« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

ライブ報告&ライブ告知

★携帯買い換えました。
 しかし前の携帯が壊れてデータを取り出せなくて(バックアップを取ってませんでした)
アドレスデータを消失してしまいました!
私の携帯番号およびメールアドレスは変わってないので、名前を添えてメール送ってもらえると助かります。

★ライブ報告
携帯壊れて私の連絡不行き届きな中、ご来場くださった皆様、まことにありがとうございます。スペシャルサンクス。

 10/21(火)NGアコースティックソロライブ@新宿URGA "SOUND ON SOUND"
誰も来てくれなかったから(笑)新曲はやりませんでした。セットリストは以下。

1.Bugged Modulations w/guitar
2.John the Revelator
3.Hard Time Killing Floor~即興
4.狂った時のなかで
5.松前口説~Death Lettar Blues
6.やんばるくいな

1曲目は夏の自由研究として録音していた鈴虫の鳴き声リミックス音源と、ギターによる即興。
あとはブルーズのカヴァーとブルーズ的オリジナル曲。
5曲目はもう一つの自由研究、ごぜ歌のカヴァー。この楽曲はウィリアムさんと一緒に演奏していたけど一人でやるのは初でした。後半はサンハウスのDeath Lettar Bluesに突入。
というわけでかなりブルーズ志向のライブでした。したら対バンのTHE BLACK DOGSTARが曲終わるたびに喘ぎ声&拍手を。彼らブルーズ好きなんやて。THE BLACK DOGSTARは最後のロックンロールバンドだーね。めちゃガンバっとってカッコえかったわい。ライブDVDもらったんで誰か一緒に見よう。

 10/22(水)NOISSESZZAJUN@高円寺20000V
結局のメンツは
野坂哲史tetsushi parsley raptop
NG ba
大西義人ファルコン Device,Programing
高橋一 tp
山ノ端祥太 tb
上原拓舞 gt
齋藤佑太 dr

セットリスト
1.intro~Noisses Funk
2.Noisses House(Dread Note/Soul Less)
3.Noisses Techno Pop(July remix)
4.Noisses Session

ある程度の枠組み(2曲目ハウス的4つ打ち、3曲目のコード)以外はほとんど集団即興でした。
じつは練習ではコブラにうつつを抜かしてて、はやみくんとボンバーマン状態(わかりにくい)でしたが、それがかえって本番でのフリーな感覚に寄与したのかしなかったのか。
この日はトランペット高橋が風邪を引きながらもピンクのベルボトムジーンズ買ったり、大西ファルコンと上原がダダをこねながらクレープ(プリン入り)食べたり、齋藤は実は人生初ライブで人知れず緊張したり、と各人各様の人生模様があったようですが。私個人としては、このようなメンバーがバラバラなグループをやりたかったんだ!と感慨。
あと私がプレイしたのは故ミッキー氏のジャズベース。なかなかブっとい音がするので大好きです。名器なんじゃないか。
次回ノイゼスは多摩美の芸祭二日目午後に中央ステージでやります。

★明日ライブやります。
 明日はアコースチック。録音&ドラムスの齋藤を従えてのライブ。彼にはスネアドラムによるノイズ、そして手拍子を担当してもらう予定。

新宿URGA 10/28(火)
Shinjuku Acoustic Garden
柳田健一/オオタカ/Kou/NG etc...

Ticket: adv.¥1500 / at door.¥1800 (+1order)

新宿URGA 新宿区歌舞伎町2-42-16第2大滝ビルB1
JR新宿駅東口より徒歩7分。西武新宿駅北口より徒歩1分

TEL 03-5287-3390 / FAX 03-5287-3392
E-mail : info@urga.net

みんな見に来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月20日 (月)

携帯が壊れたダヨ/impro日記

 携帯が壊れてしまた!ので、友人の皆様、特に急用のあるバンドマン達!そして私のライブにご来場せんとしてらっしゃる方は私のパソコンにメールを下さいな。

パソコンのアドレス↓

xiomara@hotmail.co.jp   (送る時は@を小文字に変えてください) 

お手数かけますが、よろしくお願いします。

 ライブ前の一番嫌なタイミングで壊れてしまった・・・。電源が入らないので、恐らく買い替えだろう。くそー

ライブには来てね★

●NGアコースティックソロライブ
10/21(火)新宿URGA "SOUND ON SOUND"
THE BLACK DOGSTAR/荒川アリゲーターズ/EDGE/NG
OPEN / 18:30 START / 19:00
Ticket: adv.¥1500 / at door.¥1800 (+1order)

新宿URGA
〒160-0021 
東京都新宿区歌舞伎町2ー42-16第二大滝ビルB1
03-5287-3390(TEL) 
http://www.urga.net/
info@urga.net

 出番最初で七時。早!この日はロケンローらしい。THE BLACK DOGSTARは噂では凄いライブロケンローを展開するらしい。おれも夏の自由研究で録ったロックな蟲の声(未発表)を使ってロックする予定。他にもロックな即興や、ロックなブルースやラップ(?)を演奏する予定どすえ。

●NOISSESZZAJUNのライブ
10/22(水)高円寺20000V
オイオイリャンペース/東洋の魔女/お賽銭泥棒/濁朗(with ツリオ モチヅキ)/and more...
OPEN/18:00 START/18:30
ADV/\1,300 DAY/\1,600

高円寺20000V
東京都杉並区高円寺南 4-25-4 B2F
TEL:03-3316-6969
MAIL:m20000v@yahoo.co.jp

 久々のノイゼスザジューン。(凄く遅くなりましたがフライヤーなどで告知していた9月のライブ中止になってしまって今に至ります。ちゃんとお知らせせず申し訳ない)

 前回と重複告知が終わったところで、せっかくだから最近の動向的日記を書くダヨ。

 今年の7月ころからフリー・インプロビゼーション(Free Improvisation)に挑戦しようと四苦八苦している。フリーインプロとは一口に言うのは難しいが即興のこと。(そのまま訳せば自由即興?)「即興ならいつもだらだらぐちゃぐちゃやってんじゃん」という声が聞こえてきそうだが、ここでは音楽的語彙にあんまり(…笑)依拠しない即興をさしている。(例えば音階やコード、リズムの無い状態を作る等)

 例えば私のよくやっているブルーズ~ロック・ファンク的な即興では、まず一定のリズムがあるのが大前提で、そのビートに基づいた上で(無視しようがしまいが)フレーズを展開する。音の高さも大体中心になる音があって(だいたいkeyとかコードとか言ってるもの)、ペンタトニックだろうがノイジーなフレーズだろうがそれを元に音が選ばれていくわけだ。

 で、さらに演奏において自分の音楽的ボキャブラリーがあって、なんとなくブルーズ的にとか、カッコいいロックをかますぜとか、ふぁんきーに真っ黒うねうねに・・・とかの音価値を付け足したりする。のを「イディオマテックな即興」と呼ぶ(意味は本当はちょっと違いますが)。

 その「イディオマテックな即興」に対して、全く何のイディオムを表現しない即興演奏というのがあって「ノンイディオマティック・インプロヴィゼーション」と呼ばれているのです。

 と、ここまで書いてこれはデレク・ベイリーの「インプロヴィゼーション」(1981年、工作舎)のできの悪い写し以下・・・。まったく要領を得ない説明であった。おれの論は例によって穴だらけ。なので興味ある人はこの本読んでみてください。オススメ。

 この「ノンイディオマティック・インプロヴィゼーション」や、近年話題の「音響的即興」、さらにエレクトロニカ方面からの“アブストラクト(抽象的)なトラック”といった形で、近頃の東京では様々な興味深い試みが日夜行われているみたい。

 日記を書こうとしたのにフリーインプロの説明を始めてドツボにはまってしまった。フリーインプロの解釈は人により様々異なっているので、話題半ばで放棄します。(エレクトロニカのくだりを書いているとき壊れて真っ暗の携帯が一瞬ヴァイブした!何なんだ?!依然ウンともスンとも謂わず)

ガーーーーーー!既に長い!が話し始めたら脱線超特急!ここらでいきなり日記に入ります!

10/4(土) 隼人still on the road(トランペット、詩人、ヒッチハイク)先輩と、NOISSESの大西ファルコン(グローブ型新兵器、マイク)、齋藤録音(amplified dram)と私NG(AcGt)でセッション。齋藤はスネアドラム、ライドシンバルをコンタクトマイクで拾ってアンプから出力。齋藤はフリーなドラミングが旨い。隼人さんはペット普通に(?)旨い。ファルコンはマイクを窓から大遠投する海釣りのような演奏。

 9(木) 多摩美芸学棟4階で宮浦杏一(AcGt)、齋藤録音(SnareDram)、私(AcGt)でセッション。外の虫の鳴き声や街道を走るバイクのエンジン音に気圧され気味。あまりうまくいかず。

 16(木) NOISSES ZZAJUNのリハ。私NG(ba)、大西ファルコン(raptop)、野坂哲史パセリ(raptop)、齋藤録音(dr)、B.M.C.嶽(voice)、上原拓舞(gt)、山ノ端(tb)、高橋一(tp)でセッション。コブラ(John Zorn考案したフリップによる指示のいいとも青年隊のようなセッション方式)初挑戦。面白い場面もあったが全員でルールを共有できず手応えはマチマチ。私NGとプロンプターのファルコンは非常に楽しむ。NGゲリラしまくり。NOISSESに初参加のラッパー/ボイスパーカッションのB.M.C.嶽が良い。そこら辺のドラマーより上手なドラムを口でやってしまう。フリーのセッションにヴォイスパーカッションがいるとヴォイパの人力ならではの芸当(リズムが壊れていく瞬間の微妙なアジャスト)があって面白い。

 17(金) ウィリアムさんとGiannni Gebbiaのデュオライブを齋藤と見に行く。北千住コズミックソウルにて。第一部はかなりJazz的だったが、第二部でウィリ山さんが、かっ!と口を開きスリルが増す。即興ミュージシャンは世界に立ち向かってギリギリのせめぎ合いをしているようで、立ち姿がカッコいい。帰り途はホーミーとロハス、即興の関係を巡って齋藤と議論。

 18(土) 隼人さん(tp、poetry reading)、野本さんex.Teararara(ba,学研synth)、NG(gt)でセッション。国分寺BAROONにて。隼人さんの詩の朗読に即興演奏。野本幸太郎の「村的即興」という言葉に撃たれる。私は歯でスライド奏法することを思いつく。隼人さんは詩もトランペットの音も真っ直ぐなので、隼人さんが死んだら、野本さんとおれで隼人詩集やCDを勝手に流出させて金儲けすることを誓う。

最近ずっと齋藤と一緒にいるんだな、私は。一緒にいる時間ほとんど彼は録音しっぱなし。データは増えてゆくばかり。キャパシティの深い漢だ彼は。

↓隼人still on the roadのマイスペース

http://www.myspace.com/alternativesong

 色んな面で信用している先輩プレイヤー、隼人さん。以前に友人から「中島はハチクロで言ったらローマイヤ先輩」とか言われたことがあるけど、とんでもない。隼人さんこそローマイヤ先輩です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

来週日本で二本ライブ

ご無沙汰です。NGバルバルボンバーですよ。

今まで黙ってたけど、来週は2本ライブがあります。

★NGアコースティックソロライブ
10/21(火)新宿URGA "SOUND ON SOUND"
THE BLACK DOGSTAR/荒川アリゲーターズ/EDGE/NG
OPEN / 18:30 START / 19:00
Ticket: adv.¥1500 / at door.¥1800 (+1order)

新宿URGA
〒160-0021 
東京都新宿区歌舞伎町2ー42-16第二大滝ビルB1
03-5287-3390(TEL) 
http://www.urga.net/
info@urga.net

 新曲を披露するつもり。果たして間に合うのか?!出番は最初です。皆来てくれ!

★NOISSESZZAJUNのライブ
10/22(水)高円寺20000V
オイオイリャンペース/東洋の魔女/お賽銭泥棒/濁朗(with ツリオ モチヅキ)/and more...
OPEN/18:00 START/18:30
ADV/\1,300 DAY/\1,600

高円寺20000V
東京都杉並区高円寺南 4-25-4 B2F
TEL:03-3316-6969
MAIL:m20000v@yahoo.co.jp

野坂哲史tetsushi parsley raptop
NG gt≒ba
大西義人ファルコン Device,Programing
高橋一 tp
山ノ端祥太 tb
上原拓舞 gt

 夏のLOOPLINEでの布陣に加えて、夏は名古屋で凱旋公演のため参加できなかった野坂哲史が帰ってきました。オリジンのNG&Parsley presents NU-JAZZ SESSION。というわけでNG&tetsushi parsleyのコンダクトです。

 まあなんつーか遂にお賽銭と自分の企画以外で対バンやね。

●齋藤録音がマイスペース始めた

 ノイゼス録音担当としてお馴染みの齋藤ルーセル先生がマイスペース始めました。

http://www.myspace.com/yutasaito

曲が"yakan for young lovers"って・・・

ジャンルは other/hardcore。彼が長野遺跡発掘旅行に行って、お土産にフィールドレコーディングをくれたときの言葉

私「これ編集したの?」

齋藤「ううん、一発録り、ハードコアNO編集。」

●B.M.C.嶽と出会う

 今日、B.M.C.嶽君というラッパーと会いました。

http://www.myspace.com/bmcakagsmoke

彼はノイゼスのマイスペースでメールを交わしてたんね。今日初顔合わせ。

嶽くんのマイスペースに詳しく書いてあるが、彼は「K DUB SHINE REMIX CONTEST」RAP部門第1位最優秀賞(K DUB SHINE大賞)を受賞しているのだった!

いやあ、ブッダやギドラの話で熱く熱く盛り上がりました。なんせケーダブ様と直にお見えしてるんだ彼は。

ノイゼスの野坂や、嶽くんに出会って思うのは日本のヒップホップ(特にブッダブランドやキングギドラ)に小学生~中学生の時に出会って多大な影響を受けたやつらが、熱い想いで活動を始めてるジェネレーションの存在ですやな(日本語おかしい)。なんだか勝手に嬉しい。モンスター幼稚園のメンバーはKダブ様にいろんな意味でフェチやったからなあ。

彼の「西東京」って曲が凄い良いです 涙

近いうちにzettai共演suru!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »