« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月15日 (月)

年末 エロカッコいい

年末だ。なんだかわさわさしている。

★先日の新宿URGAライブ。
Barbar∮Head (Acoustic) feat.齋藤録音。
セットリストはこちら。

1.齋藤録音によるスネアドラム即興~Homo Ludens Blues
2.John The Revelator
3.モハベ砂漠(新曲)
4.毒蟲(新曲)
5.やんばるくいな

非常に奇怪なバルバルヘッドライブ。やってる当人たちはとっても楽しかった。
最近のウルガはちょっと強面ロケンローなお兄さんお姉さんが多く、なんだか漫画(BOYとか)で抱いてた「ライブハウスっって怖い、不良ぽい」印象。対バンもオールドスクールロケンローな人が多く、おれとしては超楽しい。
そんななかビー玉転がしby齋藤で幕を開けた我々のライブは「…?あれ何だ?」「メロディはブルース的?」「?何してんだ?」とクエスチョンマーク満載なリアクション。
私のライブはロケンロー方面の方に受けが良いらしく、てゆーかブルースだもんね!問題はゼミ長齋藤である一体全体かれはニヤニヤしている。
 でも「やんばるくいな」などの普通?の歌モノ的曲で齋藤が「ねえ。ソロやらしてよ」というのでドラムソロを回すとお椀の中にビー玉を入れてカーッッッッ!と廻す!なんだなんだ。
 そんな齋藤との共演にかなりオモロイ自信を持っているのだが、なかなか皆さん見に来てくれない。今度はやるとき来てよー

★歌代隼人の新バンドに参加
 国分寺のスタジオにて、路上詩人トランペッター、歌代隼人さんhttp://re-journey.jugem.jp/
の新バンドのリハに参加。野本幸太郎!氏のベースと、ヘルプで来てくれた齊藤さん(ビー玉ゼミ長とは別人です、念のため)のドラム、隼人さんのトランペット、私のギターという感じでした。
 変拍子やらで大変だったけど、大変刺激になりました。齊藤さんのドラムがとっても上手くて色んなことに気づかされ勉強になった。野本プログレ先輩ともちゃんとバンドをやることになったら面白いなー。
夏以来、先輩プレイヤーとやる機会が無くなってたのでバンドメンバー全員が先輩プレイヤーだととっても良い。自分の弱点がわかるし、何より休憩中などに「先輩~~じゃないっすかー」とか言って甘えられる(?)のが良い笑。
先輩プレーヤーから学んだり盗んだり盗んだり盗んだり盗んだりするのは無常の幸せである。というわけで当面は隼人さんに甘えて盗みまくることを心に決めた。
おれらの練習が終わったら、ゆらゆら帝国がやってきて練習してました!

★そろそろ今年の10枚。
 去年の暮れに一昨年に引き続き、'08年に聞いたアルバムをベスト3枚選ぶというのをやったのでそろそろ今年も選考に入ろう。
と考え、去年の記事を見返していたところ(http://ng-vanvan.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/index.html)、
こんなことが書いてあった。

(2007年12月23日の日記より)

1 インプロヴィゼーション(即興演奏)の要素と、エレクトロニカの方法論であるプリプロダクション~リミックスを取り入れたい。
   冷たく、それでいてなまなましい感触をもった音楽にしたい。
  (ex: CAN, Battles, !!!, Tortoise)

2 ブルーズ・ファンクのイディオムを追求し、遺伝子を組み換えるように音階やリズムを分解・再構築して伝統的でありながら異和感のある、何よりも魅力的なフレーズを生みだしたい。
  (ex: Miles Davis, John Coltrane, Cassandra Willson, Captain Beefheart)

3 個人の音楽(モノローグ的な)としてではなく、多層的な構造を持ったダイアローグ(対話)としての音楽でありたい。
   ジェンダー、政治、宗教に対しても多角的な視野と寛容さ、アイデアを持つユニセックスな、そしてフリーダムなグループでありたい。
  (ex: Sly & the Family Stone, Funkadelic, Asian Dub Foundation, Africa Bambaata)

4 上記の要素を含みつつも、踊って、歌って、楽しい音楽でなけりゃあ意味がない。
  (ROLLING STONESとかね!) 

 これはメンバー脱退後のモンスター幼稚園のために書いたマニフェストだったが、現在みてみるとNOISSES ZZAJUNへと引き継がれてゆくコンセプトの痕跡があるようだ。
あるいは今年やったNOISSES、ソロアコースチック、星くんの生ダブバンド、そしてバルバルヘッドを併せるとやっとコンセプト的には(結果はどうあれ)全部を満たせるかな。来年は一つのバンドでこれを総て満たせたら、と思う。
何といってもできてないのはユニセックス。ユニセックス?何でこんなこと考えたんだ?今年のバンドメンバーは男子ばかり。ノイゼスのヤオイ漫画があったら…と盛り上がる始末。

 バンドコンセプトって大事らしくて、我がブログにリンクしてあった広告にこんなのがあった。
http://inpactbrandingweapon.com/?gclid=CNeO8sW_wJcCFQcfegod1HWPSg

 ………。

 とにもかくにも私が掲げた4点のコンセプトは「エロかっこいい」よりかなり見劣りするのは確かだ。
 その話をミッキーとして、二人でおれのバンドのコンセプトを考えた。ミッキーさんは「バンドメンバーの一人が事故死しその体をバンド全員が移植手術を受けるというのが強烈なのでは」と言う。かなりエグイしミッキー的な勘違い&錯綜が入っている。
これは恐らくミッキーの仮面ライダー好きなボケなのだと今気づいた。
 ノイゼス的にはファルコンが改造手術を受けてサイボーグになるのがいいなあ。本物のサイボーグだったら、パヒュームやエロカッコいいコウダ先輩にも勝てるかも。

★先日野坂と多摩美でやった詩&ギターの演奏について
 実は学内の反応が薄くて残念だったのだが、二週間くらいたって漸く反応が返ってきている。良かった。どうやら良かったらしい。
企画者の安藤先生に伺ったところ、「古川日出男さんのブログに書いてあったよー」とのことなので見てみた。http://www.shueisha.co.jp/furukawa/message/index.html
 私は胸を打たれた。なんだか今年やってきたことやってきてよかったな、って思った。

 そして野坂はまた財布を落としたらしい。まったく詩人である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

齋藤侑太presents高尾山ゼミ「天狗伝説と音楽」/年末年始ライブ情報

 
 アグレッシブな録音姿勢と、すっかり定着した感のあるミニマルなスネアドラミングでお馴染みの齋藤"録音"侑太が企画した高尾山参拝ゼミ(通称俺ゼミ)。
テーマは「天狗伝説と音楽」。
「高尾山薬王院の天狗を尋ねて、森の中で音を愛でる優雅なひと時。そして訪れる名伏しがたい感情…。」
とはゼミ長齋藤の誘い文句でした。

 というわけで今日は高尾へ行ってまいりました。
面子は齋藤ゼミ長、杏一、野口a.k.a.DT、五十嵐助手、ユズ子嬢、そして私という純芸術学科メンバー。
非常に楽しかったが疲れたな。バッチリ整備された山道とはいえ山登り。ギター背負ってだしな

 天狗そばを食べるゼミ長↓

Sn3e0011

 私の予想を超えて、高尾山は完成度の高いアミューズメントパークであった。食べ物飲み物売店売店攻撃が凄まじい。うすら汚れたドイツ軍服ジャケットでギター左翼感覚とニヒルな態度(寝坊して遅刻したのをごまかす為)で現われた俺にはマジで予想外。
天狗そばを食べてゼミ生たちと、今後のゼミの課題(講義"前向きな思想"や、出席名簿を秩序のあるランダムで読み上げる為には?、ノンイデオマティック・レリジョン-特定のイディオムに奉仕しない横断的な宗教の可能性…などなど)を語らいあったところで、やっと高尾山がディズニーランドにも勝るアミューズメントパークだと気づく。なんというカップルの多さよ。
気づいてからはもうアイス食ったり、ココア飲んだりと山頂を満喫しました。

 そして肝心のゼミ的実践として、山道でレコーディング。
私&杏一のギター、
ゼミ長齋藤の防犯ブザー(?)や枯葉攻撃
五十嵐助手の般若心経のセッション。

中途から逃げ惑う演奏者を録音マイクを持って追いかけるという鬼ごっこ的なゲームピースセッションが始まって楽しかった。いやはや天狗的である。

 しかし俺と杏一のデュオ即興演奏をニコンでバシャバシャ撮っていたユズ子嬢には恐れ入った。
彼女はフィルムがもう無いのを知っていたにも関わらず、まさにセッション的にシャッターを切り、演奏に参加していたのである。

そんなこんなの非常に楽しいゼミ遠足でした。

★年末年始のライブ情報まとめて

●Barbar∮Head (Acoustic) feat.齋藤録音
12/9(火)新宿Urga
Shinjuku URGA presents 
w/ ライオット/REWARD/蓮尾公基
OPEN / 19:00 START / 19:30
Ticket: adv.¥1500 / at door.¥1800 (+1order)
新宿URGA
新宿区歌舞伎町2-42-16第2大滝ビルB1
JR新宿駅東口より徒歩7分。西武新宿駅北口より徒歩1分
TEL 03-5287-3390 / FAX 03-5287-3392
E-mail : info@urga.net

 おれNGと上原拓舞のアコースチック版バルバルヘッドに齋藤がスネアドラム参加。対バン蓮尾さんやないかい!

●ポンピドゥー・センター | Centre Pompidou
12/20(土)高円寺marbletron
mimimimime / ミミミミメ
18:30スタート!!
price:2000円!(+ 1D)
at SALON by marbletron
w/ ...Uuuco.! Takanobu INAFUKU onishi yoshito a.k.a. falcon Kojima Junya Kenichi Takahana a.k.a. DJ KEXXX dowding-club Kumiko Noguchi hasegawayu hama , guitar satoru HIGA WATANABE Tomoya Centre Pompidou

場所はこちらSALON by marbletron アクセス!http://www.marbleweb.net/salon/access/
 SALON by marbletron
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南 2-14-2 2F [Google Maps]
東京メトロ丸ノ内線 新高円寺駅より徒歩3分
JR 高円寺駅南口より徒歩10
TEL:(オフィス)03-5377-1300  (店舗)03-5934-8106
E-mail:salon@marbleweb.net

 多摩美情報デザインの多田さんらが企画したらしい。私は齋藤録音のリーダーグループ、“ポンピドゥー・センター | Centre Pompidou”で出演。恐ろしい名前だ。隼人さんも参加している。
詳しくは→ http://qpqp.org/ontama/
ネットで見る限り、異常に支離滅裂なグループですな。対バンにファルコンも出るよ

●Barbar∮Head
12/30 (火) 大久保Hotshot
HOT SHOT presents MUSIC PHONON
出演:東京ローシー / ザ・ビフテキ・タイムズ / Barbar∮Head / and more…
open17:30/start18:00 \1,500(+1drink)
 大久保HOT SHOT
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-7 大久保ビルA館 B1F
03-5338-8280
hotshot@mbm.nifty.com

 年末最後のライブ。この日はエレクトリックバルバルで行きたいね。未定だが。

●noisses zzajun SYNTAX(仮
2009年1/9(金) 新宿URGA
THE NIGHT STRANGE 28TH 
OPEN / 18:30 START / 19:00
Ticket: adv.¥2000 / at door.¥2400 (+1order)
■TSUNAMI [望月芳哲(b), 沫山数汎(gt), のなか悟空(ds), 森順治(as), 鈴木放屁(ts), 小野正(ts, fl)]
■でらくし
■DARARAB
etc...

 新年一発目。歌代隼人、野坂哲史の詩人二人朗読とインプロヴァイズの夕べ。何やるかは追って連絡します!

全部来いよ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »