« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

Harvest対談 NG×鶴間和樹

  • 企画まで「Harvest vol.2」まで一週間ちょい!というわけでまたもや対談がやってまいりました。今回は「Harvest vol.2」共同企画者にして座長の鶴間和樹とNGの主催者対談です。

Photo_2

↑鶴間和樹(Harvest座長) 

060526_201201_2

↑NG(似非民族時代)

企画Harvestとは何か 

NG: えーと「Harvest」っていう企画がどんな企画なのか話そうと思うんだけども、
 「Harvest」をおれとツッチャンがやろうとした一番初めのイワクから話すとあまりにも長大なストーリーがあるから割愛しよう(笑)(※1)
 
鶴: 皆で歌って、笑おうっていう企画だよ。
 
NG: 異議なし。それで行こう。
 まずシンガーソングライターの企画だということがあるよね。アコギで・・・ってアコギ使わなかったりしてるけど雰囲気はアコースティックで。
 いわゆる「弾き語り」というよりは、自分で曲作って歌ってる奴が独りで演奏する企画をやろうっていう話になって。
 あと、「ライブハウスの中で弾き語りもあります」というスタイルではない。つまりライブハウスのように皆立ち見で、出演者が入れ替わり立ち替わり沢山出て・・・見たいな感じはやめようというスタイル。
 前回の下北沢Off Beatのバーっていうスペースや、今度やる江古田フライングティーポットのカフェていうような、基本的には飲んだり食べたり、のんびりする場所でリラックスしてもらって。音楽も鳴ってるよみたいな。
 
鶴: お客さんのために演奏する企画だね。
 フレンズ(※2)(アメリカのドラマ)のフィービーが演奏してるコーヒーハウスでやるみたいに出演者もお客さんもお互いに楽しんでやってるんだけど、さらに出演者の皆は一人一人明確なヴィジョンがあるんじゃないかな。それをお互い交流するような、ビッグになる登竜門のような、そんなアットホームな企画にしたい。
 
NG: ツッチャンが好きなミュージシャンや、フレンズのフィービーがコーヒーハウスのようなところで演奏してたって聞いて、おれはボブ・ディランがデビューする前にニューヨークへ出てきてCafe“What?”っていう場所でライブをやってたっていうエピソードを思い出した。
 
鶴: 今って音楽やライブは「夜でお酒」っていうイメージが強いじゃん。だからおれらのイメージは「昼でコーヒー」みたいな。
 
NG: フライングティーポットはマジにコーヒー出す場所だからね。
 
鶴: いいよね。そういう感じでお客さんもくつろげるような場所で。そういう環境をアグレッシブに創っていきたいという思いが根本にあります。
 
NG: おれとツッチャンがやりたいと思ってるような環境ってなんだろうか。
 まず第一にライブハウスは空間的・時間的な制約が多くて、「Harvest」ではライブハウスでは出来ないことをやりたい。
 第二に、これはプレイヤーとしての個人的な願望というか夢想なんだけど「(ライブでは)なんで家で弾いてるみたいな感じできないんだろ。家ごとライブハウスに持っていけたらいいのに」とよく言っている(笑)。
 
鶴: ライブハウスの雰囲気が得意じゃない。「Harvest」では自分の部屋ごと持ってきたような雰囲気でやりたい。
 
NG: 「Harvest」の回を重ねていって、最終的にはツッチャンがハワイに大邸宅を建ててそこでライブをやってるみたいなのがいいなあ。
 

 ※1 Harvestのいわく・・・ ほんのさわりだけ紹介すると4年前にNGと鶴間が東大農場に夜中忍び込んで牛がモーモーうめく中でギターを弾いていたのがHarvestのはじまりである。

 ※2 フレンズ ・・・以下はウィキペディアからの引用。なので信用せず自分でドラマを観てたしかめよう。

『フレンズ』(Friends)は、アメリカ・NBCで1994年から2004年にかけて放送されたテレビドラマ。いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、そして、能天気な友情と恋愛とを、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。

登場人物の一人、フィービー・ブッフェ・ハニガン(旧姓ブッフェ)
演 - リサ・クドロー/声 - 田中敦子
マッサージ師で、モニカの元ルームメイト。1967年2月16日生まれ[5]。モニカの潔癖症についていけず祖母フランシス(演 - オードラ・リンドレー/声 - 谷育子)のアパートに引っ越すが、その後もよくモニカの部屋に遊びに来ている。フランシスはシーズン5で死去、薬剤師の父親フランクSr.(演 - ボブ・バラバン/声 - 田原アルノ)は小さい頃に蒸発、麻薬売人だった育ての母親リリーは自殺、育ての父親は服役中、産みの母フィービー・アボット(演 - テリー・ガー/声 - 小沢寿美恵)は不動産業者。一卵性の双子の姉アースラと、腹違いの弟フランクJr.がおり、後に、弟フランクJr.夫婦の代理母として、子供フランクJr.Jr.、レズリー、チャンドラーの3人を出産。
14歳の時にホームレスとなり、路上で子供を対象に金品を取り上げたりして生活する。ロスも被害者の一人。基本的に謎の行動や風変わりな思想を持っているため、進化論や重力を信じていなかったり、逮捕歴があったり、霊感が強かったり(時に乗り移られたり)、人の運気や未来を時々言い当てたりするため、他の5人から変わり者または宇宙人扱いを受けている(しかし、結局他5人とも変わり者である)。レジーナ・フィランジという偽名を使うことがある。ヒッピー文化の影響を多分に受けており、ベジタリアンで動物保護活動などに取り組むが、妊娠中にやむを得ず食肉を口にしている。しかし、ゲイの夫が街を出てからチーズバーガーを食べているところがモニカに目撃されている[6]。
本業でマッサージ師をする傍ら、コーヒーハウス「セントラル・パーク」などで歌手活動(持ち歌は『ネコはくちゃーい』[7])をしたり、マッサージの仕事がないときはセールスなどの仕事をしたりしている。

うーん、ツッチャンが好きなのがわかるなあ

服を着た混浴

NG: おれね、先月「Hapworth'27 09」っていう企画やったじゃん。あの企画は独りでやる面白いギタリストを五人集めたっていうテーマがあった。
 「Harvest」でもおなじギタリストはでるんだけど、今回の裏テーマとしては「歌」にこだわりたいと思ってる。
 つまりシンガーソングライターを集めた企画なんだ。独自の「歌」がある人を呼びましたという企画。上手いとか下手とかじゃなくて。
 
鶴:「歌」はねー、思い入れはあるんだけど。つかず離れずみたいな・・・
 
NG: チャラッと聞き心地がいいというよりは、こいつが歌ってるんだ!という感じが欲しい。
 
鶴: そうだね。喧嘩してるカップルが仲直りするのに使えるようなライブ。
 
NG: いいじゃん(笑)!!! 他には何に使えるかな?
 
鶴: ・・・喧嘩しそうなカップルが仲直りしそうな過程を観て料理を食べたいっていう人とか。
 
NG: あとおれが声を大にして言いたいことはだね、おれの主催する企画の中でも最も女の子向けだと言いたい。
 女性をターゲットにしてる!!!したい!!!(爆笑)
 でも第一回「Harvest」の時は女性のお客さんのが多かった気がする。半々か、7:3くらい?7千万人くらい女性が来てくれて男どもは3千人くらいしか来てくれなかった(笑)。
 
鶴: うん。統計的に言うとそうなるね。
 でも「Harvest」のいいところは、ライブハウス的な音圧/音量と違って耳が痛くなることは無い。観にくる人は補聴器が必要かも。
 
NG: (笑)ゆくゆくはシーメンスの協賛をとっていこう。PA抜きのシーメンス補聴器のみとか。
 
鶴: 会場で補聴器売ったら売れるかもな。
 
NG: 物販コーナーに補聴器のみとかな(笑)
 おれも音量でかくならないように気をつけよう。
 
鶴: もしライブ会場の客席がマッサージ・チェアーとかだったら面白いかもな。
 あと大浴場と脱衣所があるとか。
 
NG: リラックスさせすぎだろ!健康ランドみたい。でも本当に温泉ツアーとかやってみたい。番台ライブとか。番台で演奏して脱衣所みえてんの。
 
鶴: 法に触れそうだな。それ。
 
NG: ま、混浴だけどな。Harvestは。
 
鶴:「Harvest」は“服を着た混浴”というテーマ。
 
NG: (笑)カッコイイのか悪いのかわからんな、それは。
 みんな湯上りみたいな。コーヒー牛乳も物販にありますみたいな。
 それはいいアイデアだ。
 

髪型じゃなくておれ達の青春に乗り遅れるな!

NG: そろそろ出演者を紹介しよう。
 まずは笹口くん、笹口騒音ハーモニカ(※1)だよね、前回も出てくれた。
 
鶴: すごく優しい音楽の人。まさに「Harvest」の企画に沿った演奏をしてくれる先輩です。
 
NG: 笹口くんがとてもおもしろいのはね、音源で聴くと暗かったり、皮肉っぽい言葉に聴こえる歌がライブで生の歌を聴くとホッとする感じに聴こえるんだよね。
 ネガティブな内容でもポジティブなパワーの演奏を聴かせきってしまう。だから音源と全く違う聴こえ方がする。
 
鶴: そういうのは会場に来ないとわからないこと。やっぱり見せることを忘れてない。
 
NG: 笹口くんは「Harvest」では大サービスしてくれるから。目覚まし時計のアラームが鳴ってもライブやってくれるし(笑)。ああいうリアルな笹口騒音ハーモニカを観たい人は是非。

 次は今回初参戦の木村州兵(※2)。おれにとってすごく楽しみなアクトである。
 木村はある意味ツッチャンに近い雰囲気を持ってると思うのね。歌に関して。
 
鶴: 髪型とかじゃなくて?
 
NG: 髪型じゃねえよ(笑)
 髪型はかなり木村のオリジナルだよ。
 
鶴: 歌を大事にしてるってのはいいよね。
 
NG: あとNGっていう人もでる。おれはねー、ぐっとアダルトに行くよ!
 そして特別ゲストも招いている。サプライズな人を。
 
鶴: その人もしかして黒くない?
 
NG: うーん。温泉ライブの時は絶対番台を任せたいと思うような人。
 
鶴: ひとのこと蹴りそう?
 
NG: (笑)なんかね、とあるスポーツメイカーの協賛を得てる感じ。
 
鶴: ああ、ああ。わかった。
 
NG: じゃあ次紹介するのは「Harvest」座長の鶴間和樹!
 
鶴: 今回トリでしょ。ちゃんと練習してる。
 みんなが笑顔になってくれるようなライブにする。喋りに期待してよ。アメリカン・ギャグで。あ、アメリカン・ジョークか。
 
NG: 今回は会場で「ミクロの世界」(※3)っていう絵の展示もやっているから。田中っていう人が参加してるグループ展なんだけど、それのオープニングパーティ的な意味もある。
 ふわっと観に来てほしい。絵を観にきたら偶然音楽もやってた的な。
 
鶴: 楽しむっていうことにこだわってるから。別に音楽が好きじゃなくてもトークが笑えるとか、絵を観に来たっていう人は大歓迎。
 
NG: いいこと言うね座長。
 
鶴: おれのギターに何のシール貼ってあるか見にくるとか。
 
NG: おまえそれやられたら絶対嫌がるじゃん!!(笑)
 
鶴: なるべくおれの半径2m以内にいないでください(笑)。
 でもみんながそれで楽しんでくれるんだったらいいかな。
 
NG: じゃあ最後にお客さんに向けて何か一言。
 
鶴: Hapworthは永遠です。
 
NG: 企画タイトル間違ってる!!!(笑)「Harvest」だって!アメリカン・ギャグが!
 
鶴: 大事なとこ間違っちゃった。
 
NG: おれが大見得切りたいのは「おれたちがこんなことやってるのを見れるのは今のうちだぜ」っていうこと。
 
鶴: おれたちの青春に乗り遅れんなよ!
 
NG: 超恥ずかしい!!!!(爆笑)
 じゃあ座長のその言葉で締めくくろう!企画よろしくお願いします。

 ※1 笹口騒音ハーモニカ ・・・太平洋不知火楽団のギターヴォーカルとしても有名なシンガーソングライター。Harvest vol.1ではライブ持ち時間+10分の余裕をもって自ら目覚まし時計をセットするも、アラームが鳴るまで演奏してくれて本当に嬉しかった。¥anagawa Records所属。 

 ※2 木村州兵 ・・・NGとは「野本さんと遊ぶ会」「逆噴射中学OB会」などのバンドを共にし、富山ではおわら風の盆祭りを一緒に見に行ったり、富山駅前で「Vagina」を熱唱したり、チャーシューメン食って首を痛めたりするナイスガイ。

 ※3 「ミクロな世界」 ・・・Harvestと同時開催する絵画展示、田中麻由を含む五人グループ展。11/5~9まで江古田フライングティーポットにて。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年10月25日 (日)

漢のジャズギター一本勝負

 先週は工芸大にお邪魔して二日間ライブ&セッションに参加しまくってきた。
今回は「漢のジャズギター一本勝負!」をテーマに独りジャズ、バッキング無しでソロを執ったのだった!
 しかしながらテーマは名ばかりで、途中から女子や先輩や後輩に頼りだす始末。N、G~バルバロイ!!!いいのか?!それで!
良いのだワッハッハ。何故ならいくらゲストサックスを呼んだとはいえ自分のソロの時はやはりバッキング無し鬼のソロギター。女子供OBなどが立ち入れぬ神聖な漢の勝負世界を繰り広げたのだった!
二日目はNGハンバーグでお馴染み(というほどハンバーグは活動してないか)のSaxサトシさんも颯爽と登場。セッションでバリバリ吹く。
 NGのライブセットリストはこちら

1日目
1, Full House
2, 殺しのブルース
3, Georgia on my mind
4, Softly as Morning as Sunrise (w/超林sax)
5, Homo Ludens Blues(w/超林sax)

2日目
1, Georgia on my mind
2, Homo Ludens Blues(w/超林sax)
3, Softly as Morning as Sunrise(w/サトシさん、川合、超林)
4, Mr.P.C.(w/工芸大中野メンバー)

 曲を知ってる人ならわかると思うけど、ジャズというか、かなりブルースに偏った選曲なのだ。そしてかなりCmに偏った選曲なのだった。
 ジャズを集中的に練習していて、これからの自分の演奏展開に何かが見えてきそうな気がしている。
とりあえずはセロニアス・モンクやマイルスの「So What」をギター独奏できるようになりたい。がんばルンバ
 俺の好きなジャズ(?)ギタリストのベスト3を挙げると

Jim Hall
 (うーん。何かがヤバイ。)

Marc Ribot
 (ギターヒーローどすえ。姿勢というかギターに対して体幹が斜め45°なのが如何にもカッコイイなあ)

高柳昌行
( これは巷でウワサ(ウワサしてるのは俺と野坂だが)のアクションダイレクトではないか。こんな動画がユーチューブに上がってて良いのかと思ってしまう。呪いがかかりそうだ。譜面台の上にビッシリと並んだカセットテープがとにかくカッコイイ。なあミッキー!そしてギターはテーブルでお寝んね。してるところをノコギリでノコノコギリギリ。よくわからんがアンテナも立っているぞ!これが本当に漢のジャズギター一本勝負だ!もう感服。とにかく破滅的にカッコイイ。)

となるのだった。ある意味かなりベタな人選かもしれないがこれでいいのだ。「ジャズギター、だがポップ!」という基準で選ぶとこうなるのだ。というのは半分冗談だけど、俺の好きなジャズギタリストの共通した要素を考えると

・歌(ブルース)

・物質性
ということになろうか。
携帯からblog更新しようとすると字数が制限されるので世知辛い。歌と物質の意味は各々が考えてくれい!

p.s.家帰ってからパソコンでユーチューブ動画をつけたので歌(ブルース)と物質性の意味がわかりやすい。というかそのマンマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

学園祭ペレストロイカ

栄養!NGですよ!
 10月はライブをお休みしてじっとしていよう…と言う風にじっとしながらギタリストノムラさんのレコーディングをジリジリと手伝い、何だかボーッとしとる間に11月のライブが沢山はいってきてしまった。
 バンド活動ままならぬままソロミュージシャンNGとして無節操なレパートリーと頑固な出演交渉、強引な企画主催という三本柱マンでがんばってきたら、黙っていても(全然黙っていないではないか)出演依頼がくるようになりました。やっとだぜ!皆さんありがとうございマ〇コ。ソロが少しずつ軌道に乗ってきた感じ。
とは言え誘ってくれるのはお世話になったあの方や毎度おなじみのあの方、サポートで知り合ったあの方などまったくもってありがたいですね!

 で、本業のソロライブとはまた別で、私がしがみつくように往生際悪く在籍している多摩美術大学や、知己の中野のポリテクニック大学のジャズ研究会が学園祭ライブということで、私も色々やります。
 往々にして大学生主催学園祭のライブというのは「内輪ノリ」「生ぬるい」「そのくせ観ると疲れる」と三拍子揃ってしまうので、積極的な告知はしません。が、しかしこのNGバンバンblogの変質狂的なファンや、ライブ見に来てくれるお客さんの中に僅かながら
「疲れてもいい!下らなくてもいい!生ぬるくてもいい!内輪ノリにムカついてもいい!なんか面白いことやるんだろ!?コンチクショウ!詳細教えてくれ!」
というかなり前衛末端的破滅型常時発熱性面白刺激過多抑制欠乏症ペレストロイカ強要派という方が多数いらっしゃると存じていますので情報公開します。
私どもの気合いとして正直に言うと「ライブハウスではあまりできない面白ライブやります」という覚悟はある。しかしながらここは学生主催のイベントなので、社会人の皆様や普段オンモでライブ観ている方はゲンナリすることは必至をご了承ください。
(しかしここまで書いて「お前のライブはいつだってゲンナリするぜ!特に企画は!」というツッコミが聞こえてきそうだ)

 前置きはこのくらいにして2009年NG学園祭ツアー?の詳細を公開します。

★10/17(土)、18(金)
NGジャズギターソロ
@工芸大中野キャンパス、ジャズ研
 2日にわたりギターソロライブをやります。出演時間は17土曜が昼12時頃、18日曜夕方。全曲ジャズやります!大丈夫なのか?わからないけどヤるんだ!明らかに丸山に触発されているけれども…
18夕方はNGハンバーグサックスのサトシさんが飛び入りるかも。


★11/1(日)ブルースデュオ、
11/3(火祝)嶽NG上原長岡ゲンチャン"アガパン"セッション、NGサトシジャズクインテット
@多摩美術大学八王子キャンパス、ジャズ研小屋

 11/1(日)は昼頃に私NGと、ジャズ研のOB十年選手のゆうさんでブルースデュオ。ダウンホームに行きます。
 11/3(火祝)は午後から「嶽NG上原長岡ゲンチャン"アガパン"セッション」。これはもう内容は訊くなという感じ。エレクトリックマイルス的ジャズロックに嶽のラップを載せようという「またか」というセッション。「ノイゼスじゃねえのか!?」「バルバルじゃねえのか?!」「どういうことだ?、ああん?!(NIKE)」という質問批判苦情に対しては一切合切お応えしません!

「NGサトシジャズクインテット」はサトシさんサックス、NGギターのオーソドックスなジャズをやるまだ名前が未定のグループ。女性ヴォーカルがいたり、一曲マコイチがトランペット吹いたりするみたい。フリージャズ、フェイクジャズ、ジャズロック、ジャズブルース、など危ういジャズが大好きなNGですがそういうのはやらないよ!普通のジャズっていいねえ。ズージャーシクヨロ!っていう感じなので、狭量前衛即興嗜好末端的破滅型常時発熱性面白刺激過多抑制欠乏症バラードぶっ殺す調性糞喰らえオーネット支持ジャマラディーン・タクマ鼻糞派の方には全くオススメしません。

 というわけで行きたい!という方は私に連絡ください。生き方や開始時間の変動などが予期せぬ事態で起こりえます。くれぐれもご了承あれ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

★11月のライブ情報

★11/6(金)NG鶴間主催企画"Harvest vol.2"@江古田flying tea pot

  • 18:30open/19:00start
    \1000+Order
    出演者:NG、鶴間和樹、笹口騒音ハーモニカ、木村州兵
  • Cafe FLYING TEAPOT http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html
      東京都練馬区栄町27-7榎本ビルB1
     03-5999-7971 (11:00 a.m-10:00 p.m. 火曜定休)
  • 西武池袋線江古田駅北口 歩5分
  • 地下鉄副都心線西武池袋線直通 新桜台駅 歩5分 
  • 都営地下鉄大江戸線新江古田駅 歩10分Teapotmap20081010

     鶴間和樹とNGの企画Harvestの第二段。前回に引き続き江古田在住の太平洋不知火シンガーソングライター、笹口くんと、逆噴射中学OB会でお馴染み(?)木村くんを呼びました!笹口はもとより木村がとても楽しみだ。
    フライングティーポットでは田中超林麻由が11/5から絵の展示をやるので合わせて見に来てくださいな。

 

★11/11 ウィリ山ウンテンvol38@Space&Cafe ポレポレ坐(東中野)

  •   #時間:開場(カフェなので開店の昼からずっと空いてます) 開演1930
    場所:Space&Cafeポレポレ坐(JR東中野駅下車 徒歩3分)
    TEL:03-3227-1405
    http://za.polepoletimes.jp/
    料金: 無料投げ銭制(要ワンオーダー)※お食事もできます
    出演:ナカジマショウ、ゾルゲルプロ、岡山守冶、徳久ウィリアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

真のキャプテンビーフハートうどんを求めて

★やっとうどん
 さてウドンの話である。
ウドンを作って食べていたのだがどうもうまくいかない。私が食べたいのはいわゆる讃岐うどんの釜あげという奴で、茹でたての麺にキザミ葱や醤油をぶっかけて食うやつである。しかし問題は実は釜あげうどんのホンモノを食べたことがないのだ(なか卯やフランチャイズのうどんは食べたことあるけど)。どうも醤油をぶっかけただけでは旨くない。色々な茹で時間を試し、醤油も追い鰹つゆや味醂など混ぜて工夫してみたが、いかにも工夫した味でどうも素朴さに欠けるようだ。
 そんな中、6日の深夜にフラサーというバンドの闇鍋さんというドラマーに車で拉致されて新木場に行った。何をしようというわけではないが、新木場にある風力発電の巨大プロペラを観た。雨降り台風が接近してるので豪快にプロペラが回転している。プロペラの真下でどの位置から観たら一番怖いかをずっと探す闇鍋さん。斜め下から見上げるとプロペラが迫って首を撥ね飛ばされそうで怖い。本当に闇鍋の首が吹っ飛べばいいのに、とちょっと思った。
 ところで闇鍋さんはバンドのツアーで各地の旨いものを辛うじて食している。もちろん本場の讃岐うどんも食べていた。うらやましい。本場の讃岐うどんが果たしてどんな具合に作られているかを訊くと、
「ショウちゃん、あれの秘密はね、水だよ。茹でる水が旨いの。だからうどんが旨いの。だからショウちゃんがつくるのは無理だよ。」
と言われた。元も子もないじゃないか!身も蓋もないのが闇鍋さんの闇鍋たる由縁であった。そういえばおわら風の盆で富山行ったときも友人の父が「水だ!水がいいから八尾の娘は綺麗なんだ!いつか成分分析して科学的に証明してやる」と仰られた。水に何かあるようだ。しかし当の私は水にあまり興味ないのであった。

 
★やっとビーフハート
キャプテンビーフハートの"Moonlight on Vermont"という曲をギターでコピーした。というと暇人みたいに思われるのが嫌だが、「キャプテンビーフハートの曲をマスターするためにおれの半日の人生はあった!」と声を大にして言いたい。
"Moonlight on Vermont"はキャプテンビーフハートの"Trout Musk Replica"というアルバムに入ってるのだがこのアルバム一聴するとただヘタクソの人が狂ったようにしか聴こえないのだが、実際にはヘタクソに聴こえる演奏が厳密(?)にコントロールされた作曲――キメ&変拍子構成―(ヴォーカルパート以外は)なのだった。
というのは知ってる人には野暮な話しか。
"Moonlight on Vermont"はアルバム中でも分かりやすくカッコイイ曲なのでいつかやりたいやりたいと思っていたのだ。この曲コピーしてわかったのは、ギターパートは殆どデルタブルースのフレーズを使ってぐちゃぐちゃに再構成したものだということだ。しかも生半可なデルタブルースではなくチャーリー・パットンやウィリー・ブラウン、サン・ハウスなどのドッケリー農場直系ドタバタビシバシスライドギタースタイルで出来ている。これがいかに超絶か。まずブルースを心底どっぷり演奏できないと弾くことは出来ない。ビーフハートバンドのギタリストは代々凄まじくてあのライ・クーダーも在籍していたようなガチブルース強面軍団だが↓

 (ライクーダーいたころの曲。)

(忌々しそうにビーフハートを語るライ・クーダー笑)

なんのなんの。トラウトマスク~スポットライトキッド期のギタリスト:ズート・ホーン・ロロ↓


Captain Beefheart ~ I'm Gonna Booglarize You Baby...
(背が高いのがズート・ホーン・ロロ。)
 彼は泥沼ブルース性、独創性、オルタナティブ度で上回っている思う(ライ・クーダーはそんな泥沼で勝負してないか。)
 同じ時期のブリティッシュロックギタリストたち例えば某糞三大ギタリストなんて糞だね!ただのマッチョ巨大資本ロックだろ!という気持ちになるじゃないか!(極端。彼らも別に泥沼オルタナティブ度で勝負してるわけじゃないだろ!)

何の話かわからなくなっちゃった。


 うどんとビーフハートが最近のテーマだったということでした。(結局音楽の話でしたな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

★ライブ情報

ソロやります。久々にアコースティックで行こうかな
★10/9(金)NGソロ@吉祥寺4th Floor
“Guitar Zanmai”
19:00 OPEN/19:30 START
-1500yen+1drink
kawol/ 永山圭一/ 中島“NG”祥

吉祥寺フォースフロア(もと「ワルシャワ」)
TEL:0422-46-2106
URL:http://fourthfloor.jp/

 対バンkawol氏はかなりオブジェクトなブルース/ジャズ/インプロを奏でるギタリスト。リーボウファン必見!(おれのことか。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャプテンビーフハートうどん

★DULi
 
 NGラバンダです。一週間企画疲れでダルかった。
 企画ライブ後、各地で(?)本ブログの企画までの連続対談を「読んだよー、オモロカッター」と言う声を頂き、「あんなに長い文章を読む人が意外と沢山いたのか…、まだまだ日本も捨てたものではないな」(←何がだ、そして何様だ)
「そんなに読んでいたのならライブを見にこい!」(←そういう事を大声で言うのがヨクナイ)と思いました。
 中でも上原拓舞のNG批判「両手に食べ物もった赤ちゃん」が好評であった。私の友人筋ではNG批判で盛り上がる光景がしばしば見られる。私を介しての友人でお互いに初対面の者同士でも私の批判で盛り上がり意気投合して仲良くなったというケースが多々ある。i氏による名言「話題に詰まったらNGの陰口を叩け」というわけだ。別に陰口という訳でなく面白おかしなエピソードを話しているわけで、しかも知らない者同士がそれを介して意気投合しているのだから別段悪い気はしない。
だが私としては少々オモシロクナイ。
なにが、と言うと自分がその話題にうまく参加できないからである(そりゃそうだ)。おれもNG批判したーい!自己批判せよ!!

しかし「自己批判、総括は十代まで」という箴言もあるので(今作った)、あまりみっともないことはやめよう。
 対談だが最後の回が(第四回の鼎談)ちょっとホメゴロシ気味だったな、と思っている。私の話題ではないが、文章はやはりある程度は批判的、批評的な視線がないと面白くない。例の鼎談の回は企画終わった直後だったし疲れてて、正直言うともう早くライブやったことを忘れたかった(要するに俺も鶴間も自分の演奏にあまり納得がいかなかった)ので「とにかく良かったことにしよう」という論調になったことは認める。自己批判します(笑)!総括はオシマイ。
 
★UDON

 このブログは本当に音楽の話ばかりだな、とふと思った。あまり面白くないのではないか。別にいつも面白いこと書かなくてもいいとは思うが。私が面白くない。のでここ数日うどんを作って食べていた。椎名誠のエッセイを読んでたら、話題が麺類、旅、カーナビなど支離滅裂で面白い上に讃岐うどんの話が旨そうだったからだ。よし、私のブログも支離滅裂で旨いのを書くぞ!と決意した(決意してから書きたくなるまで四日間かかった)。ああ書きたくなったのに字数が尽きた。うどんの話は対して内容もなく短いのにー!
次回に続く→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

暴走鼎談Ⅳ NG×鶴間和樹×根津幹雄×鎌田

  • 企画に来てくれた皆さんありがとうございました!
  • 企画“NG presents Hapworth 27,2009”も終わり自由打ち上げ&セッションも終わったのちに、深夜2時ころにひばりが丘の飲み屋で行われた鼎談の模様をアップします。出演者NG&鶴間和樹と、お客さんで来てくれたミッキー(根津幹雄)と鎌田くん(発言一個収録)も交えて。
  • (鶴→鶴間和樹 幹→根津幹雄 鎌→鎌田)

Ngvanvanjpg NG(モンスターアフロ時代)

Photo 鶴間和樹

Photo_3 根津幹雄(Gentle & Sequence)

Photo_2 鎌田

 お疲れさま!

NG: 企画お疲れさまでしたー!
 
皆: お疲れさまー。
 
NG: 鶴間和樹の対談がまだアップされてないのをいいことに、終わってから収録しようという大作戦なのです。
 
鶴: 昨日一応やったんだけど失敗したの。おれがあんまり喋る気がなくて。
 
NG: 今回来てくれた鎌田とミッキーというお客さんも交えて。ミッキーはおれのやるライブ企画はみんな観てるしきっと対談も全部読んでいるだろうと踏んで、対談読んでライブを観た感想を素早く、的確に!
 
幹: はい。素早く、的確に。対談ちゃんと毎日読んでましたよ。やっぱり初めて観る出演者が結構いた。おれの場合はノムラさんとか。
その人がどういうこと考えてて、どういうバックボーンがあるかってことを対談の中で知れて、そして観るっていうのは、いきなり観るのとは違って面白かった。
「文章ではああ言ってたけど実際の音はこうなのか」というのがある。
例えばノムラさんは、いわゆる「乾いた音」と言われていた。実際に観て「おおメッチャ乾いとるやん。」と。
 
NG: ノムラさんが面白いのは、ギターアンプから出てくる実際の音はむしろ湿ってるんだよね。リヴァーブでビショビショに濡れてる。
 
幹: でも聴いてるイメージではメッチャ乾いてる。
  そういったことや、丸ちゃん。丸ちゃんの「ブルースはおれの青春だよ」という話も聴けてよかった。一人でやったことも意外だった。
  たっくんとかは正に今日やったことを対談で言っていた。
 
NG: (笑)そう。おれ対談やってよかったなって思ったことは、知らない人に知ってもらいたいとうのも勿論あったんだけど、さらに演奏内容が良い意味で対談の内容を裏切ってたと思うんだよね。
 
幹: そうだね。結果的とは言えギタリスト五人企画の色は出てて非常に良かった。
しかし友人のMくん、Kくん、Nくんが言ってたんだけど「ソロギタリスト呼んどいて自分はバンドってズルくないか?」(※1)って言ってた。まあ盛り上がるよね。ズルい。
 
NG: それをいつ言われるかってドキドキしてた。何で皆批判しないんだろ?って。
アンコールでバンドじゃなくて独りでやったのも、後ろめたかったから(笑)。
 
幹: 出順も良かった。
 
NG: 出順は考えたよ!なあツッチャン。
 
鶴: うん、二人で。第一部がおれまでなの。二部構成(※2)
 
NG: ツッチャンとおれとノムラさんは何やるか大体わかってた。何やるか分からない伏兵は上原と丸山。だから前半戦何やるか分からない奴らをまとめるのをツッチャンに任せたの。やはり信用してるから。
 
幹: 上原と丸山はソロ初めてだし、なかなか他では観れないカードだし、企画来たひとはラッキーということで。
 
NG: ツッチャンは今日はどうだった?企画"Harvest"(※3)でもツッチャンとは一緒にやってるけど。
 
鶴: 今日は緊張した。緊張て演じるんだよ、おれ。今日は緊張するフリしてた。

鎌: 何でフリするの?
 
鶴: それもよくわからない。
  もうちょっと皆を喜ばせられるかなと思ったんだけど、自分の課題だね。

 ※1 「自分はバンドで出る」 ・・・NGは自分のソロバンドとして、NG:gt,vo カワラサキサトシ:sax 長岡:ba 松下源:drという編成で出場した。

 ※2 出演順は、1上原拓舞 2鶴間和樹 3丸山康太 4ノムラケイノスケ 5NGw/Hapworth

 ※3 企画"Harvest" ・・・NGと鶴間和樹によるシンガーソングライター企画。次回は11月6日に江古田フライングティーポットで行われる予定。

 

 ★時限爆弾、そして耳毛がキレた
 
幹: ツッチャンの時限爆弾ダジャレが結局出なかったのがファンとしては気になる。MCで結局言わなかった、企画に向けて考えてきたダジャレって何だったの?
 
鶴: あれ、ちゃんとあるよ。
「24歳にもなるとダジャレがうまく言えないんですよね。それじゃあホウキで飛べなくなった時の魔女の宅急便のキキみたいじゃないですか。って言う風に自分でも<危機>を覚えています…」
っていう。
 
NG: (笑)それライブのMCじゃ長すぎるだろ!
 
幹: 何で小噺風なんだよ!
 
鶴: そう。で、「お後がよろしいようで」って全体が言うことなのかな?自分が歌始めちゃったら続かないんじゃないかな?って自問自答してた。
 
NG: そうか…(笑)
  企画を通して観てどうだった?
 
鶴: 丸ちゃんのアコースティックギターがよかったと思う。順番的にもしまった。
  おれは順番真ん中のミッドフィルダー任された身として、もっとうまく消化出来たんじゃないかと反省。
  ライブ慣れしてる人って歌を崩して歌うじゃん。調子のってライブ中に歌いまわしを変えようとしたら変になっちゃった。「アイヤー!」と自分で思って。やりながら。「お袋さん」の時に余計なことを森進一が入れちゃったみたいな。
 
幹: 「アイヤー!」(笑)。なるほどね。で"耳毛"に怒られるみたいな。
 
鶴: そう(笑)。故"耳毛"が切れる。
だから自分のライブに対して、自分の(心の中の)"耳毛"が怒った!「絶対に許せな~い!!」
  歌っててそれを感じたんだよ(笑)。
 
NGと幹: (大爆笑)
 
鶴: いやあ。楽しかった。出番早く終わっちゃったからね、あとの皆がどれだけ緊張してても可愛かった。
 
NG: なんて都合の良い奴だ。
  でも緊張感溢れる企画だったね。出演者もお客さんも。もうちょっと緊張感の空気をほぐしたかったな。それが反省だ。

幹: いや、あれは空気と言うよりは、対バンが全員ギターだっだから。その嫌でも意識しあうライバル心が生んだ緊張感じゃないか。その緊張感こそが今回上手く働いたと思う。
 
NG: 確かに。お客さんもすごく真剣に聴いてくれた。というシリアスムードであんまりお客さん同士歓談みたいな雰囲気ではなかった。演奏内容もそれぞれ濃ゆくて聴くのも大変だったと思う。次回はいい緊張感を残しつつリラックスして聴けるムードにしたいね。
 
 

 ハンバーグおかわり!

NG: 本番観て改めて感じたのは、出演したギタリストたち全員が自分の好みだし、それぞれがやってることが自分の挑戦したい分野でもあるんだなと思った。
  上原拓舞はエレクトリックギター&コンパクトエフェクター即興をやったけど、おれの現在のソロエレクトリック演奏の師匠だし、おれにとってギターヒーロー。本当にカッコよかった。途中ブギーみたいになったじゃない。
 
幹: なった。「まじ★ぽじ」(※1)だね。
 
鶴: さらに途中hideにもなった。
 
NG: おまえらそんなこと言ってると上原に殺されるぞ(笑)。
 
  鶴間和樹は、歌と歌に対するギターがとても好きで見てて勉強になる。歌を生かすギター、コードを本当に考えてる。たまに間違って殺してるけど。
 
  丸山のアコースティックギター即興は鬼気せまるものだった。ブルース・ロック・ジャズがぐるぐる回ってて、普通のフレーズ弾くときですら全然普通に聴こえない。響きも殺人的。丸山はルックスカッコイイのにステージでは最高の演奏とともにものすごく気持ち悪い(笑)。丸ちゃんのこと勝手にずっとライバル視してるけど、やはり憧れです。
 
  ノムラさんはあの曲。声。ギター。全部好き。ブルース経由したオリジナル曲として憧れる。最高の立ち振舞い。最高に飄々としてる。おれああいうスタイルに憧れてるけど全然なれない。ステージで電話出ちゃったり(笑)。
 
鶴: あれ本当に出てたな。「かけ直します」って二回言ってた(笑)。
 
NG: あんなとこも(笑)。ようするにやっぱりおれが見たい聴きたい人を呼んでるんだよね。
 
幹: NGハンバーグ(※2)も良かったよ。
 
NG: NG w/Hapworthはメンバーにもお客さんにも出演者のみんなにもありがとうの気持ち。アンコールは本当に嬉しかった。
 
幹: 本当に自然発生的なアンコール(※3)は始めてじゃないの?
 
鶴: リアルアンコール。バンドメンバー帰っちゃったし。曲なくてアタフタしてたね。
 
NG: うん。バンドでやる曲もう無かったからなあ。とにかくあの曲“Shining”しか思い浮かばんかった。
独りで心細かったし皆バンド演奏聴きたいかな?って思ったけど、他の出演者は独りでやったんだからおれが〆ねば!と。
来てくれたお客さんたち、出演者、バンドメンバーには本当にありがとう。素晴らしい体験でした。この企画またやりたいね。

 ※1 まじ★ぽじ ・・・二万ボルトとかにいる青春ブギロック?バンド。イカ子のことが好き。

 ※2 NGハンバーグ ・・・バンド名にある「with Hapworth」にはthという日本人にはどだい不可能な発音が二回も含まれていたため、お客さんたちも聞き取れなかったらしい。NGの発音が堂に入ったためか。お客さんにはどうやら間違って「NGハンバーグ」と認識されていたらしい。とても狂牛病っぽい。まずそう。

 ※3 アンコール ・・・お客さんが望んでいないのにアンコールを強要し、強制的にアンコールを発生させて演奏を押し売りしたことならば過去に何度かあった。

(鎌田は鼎談中はずっと飯を食い続け、さらにはマイケルダンスを披露していましたとさ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »