« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月11日 (日)

悪魔★CREW 新曲リミックスリリース!

ぜんぜんジャズアートせんがわ2011とは関係ない「ひばりが丘を支配するデビルマン」達の新曲リミックスがとどきましたのでアップします。

悪魔クルーの「心にピース、頭はパー」リミックス。 Akumacrew   Brain of PAR /悪魔☆彡CREW(remix by NGBEELZEBUB) by NGBarbaroi

過去のあの名曲も併せてお聞きください

  AkumaCrew theme of APOCARIPS (remix by NGbeelzebub) by NGBarbaroi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAZZARTせんがわ2011二日目

 今日も二日目ジャズアートでした。ジャズ屏風部隊は街に繰り出して、駅前や商店街で波乱万丈セッション。
もう疲れたけど明日もあるけど、とりあえず動画をアップしてお茶を濁そうと思います。
 友人のキーコに演奏中再会するという嬉しいハプニングもあった。
吉田さんが女子高生にキムタクと呼ばれていた。
もう何も説明できません・・・


 

すげえ楽しかった

明日も精いっぱいぶちかましてきます!

カフェブリコラージュアカウントからちょこちょこライブ中継しています

http://twitcasting.tv/cafebricolage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

今ここで生まれつつある音 JAZZARTせんがわ2011一日レポート

【9日(金)】

17:20-

《アートパレード》

18:00-18:30

《オープニングセレモニー 演奏:恥骨》

19:00-19:40

《白石かずこ(詩)、井野信義(b)、巻上公一(theremin)》

20:30-21:20

《細江英公(写真映像)、梅津和時 (sax)、藤原清登(b)、吉田隆 一(B-sax)、大野慶人(舞踏)》

 
 今年も一日目手伝ってきました。
ジャズ屏風部隊も少しだけ演奏しましたよ。
 
 JAZZARTせんがわではバリッバリの即興演奏が繰り広げられるわけだが、
メイン会場のライブを観ながら、なんつうか「いま、この瞬間に生まれつつある音」ということを考えた。
別に考えていたわけではなく、単に思った。
即興というと、音楽のルール的な話を持ち出して、対立させるような議論を持ち出す輩がいるけれど、

たとえば「決まり事がないなんて嘘だ!無理だ!詐欺だ!」とか、「完全な即興なんて存在しない!」とか「メロディーもリズムも無いなんて聴けない!」とか「ノイズじゃないか!」とか。
(今日びそんなこと言うやついないか?)

ジャズアートせんがわで行われている即興演奏は別に何かの概念と対立しているわけではない。

例えば完全に即興演奏ではないかもしれない。緩やかな決まり事はあるかもしれない。
それぞれの得意とするクリシェを繰り出しているかもしれない。
作曲という概念とも対立しない。即興的に作曲しているとも考えられる。
ある瞬間に聞き慣れたメロディーや、ある一定のリズムパターンが提示されるかもしれない。
厳密にはノイズという音楽ジャンルに当てはまる演奏は多くない。ある聴衆からすれば相対的な意味で騒音(ノイズ)であるかもしれない。
(つまらない話をすればフリージャズとノイズという音楽ジャンルを混同している人は多い。)

ジャズアートの出演者は、そういったような意味論や概念的な「即興」や「音楽とは?」といったような議論にはあまり興味がないようだ。

(少なくともそういった二項対立的な議論を超越したところで演奏しているように見えた)

毎年イベントの始めに行われる狂騒的なパレード(仮装して奇声をあげ、演奏しながら駅前や商店街を練り歩く)のあと、プロデューサーの巻上さんの挨拶があった。
 
「あんな意味不明なパレードをして、何の意味があるか?と言われれば、意味なんて無いんです。
なんの意味もないところにものすごいエネルギーがある。
即興ばかりしてあの人たち人生も即興で大丈夫なのかな?と思われるかもしれませんが・・・(笑)」
 
正確な言葉は違ったかもしれないが、こんなような意味のことを言っていた。
 
私は最近あんまりフリーインプロをやっていない、かなりワックな即興演奏家だが、フリージャズの原型はやはりブルースから来ているという強引な論理で即興演奏に参加している。
そして私が即興演奏するときが、アコースティックギターに、スライドバーというかなりピュアなブルースギタリストのスタイルで演奏している。

まあ意味的なことはさておいて、渦巻くエネルギーを目撃しに来てくれたら嬉しいです。
明日もやってます。

一日目は白石かずこさんと井野信義さん(b)、巻上公一さん(theremin)のあんまり打ち合わせていないような詩の朗読と演奏が圧巻であった。
テルミンめちゃよかったなあ
 
細江英公(写真映像)、梅津和時 (sax)、藤原清登(b)、吉田隆 一(B-sax)、大野慶人(舞踏)セットもすごかった。
今の若い人は舞踏とか細江英公とか言っても知らないんだろうなあ
(おれもそんな年ではないが)
 
このセットもすごかった。あんまり説明するのは野暮だけど、スクリーンに投影された細江英公大先生の写真!

そしてなにより私は吉田隆一さん大ファンです。またサインもらっちゃった。
立ってるだけでもカッコいい。出音も最強にカッコいい。

吉田さんは明日ジャズ屏風に来てくれるらしい。一年前はボコボコにされたNGだが、明日は善戦できるよう気合い入れてがんばります。

JAZZ ARTせんがわ2011 スケ ジュール
*チケット好評発売中です  http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/05849.html

 

【10日(土)】

11:00-11:40

《こどものためのこえあそび/蜂谷真紀 (vo) ロケットマツ(key) 石川浩司(perc)》

12:30-13:10

《秘宝感(斉藤良(ds), 纐纈雅代(as), スガダイロー(p),佐藤えりか(b),熱海宝子(秘),石井千鶴(鼓)》

14:00-14:40

《KAZE (Christian Pruvost (tp) 田村夏樹(tp) 藤井郷子(p) PeterOrins(ds))》

15:30-17:00

《自由即興①》

17:40-18:20

《藤原清登Jump Monk Bass BandSpecial (Jump Monk BBS)(藤原清登(b)、栗山雄暉(tp)、宮木謙介(b-sax)、廣瀬真理子(g)、伊藤一樹(g)、松山修(ds)、遠藤定(b)、柿本論理(b)、鈴木元(b)、加藤久志(b))》

19:10-19:50

《酒井俊(vo)、石橋英子(vo/etc)、山本達久(ds)、坂本弘道(vc)》

20:30-21:10

《ヒカシュー(巻上公一(vo,cor.)、三田超人(g)、坂出雅海(b)、清水一登(p/bcl)、佐藤正治(ds))with 藤原大輔(t-sax)》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

夏の思ひで

299643_184521628286374_100001856134
(隅田川花火大会にて。バーJD’sStyleの前で野外演奏。左から新田、NG、オガ やすこ撮影thanxx!)

 例によってご無沙汰してしまいました。NGです。みなさん元気でしたか。。

今年の夏はがんばってたくさんライブやってました。

すごくいまさらですが、八月のライブ公演記録を載せます。

今年の8月が今まで音楽活動してきて一番たくさんライブやりました。

だからどうってわけじゃないけど、記録としてこのブログに残しときます。

ここから色々とはじまるといいよね。そうなると嬉しい。次に繋がるためのライブをやってきたつもりではあります。

とかいって毎回我を忘れて楽しんで演奏して、そのまま酒を飲み続けていたので、八月の記憶はもう忘れそうでもあります。

ライブ観に来てくれた人はこれ観て思い出したり (無茶だな)

観てない人はこれ観て想像したり (それも無茶だ)

もう夏の思ひ出ですよ。

こんなん思ひ出とか言えないくらいのレベルのミュージシャンにはやくなりたい。

 

8/5(金) 驢馬 @東高円寺 二万電圧(feat.福井遥介on guitar)

8(月) 驢馬 @浅草 Kurawood(feat.山口"頁"裕也on guitar)

9(火) 驢馬 @下北沢 three(feat.福井遥介on guitar)

10(水) イヤマリvo,馨子vo,NGgt @関内ワシントンホテル 夜景の見えるビアホール

17(水) イヤマリvo,福井vo/gt/per,新田ba/per,NGgt @関内 夜景~

20(土) 驢馬 @西荻窪 w.jaz 
    企画「あの夏、いちばん静かな密林。」(福井遥介驢馬脱退ライブ)

24(水) 福井gt/vo,NGgt @関内夜景~

27(土) イヤマリvo,馨子vo,NGgt,新田ba,オガper,福井gt/vo @隅田川花火大会

28(日) NG(guitar solo) @荻窪ちゃぶ久「沖縄day」

31(水) 馨子vo,福井gt,NGgt @関内 夜景~

 
 

 こうやってみると八月は福井遥介と7回もライブやったんやね。

彼はマジに凄腕のギタリストだけど驢馬から抜けちゃったのでした。

(壺/壱のクラシック「昼下がり」驢馬ヴァージョン!!)

まあきっとそのうちに彼のギターがライブハウスで聴ける日がまた来ると思うよ。
 福井の生前最後の録音も発売してます

Photo

驢馬 1stCD-R「Damn Right, that's the Truth」4曲入り¥500-
 
 ライブ会場で販売中どす

ヤマミドリネコのジャケットデザイン。レコーディングはNGと福井でミキシングしました。
イヤマリも2曲目にゲストで16小節ほど歌ってます。 

 

あと隅田川花火大会は今年も楽しかった。オガ(from一萬P)と二年ぶりくらいに再会した。

 

まあそんなこんなだよ!!

NG的には
一番よかったライブは20日の企画密林のときの驢馬かな

いちばん危険だったライブは28日のちゃぶ沖縄デーライブが危険だたな
ひさしぶりのギターソロであった。
でも、いちばん危険だったけどいちばんヒントが多くて今後に生かせそうなライブでした。

八月のライブは楽屋裏で本当にいろいろ大変なことが多かったのだけど、
福井には本当にたくさん手伝ってもらった。ありがとう!

NGからMVPあげる!!

でもそうすると馨子やイヤマリや新田やひいては壺くんや頁にもMVPを贈呈すべきな気がするので、
 
 
MVPはNGがもらいます!
 
ありがとうございました!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »