« 夏の思ひで | トップページ | JAZZARTせんがわ2011二日目 »

2011年9月 9日 (金)

今ここで生まれつつある音 JAZZARTせんがわ2011一日レポート

【9日(金)】

17:20-

《アートパレード》

18:00-18:30

《オープニングセレモニー 演奏:恥骨》

19:00-19:40

《白石かずこ(詩)、井野信義(b)、巻上公一(theremin)》

20:30-21:20

《細江英公(写真映像)、梅津和時 (sax)、藤原清登(b)、吉田隆 一(B-sax)、大野慶人(舞踏)》

 
 今年も一日目手伝ってきました。
ジャズ屏風部隊も少しだけ演奏しましたよ。
 
 JAZZARTせんがわではバリッバリの即興演奏が繰り広げられるわけだが、
メイン会場のライブを観ながら、なんつうか「いま、この瞬間に生まれつつある音」ということを考えた。
別に考えていたわけではなく、単に思った。
即興というと、音楽のルール的な話を持ち出して、対立させるような議論を持ち出す輩がいるけれど、

たとえば「決まり事がないなんて嘘だ!無理だ!詐欺だ!」とか、「完全な即興なんて存在しない!」とか「メロディーもリズムも無いなんて聴けない!」とか「ノイズじゃないか!」とか。
(今日びそんなこと言うやついないか?)

ジャズアートせんがわで行われている即興演奏は別に何かの概念と対立しているわけではない。

例えば完全に即興演奏ではないかもしれない。緩やかな決まり事はあるかもしれない。
それぞれの得意とするクリシェを繰り出しているかもしれない。
作曲という概念とも対立しない。即興的に作曲しているとも考えられる。
ある瞬間に聞き慣れたメロディーや、ある一定のリズムパターンが提示されるかもしれない。
厳密にはノイズという音楽ジャンルに当てはまる演奏は多くない。ある聴衆からすれば相対的な意味で騒音(ノイズ)であるかもしれない。
(つまらない話をすればフリージャズとノイズという音楽ジャンルを混同している人は多い。)

ジャズアートの出演者は、そういったような意味論や概念的な「即興」や「音楽とは?」といったような議論にはあまり興味がないようだ。

(少なくともそういった二項対立的な議論を超越したところで演奏しているように見えた)

毎年イベントの始めに行われる狂騒的なパレード(仮装して奇声をあげ、演奏しながら駅前や商店街を練り歩く)のあと、プロデューサーの巻上さんの挨拶があった。
 
「あんな意味不明なパレードをして、何の意味があるか?と言われれば、意味なんて無いんです。
なんの意味もないところにものすごいエネルギーがある。
即興ばかりしてあの人たち人生も即興で大丈夫なのかな?と思われるかもしれませんが・・・(笑)」
 
正確な言葉は違ったかもしれないが、こんなような意味のことを言っていた。
 
私は最近あんまりフリーインプロをやっていない、かなりワックな即興演奏家だが、フリージャズの原型はやはりブルースから来ているという強引な論理で即興演奏に参加している。
そして私が即興演奏するときが、アコースティックギターに、スライドバーというかなりピュアなブルースギタリストのスタイルで演奏している。

まあ意味的なことはさておいて、渦巻くエネルギーを目撃しに来てくれたら嬉しいです。
明日もやってます。

一日目は白石かずこさんと井野信義さん(b)、巻上公一さん(theremin)のあんまり打ち合わせていないような詩の朗読と演奏が圧巻であった。
テルミンめちゃよかったなあ
 
細江英公(写真映像)、梅津和時 (sax)、藤原清登(b)、吉田隆 一(B-sax)、大野慶人(舞踏)セットもすごかった。
今の若い人は舞踏とか細江英公とか言っても知らないんだろうなあ
(おれもそんな年ではないが)
 
このセットもすごかった。あんまり説明するのは野暮だけど、スクリーンに投影された細江英公大先生の写真!

そしてなにより私は吉田隆一さん大ファンです。またサインもらっちゃった。
立ってるだけでもカッコいい。出音も最強にカッコいい。

吉田さんは明日ジャズ屏風に来てくれるらしい。一年前はボコボコにされたNGだが、明日は善戦できるよう気合い入れてがんばります。

JAZZ ARTせんがわ2011 スケ ジュール
*チケット好評発売中です  http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/05849.html

 

【10日(土)】

11:00-11:40

《こどものためのこえあそび/蜂谷真紀 (vo) ロケットマツ(key) 石川浩司(perc)》

12:30-13:10

《秘宝感(斉藤良(ds), 纐纈雅代(as), スガダイロー(p),佐藤えりか(b),熱海宝子(秘),石井千鶴(鼓)》

14:00-14:40

《KAZE (Christian Pruvost (tp) 田村夏樹(tp) 藤井郷子(p) PeterOrins(ds))》

15:30-17:00

《自由即興①》

17:40-18:20

《藤原清登Jump Monk Bass BandSpecial (Jump Monk BBS)(藤原清登(b)、栗山雄暉(tp)、宮木謙介(b-sax)、廣瀬真理子(g)、伊藤一樹(g)、松山修(ds)、遠藤定(b)、柿本論理(b)、鈴木元(b)、加藤久志(b))》

19:10-19:50

《酒井俊(vo)、石橋英子(vo/etc)、山本達久(ds)、坂本弘道(vc)》

20:30-21:10

《ヒカシュー(巻上公一(vo,cor.)、三田超人(g)、坂出雅海(b)、清水一登(p/bcl)、佐藤正治(ds))with 藤原大輔(t-sax)》

|

« 夏の思ひで | トップページ | JAZZARTせんがわ2011二日目 »

JAZZARTせんがわ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/41600605

この記事へのトラックバック一覧です: 今ここで生まれつつある音 JAZZARTせんがわ2011一日レポート:

« 夏の思ひで | トップページ | JAZZARTせんがわ2011二日目 »