« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年5月17日 (木)

五月の驢馬のライブ予定

★5/20(日) 驢馬@高円寺Missions 5th Anniversary
 
 ampcherwar / 否[i-na] / NIGERUNA / Very Ape / ザ・魂ズ / dob / 驢馬 /
 
OPEN 18:00 START 18:30 
\2000
(二週間通し券、5/14〜27まで入場可能。詳しくは http://www.live-missions.com/index2/2index.html
 
〒166-0003 
東京都杉並区高円寺南4-52-1 Tel:03-5888-5605 Fax:03-5888-5606
 
■JR高円寺駅より■ 
改札を出て北口へ ↓ 
北口を出て右手、交番、東急ストアの前を通り、 中央線高架下を新宿方面へ ↓ 
高架線沿いを新宿方面へ直進。 ファミリーマート、酒屋カクヤス前を通り過ぎた右手、 中央線高架下にあります。(JR駅より約300メートルです。)
 

 
 
★5/22(火)驢馬@下北沢basement bar
Beat Happening!〜R&R課外教室!〜
 
ミートザホープス/ チョンマゲブラザーズ/ ベロドラマ/ 驢馬
 
●OPEN 19:00 / START 19:30 ●ADV 2000 / DOOR 2300 (+1D) ●高校生以下の方は¥1000(プレイガイドでご購入は¥500)ディスカウント。必ず学生証をご提示下さい。 ●Beat Happening! 
 
下北沢駅南口から南口商店街を経て、茶沢通りを道なりに直進。代沢三叉路を過ぎ、 そのまま三軒茶屋方面に進んで下さい。右側にピンクの看板で「酒」が目印。 [酒のカクヤス]ビルの地下になります。BASEMENT BAR と THREE は同ビルの同フロアーです。
 
住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-18-1 カラバッシュビルB1F TEL:03-5481-6366(16:00〜) FAX:03-5204-9120 E-mail:basement@toos.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

サンピング

また明日といって全然更新できなかったが、また明後日。などと言っては語呂が悪いから、また明日。でやはりいいのだなどと思っていたら瞬く間に時が経った。

奈良君の赤裸々なブログを紹介したら、会っていなかった旧友たちが喜んでくれたようで嬉しい。


でも、やはり当たり前のことだけど、仮想世界のリアクションよりも、現実世界で会いに来てくれる友人がいると本当に嬉しい。

ライブハウスで再会する以外にも、最近では私のバイト先である神保町のレストランに友人が客として来てくれることが続いた。ありがたい。

このブログでも紹介しているフリージャズバンドOMJQのピアニスト、W嬢がディナーに来てくれた。

ちょうどキッチンで初めて前菜を教わっていた時だったので、初めて作った前菜料理を食べてもらえた。


W嬢と同じ大学の先輩である某ピアニストNもランチに来てくれた。名前は伏せておく。激な人だ。

某先輩はおれの休憩時間まで神保町で待ってくれたので、一緒にレコード屋や楽器屋、老舗の喫茶店ラドリオで珈琲飲んだり、神保町散歩した。
しまいには明治大学で在りし学生時代を振り返ったりした。

おれも某先輩も明大とはなんの関係もないのだが。
ちなみに某先輩もおれも、学生を卒業してからたいして時間経てるわけでもないのだ。

じゃあ何をしてたかというと、単にサンピングしてブチ上がっていたという話。


というもはや赤裸々でもなんでもない、世の中の流れや世間の動向とはなんら関係ない話を書いてみた。

 
 
 
 
 

 
どや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

赤裸々は難しい

さて、赤裸々に毎日を綴ろうと決心したNGであったが、赤裸々に語るのは難しいものだ。

 赤裸々には、奈良君のような淡々と語っていくスタイルが合っている。自分はいかにも装飾過多、演出過剰に語ってしまいがちなのでここは反省。
 
 今日からまたゴールデンウィーク的なものは終わってバイトである。
世間的には昨日が仕事始めだったようだが、
NGは現在驢馬のレコーディングに難航しているのと、
「バイトなんだからいつだって休めるんだからな!!ナメンナヨナ!」ということを自分自信の意識、及び社員や資本家たちに再認識させるためだけに余計にもう一日休んでみた。
 
ツイターなどで会社員や学生のみなさんが「今日から仕事(or学校)か、、」と憂鬱になっているのを見てムフフと笑いを漏らしたりしていた。
「フハハ!私は今日も休み!それどころかその気になれば永遠に夏休みなのだ!パーマネントバケーション!!まいったか!」

などとは言ったりしてないけど。

で、そんなこと言ってる場合ではないと焦ってレコーディングをしに近所のスタジオに行った来た。

驢馬のリーダーの壺ジャジーラ総統は香川で農作物を収穫する季節労働者に扮して、作曲に励み、われわれに電子メールで新曲などを送ってくるのであった。田んぼの田とかいてデン!である。
田!田!田!

農薬を使わずに作ったオーガニックファンクなどには一生興味がないんじゃ

とは壺ジャジーラの言である。

また明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良のこと。(不明注意)

 奈良くんのブログを読んでたら面白かった。

奈良とは、僕が高校の頃に出会い、はじめてバンドを組み、モンスター幼稚園までの時代にともにバンドをやったドラマーである。

モンスター幼稚園(このブログを読むようなDOPEなファンには不必要かもしれないが一応紹介しておきます。)

モンスター幼稚園とは http://ng-vanvan.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_b276.html  (読まなくていいです)
音源 http://www.myspace.com/mkddd
ラジオ http://www.voiceblog.jp/mkddd/

 

まあモンスター幼稚園のことは置いておいて、奈良くんのブログである。
http://paulcustom.jugem.jp/

奈良くんのブログが面白かったということが私NGにとっては衝撃であった。

何故衝撃だったか。奈良くんはやることなすことツマラナイということで定評と安定感があるのだ。なのに面白い。これはどういうことだろうか。

なにが面白かったかと言うとこの記事である。

http://paulcustom.jugem.jp/?eid=252

このブログに描かれているのは大人になって仕事で悩み、人間関係で悩む奈良くんが成長してゆく姿である。

しかも、こんな忙しそうなのに、こいつは何故か月1でライブやるバンドやってる!!

ブログには淡々と練習が楽しみだとか、宅録するぞーとか、マイペースなやる気と更新を続けていることをおれは昨日知った。

ちなみに奈良くんと5年くらいバンドやったけれども、こんなにやる気ある奈良を見たことがありません

モンスター幼稚園のときも、告知はしない客も呼ばない、レコーディングも嫌々。ミーティング時はウンザリ顔でふて寝。新しい機材買って試してみても使いこなさないうちに飽きてあげちゃう。(ちなみに私が打ちこみやサンプリングに使っているエレクトライブは奈良くんのです。)

バンドの大事な局面でも何かにつけて「おれ課題あるから」「おれゼミあるから」「おれ就活あるから」「おれ彼女いるから」
とか意味分からん理由と言い訳をつけてどこかに行ってしまっていたやる気ゼロの奈良くんが社会人になってこんなにバンドにやる気出すとは!
お父さん嬉しい!!!

やる気はもとより、奈良くんの表現欲求にも、とてもリアルなものを感じます。

「上司が嫌だ」
「人が嫌いだ」
「お腹いっぱい美味しいものを食べたい」
「酒飲みたい」
「セックスしたい」
「寝たい」

というようなことを赤裸々にブログにつづっています。(さすがセックス担当!!!)

くだらないと思われるかもしれませんが、これが何よりもリアル!!!

僕は奈良くんのことをよく存じ上げておりますが彼はこういう人間の基本的欲求を大事に大事に生きている男なのです。
奈良にとってのリアルなのです。

少なくとも学生時代の「~~があるから」という言い訳よりもリアルな自分の表現欲求が彼をバンドに向かわせたのでしょう。

何故バンドっだたのか???それは運命というよりないでしょうね

赤裸々な現実と、ギリギリの瀬戸際の見栄っ張り感が人を惹きつけ、オモローな感慨にさせてしまうのではないか。

夜中に何を書いてるのかあまりよく分かってないが、僕も奈良くんに負けてられない。

もっとブログを書かなきゃと思いました。

僕の好きだった奈良くんの記事ベスト3

http://paulcustom.jugem.jp/?month=201112
奈良くんの2011年赤裸々振り返り!!現実には何があったかとっても気になります

http://paulcustom.jugem.jp/?eid=266
モンスター幼稚園生にはGentle&Sequence、紅旗ガガーリン、ンジチャオくん、NGと、4人もトラックメイカー/ヒップホップ狂がいたにも関わらず、奈良くんは完全スル―でまるで興味なし!!いまさら入門書でヒップホップに啓蒙されるという見事さ!!
「おまえいいかげんにしろよボケ!!」と言いたくなりますが、そんな奈良くんが好きです本気です。書評は惜しい!バブルとはニアミスで、ヒップホップがヤンキーに根付いたのは90年代後半なので、ヒップホップとオラオラ系とは今でこそ混ざってるけど、別の文脈だと思うよ。

http://paulcustom.jugem.jp/?page=1&month=201107
以外にもグッと来たのがこの記事でした。奈良くん、学生時代は時間があったというけど、僕らが死ぬほど宅録でレコーディングしてた頃、きみは複数の女性を落とすことに夢中だったのであんまり時間がなさそうだったよ。でも、こんなにやる気のある奈良くん見れて僕嬉しかったんだ。本当だよ。

というわけで、奈良くんと関係ない人々には意味不明な記事でありました。おれもブログがんばって更新するぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »