« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

自由研究Ⅱ 瞽女唄 中間報告/Don't forget to Kudokie!

ハーイ、エブリバディ。NGですよ。
ウィリ山さん、応援コメントありがとうございま××。

 瞽女唄新発見がいくつかあったので中間報告します。自由研究もフィールドレコーディングに続き二つ目。芸術学科なんで、しかも遅く大学入ったから卒論3つ分くらいは書きたい。(といってもまだ全然資料も現地調査もしてないけど。)

今日は朝起きて、瞽女の宿泊所として機能していたらしい天林寺に行ってきました。

080829_091601_2080829_091501_2  しかしアポ無しで来たので人の気配無く、まあ外観見ただけでおめおめと引き下がる始末。
で上越市立高田図書館に資料をあたることに。するとあるある。郷土資料コーナーに少ないながらも充実した瞽女唄資料がありました。中でも上越市が二十周年記念に作った瞽女唄五枚組CDボックスは鼻血ブーやったね。

 とりあえず瞽女の基本的な事項を整理すると、 

・瞽女とは、三味線を携えて民間を遊歴し、語りもの、流行り唄、民謡など唄い歩いた盲目の女旅芸人のこと。

・近世以来、日本の各地に幾多の瞽女集団があったが、その多くは早い段階で姿を消してしまったらしい。しかし越後においては幕末から明治中期に最盛期を迎え、広く巡業活動を行い、近年まで長く存続した。

・瞽女稼業は、目明きの手引きに先導されて、三人、五人と列をなして村むら町まちを渡り歩き、日中は民家の戸口に立って唄を短く唄いつぎ、米銭を乞い、(門付け)夜は泊まり宿で近隣の人たちを相手に好みの唄を披露し、代償を求めるという、昼の門唄、夜の宿唄の二部興業が一般的だった。

  私のゴッドファーザーは瞽女さんたちの門付けの後で、彼女らの手を引いて次の家までよく送っていったそうである。また、祖父家の近隣にある天林寺では瞽女たちによる一年に一回、弁才天を祭る“妙音講”が行われていたようだ。   

極私的(?)新発見としては、ウィリアム&NGで演奏していた“ごぜモーン”の元ネタ、“松前口説”の「口説」の読みがわかった。

今まで「コウセツ?クゼツ?」と読んでいたが、「クドキ」と読むことが判明。 “口説”は瞽女唄の語り物における一形態であり、歌詞は七七調、三味線は二上がり。心中話や滑稽話などに用いられる。

  私の音楽的興味はもっぱらこの“口説”スタイルに注がれているよう。口説の由来は、七七調の唄い文句に対して三味線のフレーズというセットが延々と繰り返される。この繰り返しがくどいので「クドキ」と呼ばれているそうな。

このクドイ語りスタイル、扱う主題、リズム音響構造が例えばサンハウスのデスレター、ジョン・リー・フッカーのモーニンブルースなどと酷似しているのが瞽女唄にはまったきっかけです。

 宇宙的に永遠拡大し続ける人間の愚かさ、滑稽さを無限増殖するミニマル反復で叩き斬る/紡ぎ続ける音楽が、ブギー≒口説なのでしょうか。

知らんわいな

   これを書きながら秋山徹次の“Don't forget to boogie”(ブギーを忘れるな!)という曲群を聞いていました。

“Don't forget to boogie”はメチャかっこいい日本人ギタリストによる、鬼のようなインプロビゼージョンとブギーの嵐で、真のブルーズです。

9月に大谷能生Direct Contactという企画で生体験してこようと思います。 ということで。

Don't forget to Kudokie! 

参考資料「瞽女 信仰と芸能」鈴木昭英著(高志書院)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

高田ごぜ歌

(前回の続き)
…という謎の宣言を引き起こす8月のライブを消化して私は今、新潟の上越、高田にいます。私の父の生家、祖父のとこへ帰郷したのでした。じいさんは寺の坊主、リアルNumAmiDabtzuイルシットです。
そしてここ高田は、ウィリアム&NGで演奏していた“ゴゼモーン”こと“松前口説”のオリジネイター、“高田ごぜ”のゆかりの地でした。
スーパーアルカホリックBoseとがんがん酒呑んで聞き出したところ、
「おれが五つか六つのころかなあ…ごぜさんが家へやってきて(曾祖父の)説教のあと一時間も二時間もごぜさんがうたったもんだ。あんときテープ回してりゃあなあ…テープ無かったけど」

私のルーツミュージック根掘り葉掘り病も、遂にやっと自分自身の音楽についてディグりはじめたわけです。
今回の高田滞在は短いので事前調査に止まりますが、来春あたりに腰を据えて“高田ごぜ”を追いたいと考えています!
ごぜ歌は口に出すのがおこがましいほどのポリリズム且つポリモーダルな倍音即興ブルーズやからね。


と非常に宣言めいたブログでした。
 明日はわたしが寝てる場所から三軒くらい隣に、旅回りのごぜさんが滞在するための宿/寺が今も残っているらしいので見に行ってきます。

酔っぱらって携帯で長文打つの疲れる。携帯だから二回に別れてしまった。
でわでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソロライブ報告

ソロライブ報告/ごぜ歌

 昨日はホットショットでアコースティックソロライブでした。(ブログの告知出来なかったす…利根ジャム終わり以来どっと疲れて、しかしバイト&ソロへの練習で詰め詰めでした。ていうか利根ジャム大変やった!雨降るわジャズコからエフェクト音出すわ)

 昨日のセットリストは以下の通り。

SE:組曲August theme(reprise)~雷雨
1.雷雨と即興
2.John the Revelator
3.ラスタファイ
4.Vagina
5.Shining(人間)
6.やんばるくいな
7.Big Easy Blues

ていう感じ

なかなか良かったようで手応えありました。
自分としてはオープニングSEとして用意してきた組曲August(これは今夏の自由研究フィールドレコーディングとして創作中の音源。我が部屋の窓からマイクを伸ばして、谷戸新道を通る車の音、蝉の声、室外機の音をカセットMTRで録音しながらアコースティックギターの即興&リアルタイムダブミックスした組曲の一部)やブログでも公開した雷雨の音源とギターのライブ即興(当たり前か)などがなかなか評判が良かったのが嬉しかったです。
そう。今回はライブでソロインプロに初挑戦でした。一曲だけでしかも環境音とだけど。インプロと言ってもノンイディオマティックなフリーインプロビゼーション(について説明していると字数が足りないので興味ある人は直接話しましょう…おれはまったくインプロど素人だが)かと言えばそうでは無く、そこはNGさんなので非常にブルーズ的なイディオムから逃れえない(最近は逆に逃げる気が無くなってきたが)即興演奏だった。NGインプロね。

即興問題としては、ノイゼスザジューンLoopLine公演を皮切りに、ファルコンちゃん(wii)、上原拓舞、齋藤録音、ヒッチハイカーOn The Roadハヤト先輩らと様々な議論や解釈や演奏が生まれつつあるので、またの機会に少しずつ発表します。
 音楽における倍音、即興、録音は現在最もデリケートな問題として挑戦すべきテーマだと感じるので(誇大妄想?)私NGはエレクトリック/アコースティック・スライドギタリストとして、オーガナイザー&何でも屋として、そしてブルーズマンとして果敢に挑戦します。多摩美で獲得したNoisses Zzajunというラボ、倍音・即興の大先輩ウィリアムさんに学びつつ。


以下次回に続く

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年8月16日 (土)

16・17日ライブ/自由研究、雷雨

902290305_102  観てくださいこのトライアングルを。ノイゼスザジューン、トロンボーン兼学生会長の山ノヴァさんが作ってくれました。ノイゼス夏の東京ツアーも後2本。

 前回の上原拓舞プレゼンツNOISSESに続いて、明日はWiiでサウンドを自在に操る、大西“ファルコン”義人プレゼンツのNOISSES ZZAJUNです。千駄ヶ谷のループラインにて。  

 2008年08月16日
『unitone vol.2』
open/18:00
start/ 18:30
charge/ 500yen (including one drink)

Telephone & Facsimile : 03-5411-1312
E-mail : info@loop-line.jp
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
Daisan Ochi Biru B1 1-21-6 Sendagaya Sibuya-ku
http://www.loop-line.jp/access.html

今回の面子は

ファルコン codes

高橋一 pktp, 尺六

山ノヴァ tb,foreign language

NG  tape fx ,acoustic guitar

上原拓舞 magician's red

齋藤録音 snare dram,無指向性バックエレクトレットコンデンサマイク

 美しく、モンドで悪夢的かつ恍惚な音響世界を堪能あれ。

 毎度その集音姿勢の気合で関係者の度肝を抜くNOISSES録音技師・齋藤録音侑太の新型マイクも見れるよ!今度のマイクは寄生獣ミギーみたいだ!

 そして17日は利根リバージャムやけんね!星くんと、さかいれいしうさんを私NGがリアルタイムダブミックス。何だかとってもドラッギーな世界が現れたけど大丈夫かな?!?!とにかく、れいしうさんは初めて共演させていただきますが、凄いです。この時間は語彙が貧困なので凄いとしか言えん。もちろん星君もバシバシパーカッション叩きながら、座ってるカホンを足の踵でキック!そして笑顔なんですよ。彼ったらもう。オリンピックやね。

 話変わって

 夏なので自由研究をしてます。主にフィールドレコーディングとフリーインプロの練習録音。齋藤録音氏はフィールドレコーディングにもフリーインプロにも、こだわりのわかる上質の漢なので、彼と情報交換しつつ。

8月14日の雷雨。「814.mp3」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

シンセが空中大回転・来週ミニマリズム

 6日はノイゼスのアースダムのライブでした。
 最後の曲では、なかじまくんのシンセV2(DX7の子孫)が空中で七回転くらいしました。しかしなかじまくんは慌てずにむしろ回転の力を利用して、「癖は直さなくていいぜえ…もっと癖を出せ!」とでも言わんばかりに回転するシンセをグーパンチ!するとアラ不思議シンセがギャーと言ってギャーギャーギャーではありませんか。それもそのはず。
この日のセッティングはッッ!!!!!ズームのマルチッッ!!!intoボスの202ッ!!!!(サンプラーなのにフィルターリングモジュレーターのみ使用)intoカーオスパッッドッッ1!!!!のテープエコオオオオオオオオーーーーーーー!!!!!だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだああだddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddddd!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 すると不思議。ライブ終了後によく見てみると鍵盤が4ッツ!陥ッ没しているrっる!!しかも一番上のファのシャープの黒鍵が国権が国憲がないよよよよよよ!
あーあ。みんな観にくればよかったのに。 

 と、覇闇先生風にかましてみる。
 覇闇先生http://hatoto.com/といえば前回ライブの時に、先生の最新刊「うわっ!!山火事だ!」を購入。この漫画にはじつは私NGがキャラクターとして登場しているのです。
自分が漫画に出演できるのはとっても嬉しい。しかも漫画上の私は現実の私にそっくりで、他人の作品にイチャモンつけたり説教たれたりともうマジでNGなキャラです。
で、この最新刊には「ぺルピーさん」のなんと!on the Paperな印刷版ペルピーさんが載っているのだ!いやあ紙のペルピーさんはすげえね。だって縮尺がネットと違うというだけでもう買った分の元取った気分ですハイ!ペルピー潰れてるもん。
 ペルピーさんを楽屋で読んでいたら、ノイゼスメンバーから見して貸して触らしてで皆で「ぺルピーさん」のどこがミニマリズムかを検討しあったのだった。
皆さんも考えてください。http://hatoto.com/m/pr.html

 ついでに7月のライブの最後の曲をマイスペースにアップしました。http://www.myspace.com/nujazzsession

これを聴きながらペルピーさんを読めばあの日のことが寂寥とともに思い出されるね★

・・・・なぜ突然覇闇くんの宣伝をしてるのだ?おれは。
「ミニマル」という言葉を濫用しすぎてもはやわけがわからないですが、
(ウィキには
ミニマリズム
ミニマリズムとは美術・建築などの造形芸術分野において、1960年代のアメリカに登場し主流を占めた傾向、またその創作理論であり、最小限(Minimal)主義(ism)から誕生し、必要最小限を目指す手法である。美術の分野においてはミニマル・アートとも呼ばれる。主な作家としては、フランク・ステラ、ダン・フレイヴィン、ソル・ルウィット、ドナルド・ジャッド、ロバート・モリス、カール・アンドレなど。この語は1965年にリチャード・ウォルハイムが発表した論文「ミニマル・アート」に拠っている。装飾的な要素を最小限に切り詰め、シンプルなフォルムを特徴としている。音楽の分野においてはミニマル・ミュージックの事である。最小限の音形、小さな単位の反復を手法としている。

1968年に、当時音楽評論家として活躍していたマイケル・ナイマンが、コーネリアス・カーデューの作品 "The Great Digest" を評す際、当時は抽象絵画などを表現する時に用いていた単語「ミニマリズム」を文中で用い、音楽評論で初めて「ミニマル」の概念を持ち込んだ。
と書いてありますがもちろんこんなにわかりやすい意味ではない上に私は明らかに意図的に誤用しています)

来週末はミニマルなライブが2本あります。

 
8月16日(土)千駄ヶ谷 loop-line
『unitone vol.2』
open18:00/start18:30
charge/ 500yen (including one drink)

adonis flaccida 浮遊系エレクトロニカ・ガールズユニット
www.myspace.com/arcellipse

ケイケイケイ 即興打ち込みヒップホップ歌謡ショウ

NOISSES ZZAJUN  nu-jazz session(2) electronica:jazz:funk:old school

xo  manatohayasi@gmail.com

-756  7∪56∴7∩56=-756(+α)

loop line
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
Telephone & Facsimile : 03-5411-1312
E-mail : info@loop-line.jp
http://www.loop-line.jp/top.html

ノイゼスの夏の東京ツアー2本目だね。ノイゼスフライヤー観た?サマートライアングルだよしらねーの?
(もう自分が何かいてるかわからない)
この日のライブはBPMが5くらいでノーコードノースケールという繰り返しじゃなくミニマルなインプロができたらいいなあという思いです。

で。次の日の17は利根ジャムです。
われわれがやる曲に打ち込み&パーッカション&ダブミックスの曲があって、星君にどんな曲ですか?て聞いたら、
「ミニマルだよミニマル。ミニマルテクノ★」だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

利根ジャムの真相

10076264896_s 10076265151_s

利根ジャムの真相が…明らかに

http://www.wacca.com/lj/special/summer_fest08/kanto.shtmlより

TONE RIVER JAM 08

利根川の土手で開催される<トネ・リバー・ジャム>。会場が土手ということもあり、 近くで遊んでいた小さな子どもが会場を走りまわるといったほのぼのした光景が見られることも。 ジャムを中心としたクオリティーの高いバンドがラインナップ。

Day/Place 08.17(sun) @ 利根川ゆうゆう公園[千葉県・我孫子]
Open/Start Check it web!
Fee T.B.A
Live
らぞく、MJC(MAJESTIC CIRCUS)、クンクンニコニコ共和国、 the brother woods、kamomekamome、星、and more! 
info http://ameblo.jp/tone-river-jam

↑もうどうにでもしてくれ・・・
 私NGはもちろん「星★」こと星くんとともに出ます★

 今日は綾瀬でラテン和太鼓無差別パーカッショニスト星くんと練習。
星くんとは6月ころから荒川でセッション練習しはじめたんだけど、マジに過酷です。
なぜかというとまず第一に星くんが上手い。
で曲が始まると最低20分はノストップで複雑なリズムの嵐。
で、ついてくのに精一杯なのに
「じゃあNG、次は五拍子の決めのあと2小節ミュートしよっか☆」
「?!なんで五拍子なの?」
「だいじょうぶ、だいじょうぶ。ひょっとこのリズムだからさ☆」
……星くん、ひょっとこのリズムって何?…
で、ただでさえ大変なのに、
「NG、ベース弾いてよ☆」
「NG、ダブミックスしてよ☆」
「NG、やっぱギター弾いて☆で、明日までにこの曲の音源と譜面をネットで探して(!)覚えてね★」

というわけで今日は昨日言われた曲を急遽ネットで探して覚えて、練習でした。もちろんダブミックスもするので機材は二倍です。
そんな状況でもわたしが文句一つ言わずに頑張り続けるのは、ひとえに星くんの人柄がめちゃ魅力的な上に、いっしょに練習だけでバリバリ経験値が上がる気がするからです。
 でこんなおバカ(大馬鹿)なプロジェクトに、某SかいRしうさんという女性VOが加わるというのは、極秘なんだろうかどうなんだろうか星君これネットに書いちゃまずいかな。でも星君ん家はネット繋がってないから書いちゃえ。もうおれは疲れたよ。今日は綾瀬で明日は八王子で練習なんだもの。東京の端から恥までもう。
(これを観てあっ!と思った人はくれぐれも内緒?かつ適宜よろしくお願いします。Wアムさん。)

追記:先日9/1と発表したノイゼスのライブが急遽9/23に変更になりました。なにとぞよろしくどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

NOISSES夏の陣

 ノイゼスの夏ライブは、一回ごとにディレクションを変えてやります。
 8月の一発目は、前回ライブでベースを弾いていた上原拓舞fromアナザーによる、ノイズグルーヴ・ノイゼス。

8/6(水) 新大久保 EARTHDOM
"EARTHDOM PRESENTS"
かかりかん
trespass (from 神戸)
NOISSES ZZAJUN
the mashies
jumpin' jams
OPEN 18:30/START 19:00
前売 1500円/当日 1800+drink¥500

EARTHDOM
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビルB1
TEL 03-3205-4469
http://www1.odn.ne.jp/shinjuku-dom/index.html/menu.html

 二発目は、wiiをデバイスにサイン波矩形波ノコギリ波なエレクトロニック・ファルコンが監督する、4人の厳選メンバーによるフリー・インプロヴィゼーションライブ。
 
8月16日(土)千駄ヶ谷 loop-line
『unitone vol.2』
open18:00/start18:30
charge/ 500yen (including one drink)

adonis flaccida 浮遊系エレクトロニカ・ガールズユニット
www.myspace.com/arcellipse

ケイケイケイ 即興打ち込みヒップホップ歌謡ショウ

NOISSES ZZAJUN  nu-jazz session(2) electronica:jazz:funk:old school

xo  manatohayasi@gmail.com

-756  7∪56∴7∩56=-756(+α)

loop line
渋谷区千駄ヶ谷1-21-6 第3越智会計ビル B1
Telephone & Facsimile : 03-5411-1312
E-mail : info@loop-line.jp
http://www.loop-line.jp/top.html

三発目は、トランペット高橋一&NGによる多分エレクトリックマイルスファンク的ライブ。これはオールナイトのロケンロー企画らしい。詳細わかり次第発表します。

9/1(月) 新宿 BAR 非常口
〒160-0002 東京都新宿区新宿2-12-16 1F
tel & fax 03-3341-5445
http://www.hijouguchi.com/
info@hijouguchi.com

で、久しぶりにソロもやります。
8/27(水) 大久保 HOTSHOT
HOTSHOT presents
裏SOLO
出演:稲垣和正 / 中島祥 / 村田力 / 山口幸太
open19:00/start19:30 sharge\1,500 +1drink

よろしくどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »