« ポップに弱い★対談!マーク・リボー/ラウンジリザーズ | トップページ | オーガビート/★対談⑲ACO⑳ZEEBRA »

2010年4月29日 (木)

5月のライブ詳細/★対談!⑱カール・クレイグ

NGでござんす。5月のライブの詳細が決まりました。

★5/16(日)Hapworth@武蔵境statto

adv\1500/door\1800
open18:00/start18:30
1,American Fat Kids
2,Hapworth
3,シビレタンク
4,THE JIMMY
5,FOR YOU WHO DIED
(Hapworthは出番二番目なので出演7時頃になると思います)
〒180-0022        東京都武蔵野市境1-12-2 シーザスパレス B1                   TEL/FAX 0422-36-0248            JR中央線武蔵境駅北口、目の前のすきっぷ通り商店街を150M直進。抜けた十字路を右折。さらに150Mほど直進したところのラーメン屋さんのビル地下。

 去年9月からこそこそ活動していたNG&Hapworthですが、今回から名前のNGを抜いて「Hapworth」という名前で活動していきます。
メンバーはこちら。
NG: gt,vo
カワラサキサトシ: sax
長岡: bass
松下源: dr

 音楽的にはよりジャジーにモアファンキーに、ロック的ダイナミクス且つブルージーな卑猥感覚、そして愛してやまないヒップホップヒピッピホピッピドンストップの気持ちを忘れずにガンバるんば。(とこう書くとただの節操ない人の音楽だけどそれはご存知のはず(笑))
日曜日ですが、時間ありましたら武蔵境で僕と握手!!
 
 
★けいおん!!の話の続き
 前回からカミングアウトしましたが、TVアニメ「けいおん!!」ハマってしまった私に対して「キモい」「ウザイ」「普段とのギャップが酷い」という反響をいただいています!なんでだよ!チキショー!
 私は永遠に戦前ブルースでも聴いていたらいいのでしょうか。
といったところで戦前ブルースの女性を題材にした「せんぜん!!」というアニメを思いついた。マ・レイニーやべシー・スミスがミンストレルショウで演奏したりお茶飲んだりダベったりするのだ。
「べシちゃん!練習するのよ!」
「ええ〜マちゃん、ケーキ食べてからにしようよ〜」
「だからべシちゃんのベッドはいつも空なのよ」
「ムギー!マちゃんなんて〇〇〇されちゃえ!」
…色んな意味で黒いな…
地域は違うかもだけどルイーズ・ジョンソンも出してもいいかもしれない。そしたらチャーリー・パットンやサンハウスも出さざるをえまい。
「チャーちゃん最近冷たい」
「ルイちゃん、おれと付き合おうよ」
「嫌よサンちゃん」
そんなこんなでチャーちゃんがフライドチキン食べながらルイちゃんに〇〇〇させて…
びっくりした恥ずかしがり屋のサンちゃん。
「サンちゃんは窓の外でも見てな!」
…これはマイルスとバードの話であった。

時代は違うけどココ・テイラーやビッグママソーントンもぜひともアニメ化したい。ココ・テイラーはアニメ化したら人気出るだろうなあ…ジャイ子以来のフィーバーである。ビッグママソーントンの巨大携帯ストラップとかも欲しい。抱き枕とか売れるんじゃないか?

といった具合に自分の精神状態がかなり情緒不安定になっていることが今わかった。「ブルージー」というのは哀愁などではなく、こういう逆上精神錯乱状態を指すのである。(?)
 
 20枚対談、今回はカール・クレイグです。
 
★Detroit Expeiment

NG: 2008/2009年の20枚も残すところあと三枚ですが、この辺もはやアルバムで選んでいませんという反則コーナー。次に紹介するのはデトロイトテクノのカール・クレイグ。
 カール・クレイグは「Detroit Experiment」というアルバムが一番良かったのだが、入手困難で持っていないのです。「Detroit Experiment」はデトロイトに住んでいるジャズのミュージシャンとテクノ以降マシーンミュージックの作り手がセッションした企画盤。フィリーソウル(クエストラブとか)とジャズメン(クリスチャン・マクブライド)がセッションした「Philadelphia Experiment」という企画盤があるんだけど、それの第二段みたい。フィラデルフィアからデトロイトに舞台を移してやっている。ジャズ/ファンクのプレイヤーからは「Philadelphia Experiment」的セッションのオマージュみたいな演奏が多い。クエストラブ×クリスチャン・マクブライドという人気者の組み合わせだから「Philadelphia Experiment」は大人気な盤なんだけど、
俺としてはイマイチ話題に昇らない第二段の方「Detroit Experiment」の方を推したいとおもいます。
「Philadelphia Experiment」はジャズヒップホップの雰囲気で割りと自然にいい演奏。言っちゃえば実験と言うよりはテク的にウマイ感じ。
「Detroit Experiment」はエレクトロ機材はカール・クレイグがやってるし、対するジャズ勢からは何と何とのベニー・モーピン(マイルスのBitche's Brewやヘッドハンターズに参加!)企画としてもやってるセッションに正解が無い感じで無茶な曲が多い(笑)。皆演奏も上手いんだけどさらに「ヤっちゃった感」が溢れていてそのギリギリな緊張感が良い。エレクトリック・マイルス聴いてるときのような「いいのかコレ?!大丈夫か?」という雰囲気がある。
 では聴いてみましょう。このアルバムは「Detroit Experiment」ではないんだけど、「Detroit Soul」というデトロイトのテクノやヒップホップ、ソウルを集めたコンピ盤です。カール・クレイグの他にJay Dilaやdweleとか入っててオススメです。
(一曲目、ラップがかかる)
 
幹: エイヨー、聴けヨー、黒人天才〜!
 
NG: 似てんな!おまえ黒人天才の真似上手くなったな! 
 
幹: ネットで動画メッチャ見てるから(笑)。
 
NG: ええ〜この曲。これはデトロイトエクスペリメントで「think twice」です。
 
幹: この曲か!これカッコイイよね、名曲ですな
 
NG: おれと上原拓舞はNOISSESでこの曲を目標にガンバってこうとしていたんだけど…
友達のカール・クレイグがやったからまあいっかという(笑)
 
幹: トランペッターも激ウマだわい
 
NG: このトランペットのロングトーンがいつの間にかシンセに変わっているのがミソ。
 たっくんの家で曲を作っていたとき、彼は「ハネるの(shuffle beatが)もうやだよ」と言うわけ。じゃあどんなのやろうかと話して彼が「こういうのやりてえ」と言ってかけたのがこの曲だった(笑)。
 
幹: ドンハネじゃん(笑)
 
NG: 16beat shuffleの感覚だけでできてるみたいな曲じゃないか!といったら「別にどうでもいいし」と言うわけ(笑)
 
幹: わからないでは無い。この曲はもはやハネてるとかハネてないとかどうでもいいくらいハネているね。
 曲作る上で気を付けたいのはなんでもかんでもハネさせるのが良いわけじゃないことだよな。
 
NG: おれは何でもかんでもハネさせようとするからな…
曲はもちろん、パートによってもハネさせた方が良いのと、ハネないでベタッとした方がいいのあるよね、当たり前か…
 
幹: デトロイトテクノみたいなの創りたいんだよなあ、日本のデトロイトと言われた名古屋の名古屋テクノみたいな…
 
NG: この「Detroit Soul」というコンピにはカール・クレイグ自身の生バンドプロジェクトであるinnerzone orchestraの演奏も入っていて、非常にオススメです。

|

« ポップに弱い★対談!マーク・リボー/ラウンジリザーズ | トップページ | オーガビート/★対談⑲ACO⑳ZEEBRA »

ライブ告知」カテゴリの記事

対談」カテゴリの記事

音楽おススメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187985/34651787

この記事へのトラックバック一覧です: 5月のライブ詳細/★対談!⑱カール・クレイグ:

« ポップに弱い★対談!マーク・リボー/ラウンジリザーズ | トップページ | オーガビート/★対談⑲ACO⑳ZEEBRA »