまった。
 
 仕方がないのでまた結局一人で練習していた。よく考えたら来週ソロライブだ。ドブロにはリップスティックのピックアップが付いてる。ギターアンプに繋いだら、いい具合に箱鳴りして、悪くない。フルアコとエレアコの中間のようなサウンド。少し歪ませたら味がある。
 今までこいつはアコースティックギターとして扱ってきてなかなか音の取り方に試行錯誤していたけども単にエレキギターとして使うと良いのかもしれない。
 
 人のギターだが、このリゾネイターを新たに「ドブロク三世」と名付けることにした。
ドブロク三世とはかつてGrupo CHEKELEとモンスター幼稚園というバンドでギターを弾いていたギタリストの異名。フリージャズ、戦前ブルースに詳しい濁酒三世の遺志を継いだギターということにしよう。

 せっかくだから次のライブはドブロク三世を使って、ブラインドレモンジェファーソンの「Jack O'Diamond」でもやろうかと思う。
 
 
★10/18(thu.) NGソロ@武蔵境statto
「MUSASHINO IMAGENATION 秋の陣①」
¥1500/¥1800 18:00/18:30
太田琢磨 / Dr.NOBU / NG / チャン・オータ 山口幸太 / 守山ダダマ / アッキー
musashisakai STATTO

〒180-0022 東京都武蔵野市境1-12-2 B1 TEL/FAX 0422-36-0248 INFO/ musashisakaistatto@gmail.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルマ

6日。土曜日。
 昼頃起き出して、渋谷のイケベ楽器パワーレックへ。ついにオーディオインターフェイスを新しく買う。
 
 将来への投資だ。これでがんばろう、、
 一旦帰宅した後、近所のスタジオへ。レコーディング。新しいオーディオインターフェイス、調子いい。やっと少しずつだがテイクが録れてきた。ここが踏ん張り所。
undefined

       ★
 
7日。日曜日。
 朝からレストランで時間労働。金曜日よりもお客さんが来た。どういうことや。おれが仕込んだパートの料理は全部売り切った。最近の神保町は客足が読めない。
 
 夕刻から、音響の仕事。偶然だが後輩の片岡フグリの出演日だった。
 そしてさらに偶然が重なって、おれの音楽先輩、シバジャックも出演していた。おおいに驚く。
 
 シバジャックはおれが高校時代に入り浸っていた国分寺のライブハウスの先輩。(そこのライブハウスにいたバンドで他に知っているのはジュゴンズ、一萬P、お賽銭泥棒などがいる。)
 シバジャックとは国分寺のライブハウスがなくなってから、なかなか会う機会がなくなっていたが、それでも三年に一回ほどのペースで偶然会うことがあった。一度は新宿ウルガで、おれが友人のミッキー(ラップ、サンプラー)とDT(DUB)と「Telephone Shocking」というユニットで出演したとき、偶然対バンした。シバっちゃんはそのときはギターで女性vocalと2人のユニットだった。
 
 ひとしきり再会を喜んだあと、リハーサル、それからライブ。おれはあくまでスタッフなので飲んで喜んでライブ見てるわけにもいかないのだ。
 シバっちゃんは三年前からさらに腕を上げていて、さらに書く曲もなんていうか最高で。おれは国分寺のことを懐かしく思い出してしまった。
 片岡フグリもまた良かった。あいつはぐんぐん良くなってる。
「指先に気合いを入れろ」と言われる。入れましたよ。気合い入れてPAしました。シバっちゃんいわく「キモカッコいいライブ」だった。
 
 おれもスタッフじゃなくて出演者として会いたかったが、それはまた別の機会なんだろうな。
 
 ミュージシャン同士の仲って凄く仲良くても、意外とプライベートでは会わなかったりする。ライブ続けてればどっかでバッタリ対バンで会ったりする。ミュージシャンとしてはそれがお互い一番幸せな再会だと思った。
 
 おれは永劫に続けていくので、必ずまた会えるはず。再見!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

秋葉原午前六時

5日。
時間労働。今日もまたパーティーの準備だ。金曜日はいつだって混む。はずだったが、結果は散々だった。大量のサラダとオムライスのチキンライスを余らせてしまって、だから賄いはオムライスだった。
 大人数のパーティーを準備していたが招待客が全然来なかったような気分。まあいいけど。夜の仕込みをやる。
 給料をもらったので出かける。うちは振り込みじゃなく手渡しだ。手渡しだとタイミングが悪いともらい損ねたり面倒なことが多いが、やっぱりどうして、現金を見ると上がってしまう。これが現金てやつだ。

       ∽
  
 知り合いの誕生日が近いので、プレゼントを買いにいく。プレゼントを選ぶのは難しい。去年は友人に選ぶのを手伝ってもらった。今年は一人で選んだ。
 
      ∮
 
 夜からレコーディング。吉祥寺のNoahでオーディオインターフェイスの無料貸し出しをやっていると聞いたのでそれを利用してみる。
 ドライバをインストールするために再起動。しかしオーディオインターフェイスを全然認識しやがらない。するとパソコンの電源が落ちた。
 朝まで格闘したが、パソコンが起動することはなかった。するにはするが、オーディオインターフェイスを認識せず、DAWソフトを立ち上げ、別のASIOソフトウェアを設定しようとすると落ちる。なす術もなかった。5時間が無駄になったわけだ。
 仕方ないのでずっと練習していた。レコーディングの締め切りはとうに過ぎている。どうしようもない。やはりオーディオインターフェイスを新しく買うしかないのだろうか。
 
       ★
 
 朝、神保町へ向かった。同じ職場の友人Oが辞めるので、送別会をやっていたのだ。おれはレコーディングで参加できなかったが、始発の時間で顔だけ出そうと思っていた。
 御茶ノ水に到着して電話すると、みんな解散してもう帰ったという。なんてこった。ゴミみたいな気分。Oは自転車だったので、おれが着いたと知って戻ってきてくれた。
 
 おれが一音も録れていないのを知るとOは大笑い。とりあえず2人で飲みに行くことにした。
でも土曜の朝六時に開いてる店なんかないのだ。おれたちはとにかく秋葉原まで歩いた。
 結局開いている店は見つからず、おれとOは秋葉原駅前のらんぷ亭に入ってビールを頼んだ。20分ほど待たされて、アサヒの缶ビールが二本出てきた。コップはない。注ぐ必要がないんだからもっとはやく出てくるだろうと思うが、これで300円もしやがった。退職祝いにOと乾杯した。
 
 11月にはOの店もできる(はず)。おれもどうにかしてレコーディングをとっとと終わらせなきゃいけない。
 
 ゴミみたいな気分だったが、よく笑う友人と呑んでいると気分が和らぐから不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

ドロップ ザ ドープシット (to children)

4日、木曜日。
 今日もはよから起き出して店に行き、サラダやオムライス、パスタの仕込みをする。これで大丈夫。50人だろうが100人だろうが回せる。(100人は嘘。)
 ところがランチはそんなに客が来なかった。なんてこった。
 おれがたまに思いつきでマジメに働こうとするとこれだ。アホだな、
 
 終わった後、吉祥寺へ。今月末に荻窪ちゃぶ久で行われる絵本朗読会&ライブの打ち合わせ。絵本朗読の伴奏はわりと久しぶりである。友人のIによると絵本朗読伴奏がおれの全演奏の中で一番良いという説もある。是非確かめに来てください。

 その日はzampanoも子どもたちを前にライブ。前にも書いた気がするが、子どもを前にライブやるのが、結構むずかしくて楽しい。大人とは全く違う判断基準で、気の抜けた演奏なんてすぐにバレてしまう(当たり前だが)。
 子どもにだってタイミングを見極めてドープシットをやればドカーンと受ける。淡谷のり子の「ドンニャ・マリキータ」やったときもそうだった。
zampanoで演奏するのだからこそ、教育テレビ的にならずに、悪意ある名曲を選んでキメたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

ゲリラライクアレポート

3日、水曜日。
 時間労働の後、驢馬のミーティングへ。今回は激ロック談義もなく、機密事項の極秘のトップシークレットの陰謀の進行状況を確認。

超高校級ドラマーはもうすでに大分終わっている。
 
スーサイド先輩も残すところわずか。
 
ボアダムファックEも八割方終えたようだ。
 
だが、ここに来て我らが怪人バルバロイはやりなおしに突入することに。
 
 なさけなや。
 
この茄子!!農薬喰らってろ!

 
 我々がキチンと作戦を遂行しないことには、我らが総統閣下も安心してトドメのゲリラテロアジテーションに望めず、総統の大号令のもとに首都東京を制圧、大日本を大転覆させる作戦にも支障を来してしまう。
 
 なんとしてでも隠密大作戦を成功させるのだ!
 
 
ショッカー軍団!!!
 
バンザーイ!!!!!
 
ドカーーーーーン!!!!!!

 
 
 
  
 
 あれ?

がんばります
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

Roll your MIC, Roll!!!

10月2日。火曜日。
 朝起きて走ってから、上野の忘れ物センターへ。3日間かけずり回る羽目になった忘れ物を取りに行った。
 JRとメトロの両方の忘れ物取り扱い所があるのでややこしい。
おれが探してたモノもあった。なんとかあった。ふう。
 大変お騒がせしました。
 
 ランチの時間労働。今、パスタ場の担当が一人休んでいるので焦る。焦ってパスタを釜から上げるときに間違ってラーメンの湯切りみたいに床にザバーーッ!!!と湯を切ってしまった。ラーメンじゃないぞ。これは。
 テンパるのは疲れる
 
 終わってから池袋の楽器屋パワーDJsへ。

http://www.ikebe-gakki.com/realshop/powerdjs-ike/
この店、DJやトラックメイカー用の機材を大量に扱っていて、アウトレット放出品も充実しているので、冷やかすだけでも楽しい。
 
 マイクのXLR端子のインプットが4つ以上付いているオーディオインターフェイスを探しているのだが、 なかなか手頃なものがない。
 店員さんに話を聞くと安いモノはマイクプリが良くないという。
 でも誰だってそう言うけどそんなこと言ってたら高くて買えない!!!
 
 
 夜はミッキーに手伝ってもらってギターのレコーディング。
 ミッキーにはマイクを両手にもって円運動を繰り返してもらい、手動でフランジャーをかけてもらった。
 サンレコで仕入れた知識。ビートルズとかはかつてこうやってアコギにフランジャーなどの手動エフェクトをかけていたらしい。
 
 おれは夏にミッキー率いるGentle&Sequenceのレコーディングやミキシングを手伝ったので、その報酬としての対価は体で払ってもらった。
 
 合計168小節分くらいマイクをぐるぐる回してもらった。
「コンデンサーマイク手で持ってやるのか?ビュービュー風の音入らないか??ダイナミックマイクじゃないのか???」とミッキーは心配そうだったが、
極悪地獄マイメンユニット・悪魔▼クルーのNGベルゼバブというラッパーを録音したときなんか、奴はコンデンサーマイク手で持ってダイナミックよろしく噛じり付きでおれのコンデンサーを唾まみれにしやがった。ベルゼバブはマジで悪魔だ。
だから大丈夫。という意味不明の論理にミッキーは首を傾げながらもマイクを両手でぐるぐる回す。
 
 するとどうだろう!!ちゃんとエフェクトがかかっているではないか!!
プレイバックしたNGとミッキーは狂喜乱舞した。まだ極秘音源なのでここでお聴かせできないのが残念だが、エフェクトの音は「シュワー」というより「フワーイィーン」というソフトメタリックな響き。
マジメな話をすると、二本のマイクの距離が変化することで音の位相がずれてエフェクト効果が得られるのですね。
だいたいエフェクト効果を擬音で表すあたりがこのブログの雑な雰囲気を代表している。

 この効果の名称もフランジャーなのかフェイザーなのかコーラスなのかよくわかっていない。位相は英語でフェイズだからフェイザーなのか?
この三つの違いはかかり具合なのか?だれか教えて。
 
 さて、NGの手伝いをする羽目になったミッキーことGentle&Sequenceの新CD「DDD ep」が発売になった模様なのでここにお知らせします。


undefined


NGがいろいろ手伝ったようだが、ミッキーの気合いと気迫が籠もった豪華DVD型トールパッケージCDなのでぜひ現物を買うことをお勧めします。ダウンロードのデータ版も買えるようだよ。
要チェックやで!

http://gentlog.jugem.jp/?eid=289 http://gentlog.jugem.jp/?eid=289

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

遺失物問い合わせ2012

30日、日曜日。
失せモノは沢山あるが、全日時間労働。
昼休みに携帯電話の代替機を借りにいくが、変な店員の奇妙対応を受ける。
 
 
「おー客様ーーー!!!!
 どうぅいった!?ご用件でしょうかぁああああ???!!!」
 
 
「携帯電話をなくしてしまって、代替機をお借りしたいんです。」
  
 
「ケータイをなくされたぁああ?!!それは大変だァ!!今すぐなんとかしなきゃああ!!
お客様と同じ機種の代替機はご用意できませんが!!他の機種でしたらすぐご用意できます!」
 
 
「他の機種でかまわないですよ。」
 
 
「いや、待ぁってください!お客様ぁぁ!」
ガサゴソガサゴソ。
「おーー客様ぁぁ!!!あーりましたー!!!こちらはお客様のなくした機種と色違いのおーんなじ機種でぇす!」
 
「ああ。よかったです。」
 
「ところが電池がカラッカラだぁ!!!少しばかり!お待ちください!!!」
 
しばし無言の二人。
 
 
「おー客様ぁぁからみて、この機種の良い点などをお聞かせ願えますかぁぁーー???」
 
 
「え?ああ、頑丈なのはいいですね。落としても壊れないし。」
 
 
「そぉーいったお仕事をされているぅー???」
 
 
「いや、仕事は関係ないです。」
 
 
「さあさ!僕なんかと話していても時間の無駄ですよぉ!!
あちらのソファーで待っててください!さぁはやく!!」
 
 
「あ、そうですか?じゃああっちで待ってます。」
 
それからソファーの待合い席で待っていたが、待てど暮らせど完了の知らせはない。
 
「大丈夫ですか?代替機の手続きできましたか?」と聞いても
 
 
「大丈夫でぇす!!!」
の一点張り。
 
 さらに待った後、店員は悔しそうな顔で報告してきた。
 
「おー客様ぁぁ!!!
このケータイ電話は充電が完了しないとデータ移行が出来ないようです!!!
わたしも!たったさっき!!!知りましたぁぁぁ!!!」
 
 
店員さんはとても悔しそうだった。
 
 
「じゃあ僕は仕事が始まってしまいますので行きますね。明日までに代替機を用意しておいてください」
 
と言って携帯ショップを出た。
 
変な店員さんだったなあ。

 
夜は台風がやってきた。

 社員が突然労働争議的にストライキして明日のランチ営業が中止になる。
別に台風とは関係ないのだ。
 
 携帯電話のない夜。不謹慎を承知で言うなら、いい気分だ。誰に呼び出される必要もなく呼び出す必要もない。確かにいい気分だ。現実に今見て触れている事象以外に、遠くの時空間のことを考えたり心配したりする必要がないのは痛快であった。
 
 人は全人類と会って話したり、商売したりできるわけではないのだから、架空の時間軸とビジネスするよりも、もう少し目の前のことに真剣に取り組んだほうがいい。
 台風の風で植木や看板や傘がビュンビュン飛ばされ、都市はほんの少し機能停止している。明日の時間労働はなくなった。誰かに電話をかけることもできないし、メールでも連絡することはできない。
風がビュンビュン吹いてる中をおれは駅からノンビリ歩いて帰った。
  
      ★
 
10月1日月曜日。
 こないだまで8月だった気がするが、もう10月である。恐ろしい。
 ランチ営業がストライキにより中止になり、時間労働がなくなった私は失せモノを求めて都内を駆け回った。
 公衆電話から東京メトロの忘れ物センターに連絡するが、電話に出ない。携帯電話が無いと失せモノを探すのに不便だ。
 とりあえず神保町に出て昨日の携帯電話ショップでやっと代替機を借りる。昨日応対した奇妙な店員は居なかった。
 かわりに変なおじさんが謎の頼みをショップ店員たちにふっかけていた。聞こえてきたところによると領収書を二重に発行して両方にハンコを押せという。
 
「それはできません。」
 
と店員が言うと、変なおじさんは奇声をあげた。
 
「どぉーおーしてえーー!!!!できないのーーーー!!!前はやってくれたでしょーーー!!!」
 
 
「それは前に応対した者の認識が誤っていたのです。本来二重に発行することはできません。」
 
 
「なーーんーでーー!!!できないのーーーー!!!」
 
 
「なんでと言われましても、、、」
 
 
「おまえの!おまえの!おまえの!お母さんに聞いてみろ!!!!!!!」
 
 
 店員さんたちは大弱りだった。おれはもうすこしことの成り行きを見ていたかったが、ディナーは営業することが決まっていたので、代替機を借りたらすぐ店を出てしまった。
「お母さんに聞いてみろ」と言われたらおれだったらどうするだろう。まあ困るだろうな。
神保町は変な人が多い。
 
      ∑
  
 神保町の駅員に東京メトロ全線の遺失物届けを調べてもらったがおれの失せモノはなかった。三軒茶屋の居酒屋まで行ったが、失せモノはなかった。東急線はメトロと管轄が変わると言われたので田園都市にも聞いたがない。
 もう一度神保町に戻る途中、渋谷で駅員さんに聞いてみると駅構内で29日早朝におれの失せモノと似たような特徴のモノがあったという。
 
それだ!
 
 聞けば、上野にある東京メトロの忘れ物センターに届けられたという。最初に公衆電話から電話して出なかったところだ。
 そこでタイムアップ。ランチを営業しなかったので、ディナーはおれが店を開けなけりゃならなかった。
 
 携帯電話の代替機で上野の忘れ物センターに電話したらおれのモノだと確認がとれた。明日取りに行こう。
 
      ∽
  
 ディナーではピザ・マルゲリータばかり作った。面子は昨日と同じ面子。Oとかだ。Oの作ってる店はコンクリートも自分らで打って、そろそろ配電盤などの設置作業にかかるという。
去年のこのくらいの月には大学のジャズ研究会で模擬店を作る準備をしていたような気がする。
今年は友人が実際に営業するホンモノ(??)の店を作っている。
奇妙な気分でどこまでが現実でどこまでが妄想だかよくわからない。
 
 だけど全部現実だった。
 
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

極東キラークイーン

29日土曜日、朝目が覚めたら西所沢にいた。

 

何故だ。
朦朧として上り電車に乗り換えた。
 

      ∩
 

もう一度目を覚ましたのは8時頃。今度は狭山にいた。

 

気づくと、財布とギター以外の荷物がない。

 

ワオ!

 

今年に入ってもう三度目である。

 

あまりに良いライブイベントがあると完全に前後不覚になるまで飲み過ぎ、翌日色んなものを喪うのだった。
HOMMヨのイベントの時もそうだった。うれしくなり過ぎて飲み過ぎてしまうのだ。

 

何はともあれギターと財布はあるし、今夜もまたライブだし、あまりにも疲れているので色々な手続きは全部後回しにして家に帰って寝た。

 

       ∩
 

 午後になって目を覚まし荻窪のちゃぶ久へ。入り時間にはだいぶ早いが到着。顔見知りの常連さんがいた。この人はいつもパンキッシュなアドバイスをおれにくれる。

「おまえなんかダメだ!ミュージシャンやれるか!やせろ!」と言われる。

この日のおれは鏡を見ると飲みすぎでパンパンに顔が膨れ上がっていた。さもありなん。

ウィリアムさんも到着。

「ナカジ、どうしたの?顔がアンパンマンみたいになってるよ」と言われる。

飲みすぎはあかんで。

 

      ∮
 

 ライブは満員御礼。たいへんありがたいことです。

チャーリーウィリアムスは20曲くらいやってくれた。ある意味ファストコアバンドだ。

トカゲ終わり。トカゲは名曲。チャーリーさんの書く曲はみんな名曲だけども。

 

zampanoのセットリストはこちら。
 

1 Parttime Lover

2 ウェルカム上海

3 ルル

4 easy & easy

5 Killer Queen

6 金毘羅船々

7 松前口説

8 ジャックスウィング
 

その後、zampanoとチャーリーウィリアムスの合体バンドで
 

1 地獄巡り

2 眠りの砂

 

をやった。
この日のハイライトは松前口説のつもりであったが、やはりなんだかんだでクイーンのキラークイーンのカバーであった。

4人のメンバーとスタジオワークで物凄い豪華サウンドを奏でる本家クイーンに比べると、極東ドサ廻りアコースティックデュオzampanoが2人で、しかもアコースティックでキラークイーンをカバーするとなんちうか物凄い貧乏になった感じがあってそれが逆に良かったのかな?
とにかく演奏には気合いを要する曲だ。キラークイーンはいつかやりたかったのだ。

 
 ギグがハネたあと、馨子とワカメ(お客さんできてくれた)と近くのバーに行った。

 馨子が「このザンパノみたいな名前のお酒飲みたい!」と言ったのでチンザノロッソで乾杯した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全焼ライブ

28日、金曜日。三軒茶屋HEAVEN'S DOORにて驢馬のギグ。

 

リハーサル後、壺くんと福井くんとモスバーガーのテラス席で打ち合わせをする。

 

地価が高く狭くなりがちな日本首都東京でテラス席をありがたがるのはどこの駄馬かと思いきや、パソコンの電源が欲しいからと言ってテラス席を選ぶ我々驢馬であった。

テラス席でパソコン開いていると田園都市感があってかなりアーバン。途中、隣の席に女連れのホストギャング社長風の兄ちゃんが座ってさらに雰囲気はアーバンになった。モスバーガー三軒茶屋。

★9/28(金) 驢馬@三軒茶屋HEAVEN'S DOOR 【妄想ハイキングvol.7】 殺し屋ベイ ビー/ easy bluezys / yasumidu / 驢馬/ 南 謙一(KEN SOUTH ROCK) 前売\2,000 当日\2,300 open/start 18:30/19:00 HEAVEN'S DOOR tel:03 -3410-9581 http://www.geocities.jp/xxxheavensdoorxxx/〒154 -0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-33-19 ケイオーハロービルB1F ______________________________________

 

ライブは絶好調。
 まず、一番手の南さん(ケンサウスロック)がホントに素晴らしかった。

 ライブの途中、呼び出され小出マジックがドラムを叩いた。ブチ上がる一同。激だわ。

 

驢馬のセットリストはこちら。

 

1 茄子

2 農薬ファンク

3 腑

4 B型原理主義

5 恥知らず

6 ダメージ

7 殺意

 

 

最後のバンドは殺し屋ベイビー。小出くんは本日三度目の出演。ブチ上がった。激。

殺し屋ベイビーのライブ全力で見た。本当に圧巻。このブログで殺し屋の音楽を

「豊饒過ぎた音楽をもぎ取って素足で潰してワインを醸造してしまった感じ」と書いたが、この日のライブは

素足で踏み潰し醸造した音楽を煮込んでソースをつくり、屠殺した若牛を炭火で焼いてその上に煮込んだ音楽をぶちまけて食卓に出したら総てが蘇って暴れだし、なにもかもがひっくり返り、皿は割れ、テーブルクロスはベトベトになり、燭台の火はクロスにカーテンに燃え移り、城を全焼にしたようなライブだった。

 

なにがなんだかわからないがそういうことだ。

 

そしておれは打ち上げでどうやら飲み過ぎたようだ。
この後の顛末はまた明日。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »