« ポロロッカ! | トップページ | 一揆も起こせぬ犬畜生 »

2011年12月15日 (木)

タップダンスとギターの即興

388420_129457943834437_1000031069_2

 月曜にタップダンスとギターの即興ライブをやりました。蔵前ジャックにて。

ナナさんというジャックで働いてたバーテンドレス(女性のバーテンはバーテンドレスていうらしい。昨今の男女平等的wackな呼び方ならバーテンパーソンかな?)と、NGの必殺ItariaMondrialCrassicちう変態エレキギターでのインプロヴィゼーション。

 ナナさん(tap)とは浅草Kurawoodジャック7周年ライブでも福井(per)とナベさん(upright bass)とNG(gt)でセッションいたした
321165_103826503064248_1000031069_3    
left→right  NG(gt), 鍋さん(ba), ナナ(tap), 福井(per) @浅草Kurawood

 バーテンドレス・ナナさんは11月でジャックをご卒業なすったので、月曜にやったライブはジャック引退記念セッションでした。
(バーテンドレスがバーテン辞めたらドレスになるのかな??)

 ジャックでやると大体1stセットから波乱万丈のライブになるのだが、
 この日もなんつうか、お客さんの感想が凄まじく(ここには書きますまい)、一時はどうなるかと思ったが、まあなんとか2ndステージでは納得というか満足していただけたようだ。1stを観ていただいたお客さまがたには申しわけないが、まあそうなっちゃったんだからしょうがない。なるようにしかならんのであった。

 とにかく私としてはタップダンスの勉強が足らないと思った。
まず第一にタップダンスがどういう音楽を使って踊るかを知らない私であった。
浅草Kurawoodでのジャック7周年ライブの時はまあワカラナイなりに音楽勢を固めていったのだが、もはやタップとやる二回目のライブだとゆうのにノホホンとして自分のフリーインプロギターの練習しか用意してなかったけんねえ、そらあかんわ

なのでたまにはちいと反省してタップダンスのことを色々調べてみた。

吾輩NGの根本発想として、
「古典以外に参照すべきものはない、新しくなればなるほどよくない、古典を作りだした人の発想にその後の発展の総てが内包されている」
という偏見があるので、とにかく古典を調べてみた。







 

はい。これはジャズですね。

しかも私が最近聴き漁っているスウィングジャズでござるな。

なんだあ。

よくよく考えてみればマイルス・デイヴィスの自伝にも
「ハーレムでタップが流行っていて、フレッドアステアより上手いようなタップダンサーが路地裏でコカインやりながらタップダンス勝負してた」とかいうような内容のエピソードが出てきたのを思い出した。

 ジャックでタップとセッションしていたときも結局はジャズ的な語彙に落ち着いちゃたのであったが、あながち外れでもなかったようだ。(しかし気付くのが今さらすぎるな)

 ならばジャズから派生したフリー・ジャズやインプロをタップと掛け合わせるのもごくごく自然な流れな気がしてきた。

というかスウィングをベースにして超illかつダーティなスウィングから無調ソロとかとりながらタップもフリーテンポにしていったら面白そう。

とか思ってたらそんな雰囲気のバンド見つけた(無調にはならんけど)


 

思いついたことはたいてい誰かがやってる夜の中ではあるなあ。(まあ吾輩のアイデアの凡庸ゆえよ)
ヴォーカルがタップやってそうな雰囲気だけど気のせいかな???

しかしこのニュアンスをよりインプロヴァイズしてダンスとやったら面白い気がする。

でも我々のライブは既に終わった後なのであった

なんという怠慢!堕落!NG!!

今度試してみよっと。

 

せっかくだからkurawood ライブの時の写真もうちょい上げます

297460_103822826397949_100003106964

312029_103821543064744_100003106964

ナナさんと、なにか敬虔な雰囲気の福井くん。福井君はパーカッションが上手いのだ

 

383281_103822956397936_100003106964  

314461_103826629730902_1000031069_2

この写真好きだなあ。鍋さん。黙ってるとかっこいい。(ていうかこのバンドの男三人は普段いらんこと喋りすぎな気がした。黙って演奏してればよかった。)
 

(撮影は小澤さん。ありがとうございます)

 

|

« ポロロッカ! | トップページ | 一揆も起こせぬ犬畜生 »

JD's style」カテゴリの記事

live report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/43382112

この記事へのトラックバック一覧です: タップダンスとギターの即興:

« ポロロッカ! | トップページ | 一揆も起こせぬ犬畜生 »