« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月26日 (火)

ライブレポート/遂にTheうんこを聴く

今日は新宿ウルガでした。

セットリスト
1、Ekki Attar/PonyBlues
2、狂った時のなかで
3、Dancing with the Barefoot
4、Rollin'Stone
5、昼下がり

 という感じで、かなりアドリブ多めのライブでした。特に三曲目以降から暴走。“Dancing with the Barefoot”の8分の6・6・3・4拍子と前回対ホットショット四人バンドの時決めたんだけど、今日は独りなのでこれ幸いと毎回違うリズムというかフリーリズムでやっちゃった。

 四曲目、ローリンストーンはマディウォーターズの曲(別名キャットフィッシュブルース)。から突然キャプテンビーフハートのチャイナピッグ~ロバートジョンソンのヘルハウンドオンマイトレイルへ。かなり苦しいメドレーだったがメドレーとわかるのは多分俺だけだから大丈夫だろう。

 最後はまたしてもピンクグループの超名曲“昼下がり”で独り大盛り上がりで締めた。
しかしまあ毎回他人の曲で盛り上がっていいのだろうか。大壺くんありがとう。他人の曲だがおれは“昼下がり”アコースティックバージョンにはかなり自信があるのだった。会場からも確かな手応え。私のお客さんはこなかったので、きっと対バンのビジュアルなハードロックキッズ達だろう。ありがとう。

 んでライブ終りしだい一路クラブドクターへ。今日はなんとスタットのスタッフの奥出さんがやってるプリミティブブルースユニット“Theうんこ”のライブだったのだ。ウルガとクラブドクターは結構近いので速攻走って見に行ったのだった。着いたけど最後の曲だった。でも遂に念願の初うんこ。すげーカッコよかった!特に奥出さんのスライドすげかった!
スタットの店長さん(奈良を殴った英雄)や奥出さんの彼女さん(!)も来ててなにやらホクホク。またスタットでやりたいなあ。

 帰りがけにうんこのCDをもらった。やった!
 2曲目テポドンブルース(!)三曲目ガミガミブルースが良かったです。

080226_223301

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

バンバンソロ活動!

2/26(火)新宿URGA   
AT THE 11TH HOUR, Dolf, etc...
open18:00/start18:30
adv¥1500/door¥1800

新宿URGA
〒160-0021 
東京都新宿区歌舞伎町2ー42-16第二大滝ビルB1
03-5287-3390(TEL) 
info@urga.net (e-mail)

 先日のホットショットでのライブはありがとうございました&お疲れ様でした。

 たくさんいろんな人が突然やってきて、びっくりしたよ!(突然告知したのはどこのどいつだ!)本当に久しぶりに会えた人も、全然ありがたみの無い奈良も、来てくれてありがとう!

 ホットショットでの4人編成は一回限りだったので次のライブは完全一人ソロ孤独ライブです。前回のライブではかなり音楽的にチャレンジしてみたので、今回はゆるーく行きたいと思います。手抜くわけじゃないけど、前回よりフランクな感じで。

 告知いきなりですまんす。いろいろ已むにやまれぬ事情があるのよ!

 出番は1番目で6時半からです。

080225_194201

 今日はジュゴンズの噂のドラマー、入り交じりマンと涙の再会。セッション大会でした。じゅん君はなぜかベースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月18日 (月)

4人でソロライブ

2/21(木)大久保HOTSHOT
acoustic
出演:坪井ユウサク、稲垣和正、竹内克文、臼井良介、中島祥

open18:30/start19:00
adv¥1,500/door¥1,500

HOT SHOT
〒169-0073
東京都新宿区百人町
1-17-7
大久保ビルA館地下1階
03-5338-8280
hotshot@mbm.nifty.com

 更新ずっと怠っていたNGです。
 ソロアコーッスティックライブ。でも4人で、エレクトリックベースとギターがいるというイカサマぶりを発揮します。
メンバーは、

NG(ナカジマショウ):アコースティックギター、ヴォーカル
鎌田翔 :エレクトリックベース、ヴォーカル
宮浦杏一 :エレクトリックギター
上原拓舞 :ジャンベ

 という4人。
 ベースの鎌田君は、以前私の企画「杉沢村炎上」で空手を披露した空手家ベーシストです。彼は和音に強く、リズムも正確なので、いつもいつも私に利用されてばかりですが、本当はヴォーカリスト志望なのでした。なので今回はマイルス・デイヴィスの名曲「TUTU」をカサンドラ・ウィルソンばりに歌います。
 宮浦杏一は、以前に"Dream Time"(NG w/TelephoneShoking)というEPを出した時にアルプス電気Jr.というクレジットで参加してもらったギタリストです。ナンバーガール~ジョン・マクラフリンの風合いを感じさせる「透明感あふれる」(DT曰く)ギタリスト。
 上原拓舞は本来ギタリストの筈が、最近モンスター幼稚園でべースを弾いたり、大忙しのプレイヤー。今回はジャンベです。がんばれ、たっ君。今回のジャンベは極秘ルートで入手したとても高そうなジャンベなので最高なサウンドですよ。

 この面子は音楽的になかなかやる&集中力が高い&努力家なので、やっててとっても楽しいです。

 ぜひぜひ見に来てね。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »