« バリ男 | トップページ | ジャイブ辞典とホームメイド生ゴミ感覚 »

2012年9月17日 (月)

ダリ状のピザと根性焼き

9月16日、日曜日。
 
 世間では三連休らしいが、無戒殺風ミュージシャンを目指し修行中の自由労働者であるNGの人生には一切関係ない。ゴロ寝してゲーム、テレビ三昧することなく修行に励むのだ。
 ところが普段からおれはゲームなどしないのだ。テレビも見ないし。
 
 先週から突如として走り込みを始めたNGだが、全日労働があろうとなかろうと走り続けるぞ。
 
 走り始めてから、普段から気になっていた肩の痛みや、腰の痛み、首の痛みが消えた。ふふふ。ざまあ。どんどん身体が生き返ってくる感覚。
 局部的な痛みは消えたが、そのかわりと言ってはなんだが、身体全身がくまなく痛い。ふふふ。ざまあ。
 人間、二カ所以上の痛みを脳は感知できないと言う。その理論で言うと、おれはもはや身体の痛みをまったく感じていない状態に近い。それくらい全身の色んな部位が痛いのであった。
 
 バイトに行ったら朝からピザの釜で腕を焼くという失態を演じた。もう根性は入れたくない。
 
 夜は浅草橋のOと働いていた。したらO澤さんやK島くんが店に来てくれた。NGは張り切ってピザを焼いたが、想いが籠もりすぎてピザがダリの溶ける時計状というか、ようするにピザは楕円になってしまた。

とりあえず湿度と屈折率のせいにした。
 
この日一番うまく作れたのは付け合わせのクルトンだった。


|

« バリ男 | トップページ | ジャイブ辞典とホームメイド生ゴミ感覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/47107778

この記事へのトラックバック一覧です: ダリ状のピザと根性焼き:

« バリ男 | トップページ | ジャイブ辞典とホームメイド生ゴミ感覚 »