« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

全てのラーメン屋が閉まった後に

 NGです。昨日はモンスター幼稚園/金肉レコードの2007年ありがとう感謝祭として大宴会でした。

 今年は終わってないけど2007年、モンスター幼稚園として活動してきて沢山の人と深い絆をつくれて本当によかった。

 おれは今やっと酔っぱらってきて、全てのラーメン屋が閉まってしまったので、ひとり、朝焼けを見ながらひばりヶ丘の三角木馬公園でシーフードヌードルをすすっていました。
 
 そう。今まさにリスペクトタイムの真っ最中です。(アホか)
でも今日は自分へのリスペクトじゃなくて、今年一緒に戦ってきた仲間へリスペクト。とか言うとリスペクト男子みたいですが酔っぱらってるので今日はいいんだ。

 ミッキー。
 今まで一緒に色んなバンドやってきたけど、今年が一番濃厚なライブができたと思う。ありがとう。

 村上。
 今まで一緒にいろんなバンドやってきたけど(笑)、本当に世話になりました。
 いつかまた一緒に良い仕事ができると思います。
 今までありがとう。

 奈良へ。
 何だかお互い目の上のタンコブみたいだけどね。妥協しないで良い仕事しような。納得できるまでやり合えてよかった。
ありがとう。

  エスパー★うめ
 実はたくさん助けられました。
 ありがとう。
 でももうちょっとしっかりしやがれ!


 太田。
 本当に良い後輩を持ったと思う。
 今年から同学年(笑)だし、もう一歩踏み込んでやり合いたいです。


 ダボ横須賀
 変な名前ばかりつけてますが、信頼してます。
 ようやく一緒にやれるので非常に嬉しい。
 イテコマシたろうぜ

 うまみっちゃん
 写真はこれからもよろしくお願いします。おれはツンよりもミッチャンの方が良い(笑)から。
 今年はありがとう。これからもガンガン撮ってね。


 シゲくん
 イケマツのアホが抜けても是非ライブ見にきてね。
 顔出してくれると本当に嬉しい。
 これからもよろしくお願いします。


 はやみん
 いろいろあったね。はやみんがこれからどうしようと、おれは見てるから、お互い良いもの創ろう。

 たっくん
 なかなか一緒にできないけど、もっと遊ぼう(笑)。


 龍二しゃん
 てめえに言うことは何もねえ!


 さらに今年のスペシャルサンクスは、
 ウィリアムさん(本当にやりがいがあります)
 
 壺くん(マキシマムリスペクト、マジどーぷなパーソン)

 鎌田(なんだかんだでかなり世話になりましたありがとう)

 そしてツッチャンです。(見てるかい)

 本当はまだまだたくさんいるけど、今日のモンスター感謝祭に来てくれた人を主に感謝しました。(スマン)

 おれは誰かと協力しあわなければうまくやれないです。
 みんな、ひとりひとりと協力しあえて本当に良かった。
 ありがとう。


 これからも無限の茶番があなたたちを襲うかもしれませんが、よかったら楽しんでください。

 もう朝になっちまったや。

 また会おう!(とか言って)

Fh010003

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

メリークラックマス!今年の3枚

メリークラックマス!NGです。

 今日はクリスマスだけど、そんなの関係なくて、

“モンスター幼稚園/金肉レコード 2007お疲れ様でしたの会”です。

 だからというわけではまったくないけど、モンスター幼稚園の全員で「今年聴いたアルバムで良かった3枚」をブログに掲載しよう!という話があがったのだ。だからここで紹介します。

 ただ3枚挙げるだけではおもろないので去年の自分が何を聴いていたか(ぼく個人は去年もやったのだ)を振り返ってみよう。

http://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&ocd=user&oid=4281903&eno=2&loginLogon=grupo_chekele&sessionId=003AAS9QDVM1F5O6DVVA

2006年の十枚
2007-01-02 03:43:23
伊福部昭
“Sinfonia Tapkaara”

SLY&FamilyStone
“Flesh”

John Fahey
“Red Cross”

OKI、安藤ウメコ
“ハムカナプイ”

CAN
“Delay1968”

Asian Dub Foundation
“Rafi's revenge”

Fela Kuti
“Beasts of No Nation”

ボロット・バイルシェフ
“アルタイのカイ”

Lauryn Hill
“The MissEducationof Lauryn Hill”

“Soul of a Man”
サウンドトラック

 今見るとこのリストは嘘が含まれてるのです。なぜなら2006年さんざん聴きまくったマライア・キャリーとビヨンセが入ってない。あんなにビヨンセになりたがっていたのに。歩き方まで練習したのに。なぜだ?なぜなんだ?

 恐らくこの時期自分はウィリアムさんとのブルーズユニットを始めたばかりで、きっとウィリアムさんと一緒にやることにとっても魅力を感じつつ、モンスター幼稚園をR&B化したいぞプロジェクトに確固たる自信が持てなかったのだと思う。

 さらに言えば、この時点の自分はモンスター幼稚園を完全に「お遊び」としてしか考えていなくて、ビヨンセやマライアは所詮お遊びで、上記の10枚を2006年のまとめというよりは2007年の音楽的目標にするべく、自分に刷り込んでいた可能性が強いのだ。

 それが証拠に上記10枚は2006年といっても、殆どが本格的にウィリアムさんと練習を始めた10月以降に聴いたアルバムである。

 中島祥は、「振り返る」と嘘をついて、「こんなアルバムを今年聴きまくってた自分ならば、来年は天才的な活動ができるだろう」ということをでっち上げて、周りの人はおろか自分にさえ「おまえはこういう音楽をやるべき人間だ」という刷り込みを働いたのである。

 なんとまあ恐ろしいというか、浅はかというか。自分はこういった自分自身に対しての刷り込み(軽い洗脳?)をかなり頻繁に行っているらしいということに最近気がついた。多分、周囲の人はみんなとっくに知っているのだろうけど・・・ねえ。NGですよね。

 ということを踏まえつつ(笑)!

「今年聴いたアルバム良かった3枚(というよりは来年の仮想目標)」発表します!

"Sextant" Harbie Hankock

Sextant -Remaster

 今年最も聴いたのはハービーです。(これは嘘じゃないと思う)このアルバムを聴いて本当にぶっ飛んだ。そしてシンセサイザーのファンクに挑戦したいと決意したアルバムです。このアルバムのいいところはヘッドハンターズほどキャッチーじゃなくてわかりにくいこと山の如しなところです。フリージャズとファンクの中間ぽい逆上ダンサブルインタープレイ空間。

"Please Heat This Eventually" Omar Rodriguez-Lopez & Damo Suzuki

 これも聴いてぶっとんだ!マーズボルタはあんまり好きじゃないんですが、これは最高なぜならダモ鈴木のせいだ!ダモは牛だ!野牛のようだ!唸る声!もそもそ大地を食む声!野牛じゃなくて水牛でもなくて正体は蛸野朗なのか!?チキショウやるなオマー!

"Get up with it" Miles Davis

Get Up With It

 はい!まだ全然聴いてません。しかしこれはぶっ飛んだ!なぜならマイルスがブルーズやってるからだ!そしてマクラフリンはブリティッシュブルーズの猛者!ピートコージーは宇宙からの使者!だから最高だ!バーナード・パーディも最高だ!なぜならマイルス以下全員奴らはブルーズマンだからだ!ヘイヘイヘイ!

 2008年はこの3枚をお手本にぶっちぎってやんぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

最近のモンスター幼稚園の動向

  
 ぼくNGバンバンと、朋友の龍二君(ダガルガナル・ドブロコフスキー・ど根性三世という正式名称?が先日発表されました)が主催しているモンスター幼稚園ですが、
先日の公開ラジオ収録ライブを最後にベースのンジチャオ(ムラカミヒロキ)君と、ラップ/サンプラー/シーケンス/TJ/サウンドエフェクト担当のネズ6君が脱退してしまい、
たった2人きり(NGとドブロク三世)になってしまったのでした。

 これから一体どうするのか?ということを現在思案中ですが、先日モンスター幼稚園の“園長先生の話”というコーナーに、
ぼくとどぶろく君の考えをまとめて発表したところ、まったく意味がわからない駄文だという指摘を受けていたく反省してます。
 やはりむやみにナンチャッテゲリラみたいな発言はもうちょっと慎むべきです。

 というわけで今回は現在ぼくNGが個人的にこんなことをやりたいなあ、できたらいいなあと夢想していることをここに書きます。

★1 インプロヴィゼーション(即興演奏)の要素と、エレクトロニカの方法論であるプリプロダクション~リミックスを取り入れたい。
   冷たく、それでいてなまなましい感触をもった音楽にしたい。
  (ex: CAN, Battles, !!!, Tortoise)

★2 ブルーズ・ファンクのイディオムを追求し、遺伝子を組み換えるように音階やリズムを分解・再構築して伝統的でありながら異和感のある、何よりも魅力的なフレーズを生みだしたい。
  (ex: Miles Davis, John Coltrane, Cassandra Willson, Captain Beefheart)

★3 個人の音楽(モノローグ的な)としてではなく、多層的な構造を持ったダイアローグ(対話)としての音楽でありたい。
   ジェンダー、政治、宗教に対しても多角的な視野と寛容さ、アイデアを持つユニセックスな、そしてフリーダムなグループでありたい。
  (ex: Sly & the Family Stone, Funkadelic, Asian Dub Foundation, Africa Bambaata)

★4 上記の要素を含みつつも、踊って、歌って、楽しい音楽でなけりゃあ意味がない。
  (ROLLING STONESとかね!)

 
 ということでした。★2、3、4に関しては、ぼくが“Grupo CHEKELE”というバンドの時から追いかけているテーマです。
 ★1はここ数年の音楽の流行!に便乗してる感が強いです。しかしながら★3のテーマ(ダイアローグ的音楽)を実現する足がかりとして、はたまた現代の音楽を呑み込みつつある、大きな潮流に挑むには必要不可欠な要素だと思います。
(Asian Dub Foundation, Africa Bambaataらの音楽はヒップホップと言うダイアログ的リミックス文化がなければ不可能でした)

 うーん、うまく説明できてないですね。かなり疑問が残ります。ぼくは一人で考えをまとめるのが非常に苦手なのでした(言い訳だ!)。

 なぜ、ブルーズやファンクに固執し続けるのか?という疑問はあります。

 一つはブルーズ・ファンクは本来★1、3、4の要素を持ちあわせているのではないか?というぼく自身の仮説を突き止めるため。
 即興演奏に関しては言うことはありませんよね。ブルーズは豊かな即興演奏が多くのプレイヤーを育んできた音楽です。
 ブルーズにとってのプリプロダクションやリミックスは何か?と考えるとかなり苦しいですが・・・
 それは電気的な音響技術ではなく、多様な文化(多くのブルーズマン、人々のワークソング、異なる人種、特にネイティブ・アメリカンとクレオール)が用意した音楽的要素を
ジュークジョイントというダンスホールでリミックスされた音楽が、ブルーズということにならないでしょうか・・・(やはりかなり苦しい)

 多層的な構造を持ったダイアローグとしてもブルーズは機能していたと思います。
 ブルーズというと、一人で弾き語るものを思い浮かべがちですが、ブルーズの重要な要素として「コール&レスポンス」というスタイルがあります。
 これは音楽上の対話です。ブルーズは男性の口を借りて女性を語り、それに対して女性が答えるという基本的なコール&レスポンスを基盤にします。
その上に政治、宗教などのトピックを隠喩として、または直接的に問いかけ、答える音楽です。
 このコール&レスポンスは音楽的には、歌い手と客、または歌い手と歌い手、さらに歌い手と楽器、楽器と楽器・・・と様々な対話を行います。
 弾き語りブルーズは表面的にモノローグの音楽に見られがちですが、そこには歌い手と、自ら弾く楽器の壮絶な対話があるのです。(ライトニン・ホプキンスとかそうだよね)

 偉大なブルーズマンの一人、サンハウスは、チャーリー・パットンやロバート・ジョンソンが死んだのは悪魔にとりつかれたからだと信じて、一時期ギターを棄てました。
 サンハウスは“John the Revelator”という曲で手拍子とアカペラの歌のみで、神と対話し、悪魔とも対話しています。

 ……と、ここまで書いて思ったけど、この要素はブルーズじゃない音楽にもあるよね……

 もう一つの理由は、ブルーズはぼく自身が最も得意なジャンルだからです。
オオウ、アウチアウチ。痛いよ痛いよ。完全に君の独りゴトじゃないか。全然対話的じゃないよー

 もう少し考えがまとまったらまた発表しようと思います!でわ! 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

おおおおおおおお

12月18日(火)20000volt企画「イカ子の天プラ盛り合わせ★」OPEN18:00/START18:30adv.1500/door.1800CHICO/Ayrton/O'ma clock Al alert/5月26日/モンスター幼稚園/〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-25-4第8東京ビルB-2TEL/FAX/03-3316-6969mail⇒m20000v@yahoo.co.jp  こんばんわ。NG です。 突然だけどマイルス・デイヴィスの“ゲットアップウィズイット”ていうアルバムを聴きましたよ。 おれは本当に恐いと思いました。 なんていうか、マクラフリンがバキバキブリチッシュブルーズの“ホンキートンク”や、マイルスが目から殺戮光線を出せるようになった“レイテッドX”、そしてコーネルデュプリーが、どブルーズをかきまわす“レッドチャイナブルース”では「だれだこんなジミヘンがギター弦を糸ようじ代わりにして歯磨きしてるようなソロは?ピート工事か?」と思ってよく聴いたらなんとなんとなんとなんとなんとマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスマイルスでした。 トランペットをWOWOWしてるんだけどそんなはずないおかしい狂ってるイカレてる目から殺戮光線でてるよー。 もはやサングラスの大きさの問題です。彼にとっては。 あっ、そうか。今ついにサングラスの秘密がわかりました。マイルスは目から出る殺戮光線で無関係な市民をうっかり殺さないためにサングラスで防いでるんですね。Xメンにそんなキャラクターいたよね。サイクロンだっけ?なんか違うなサイプレスヒルはヒップホップだしなあ… 私の住んでる街ひばりヶ丘では本屋が一気に二軒潰れて識字率は15%を切りました。このままではクリスタルナハトも近い! 文盲ゲットータウンで現代の危機と戦い生き抜くためにはマイルスのように自らミューテーションしてプロフェッサーXと共にミュータントを集結させるしかないのです。 モンスター幼稚園のボクと龍二くんはそう考えています。 ミューテーションが起きるのは東京の西部、東村山以西と決まっていて、デトロイトに住んでいるニシオ君や、多摩を統一しているセントラル多摩エンパイア立川からやってきたダボ横須賀くんとランデブーしたりしていました。マルヤーモ君とも会いたいなあ。みんな東京西部のずさんな産業廃棄体制の被害でミューテーションしてしまった友達です。 かと思いきや都心部おばあちゃんの原宿巣鴨には闇鍋カズタカ通称カカという生まれつきミューテーションしている不幸なドラムモンスターのおともだちもいます。 みんななかなか幼稚園にやってきません。彼らは根っからヤンクなので幼稚園で教わることなど何もないそんな場所に行かなくても小学校には行けると思い込んでいるのです。そんな彼らには幼稚園で身に付けるはずの協調性という概念がまったくありません。(ニシオ君に関しては幼い頃、竹林チルドレンとして育ったので優しい心を持っています) 読み書きもろくにできないでいじめられたらどうするつもりでしょうか。 ぼくと龍二くんはインテリジェンス且つソフィスティケイテッドされた存在なので同時に二ヶ所の場所に存在したりできます。クラフトワークも使った技ですね。 先日も公開ラジオ収録の準備のために龍二くんは武蔵小金井にいながら東セントルイスにいたりしてました。   なああ。全く何の話だか分からないね。 モンスター幼稚園のラジオ第4回がネット上にアップされました。http://www.voiceblog.jp/mkddd/ いい男ランキングだって。なんかへこむよね本当に。なんでへこむかは聴かなきゃわからないよ君には。 そして18日には公開ラジオ収録を二万ボルトでやるよ。不オhdf、区がf。祭ウファ。ヴィwhぢA(WIVh/irwdyはヴィslIWFh/AWIR;hvyw・ィrh;iwrh/bv¥:をhr¥h?WR¥gvowhvj¥をjvgr¥poajhvblw・r歩bv;栄l・亜hfボ;和えィhfv、。得あいsj。lしfヴぉ;wirhav;oehrohしつれいしました。<

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

fullAcoustichilloutmoon

★明日弾き語りライブやります。

12月10日(月)
大久保 HOT SHOT
“a c o u s t i c”
出演:ムラカミヒロキ、栄一郎、ブッチマン、真優、中島祥
open 18:30/start19:00
\1,500+drink

〒169-0073
東京都新宿区百人町
1-17-7
大久保ビルA館地下1階
03-5338-8280
hotshot@mbm.nifty.com

 ムラカミと対バンじゃあないか。奇遇やでえなあ。フォーク対決ですね。
 

★マイスペースに新曲あっぷしました。

  http://www.myspace.com/ngvanvan 

 "fullmoon"って曲です。これはじつは3ヶ月前に作った曲で、わたしがハウス~ディープハウス~チルアウトなどのリミックス音楽にはまり始めたときに創ったのです。だからチルアウトリミックスというふざけた括弧書きがついてるという。。。
 使ってる機材は

 DDD-5 (KORG) を2台。リズムマシーン。を同期させて(MIDIケーブル初体験)リアルタイムステップ入力2台同時進行。
 Jazz Bass (Brian)  借り物。池6ワズ9くんの物。をズームのエフェクタ(KZKの弟のもの)通してバンバン演奏。1発録り。
  V-2 (YAMAHA)     シンセサイザー。即興で2発録り(オーヴァーダブ)。

 をアナログカセットMTRで録音しました。ハウスっぽい?まったくたわけたサウンドだよね。以前もR&Bを作ろうとして違うものになってしまった私。でも開始3分~あたりの展開はちょっと気に入ってます。伊福部昭にお饅頭捧げました。
 どうでしょうか。ぜひ感想聞かせてくらさい。こういう打ち込み(?)音楽は完全ビギナーなので(というか打ち込まないでゴマかしてます)、あんまり進歩ないかもですが、楽しいので時間あるときにまたつくります。
 
 

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

Respect Time / Die, when I die

 Yeah, NGだぜ。

 皆よくチェックしてるけ?おれがNG the ill 過ぎるスキルもつ逸物持つ魔物ようこそどうぞ優れものぞ、今日もテンションおかしいなぜなら今まさにここはおれの部屋午前五時半もちろん今日も寝てない昨日も寝てない(嘘)だぜそれマジ俺的にはマジNGだぜ

 どうだ?みんなwhat's up?ライムを感じてるか?イル過ぎるスキル風に言うとレイムを感じてるか?中学生のころブッダの人間発電所

“You need  heart to play this game 気持ちがレイムじゃモノホンプレイヤーにゃなれねえ”

という発句を聞いて「レイムってなんだ?」と思って“レイム”って単語を一生懸命辞書で調べてたころが懐かしいな?そうだろうメーン?あの頃からおれはちっとも変わってねえぜそれこそまじNGだよな。だけどあろうことかおれは今インターネットで検索してこんなモン見つけちまったぜ。

 

解決済み ブッダブランドの「人間発電所」の中の歌詞で、気持ちがレイムじゃ~ というのが...

ブッダブランドの「人間発電所」の中の歌詞で、気持ちがレイムじゃ~ というのがあるのですが、レイムの意味を教えてください!

回答数: 1  質問した人: ID非公開さん この質問内容が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

回答日時: 2004/8/24 05:12:03 回答番号: 3,085,932

「不十分な」、「不完全な」といった意味の「lame」でしょうか?

lame(“レイム”と発音)とは「不十分な」とか「不完全な」という意味の単語ですが、DNSの世界では一般に「DNSコンテンツサーバが適切に設定(運用)されていない状態」を指します。以下は RFC 1912の第2.8節からの引用です。

A lame delegations exists when a nameserver is delegated responsibility for providing nameservice for a zone (via NS records) but is not performing nameservice for that zone (usually because it is not set up as a primary or secondary for the one).

(対訳) 不十分な委任は、あるネームサーバが(NSレコードによって)あるゾーンについて名前解決を提供する責任を委任されているにもかかわらず、そのゾーンの名前解決を行わない(通常は、そのゾーンについてのプライマリもしくはセカンダリとして設定されていない)場合に生じます。      

 利用者側から見ると、DNSのツリー上に存在するあるゾーンについて、権威ある名前解決が行われない状態がlameであるといえます。

 例えば、JPゾーンではexample.jpドメインのネームサーバがns1.example.jpに設定されているが、example.jpゾーンではネームサーバがns0.example.jpに設定されていて不一致が起こっている状態がlameです。

だとよ。話が違うじゃねえか。そうだろうサッカ?

おれのダチから聞いた話じゃ

「ブッダのよー、レイムってのはよー、

rhyme[ rim ]

[名]

1 [U]韻, 押韻:faceとgrace, vanityとsanityのように, 強勢のある母音以下の音が同一で, その前の子音は異なること. ▼ふつうend rhyme(脚韻)のことだが, head rhyme(頭韻)をさすこともある

のことなんだぜ?NY風にいうとレイムなんだよー」

 おれはマジてめえの言葉を真に受けて、今までずっとrhymeのことを「レイム」って言ってたじゃねえかよ。ブル嫉妬。しかもついさっきもレイムって言っちゃたよ。ill伝道者ill伝道者ill伝道者ill伝道者ill伝道者ill伝道者。まじNGだよな。

 まあいいさ。なんでおれが朝っぱらからこんな話してるかというと今まさにおれはリスペクトタイム中だからさ。リスペクトタイムは本当は俺個人のプライベートな時間だったんだけど、夏の終わりに公になっちまったんでやけくそになって昨日は村上a.k..a.ンジチャオ家の部屋をリスペクトルームにして公開リスペクトタイムしてやったぜ。昨日に続き今日はネットで公開リスペクトタイムってわけだわかったかマイト?だからさっきまでコルトレーン聞いてたのに実際ブッダの歌詞思い出すためにあわてて病める無限のブッダのベスト引っぱり出して聞いてるってわけだ。わかったかマイト?

 ああ何言ってるんだあおれは。今日は昨日のライブの感想や、モンスター幼稚園のラジオについてや、GGアリンの聖なるウンコについて書こうと思ってたのに・・・

もういいや。グッドバイぶレーショ~ン!

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

ウィリ山ウンテンネギ味噌プラシーボ神殿

これは果たして2年前に描いた絵です。今のおれの脳内めーっくあっぷ!p厘背スp厘背ス!セーラームーンGT!Muse2back

○12/2 ウィリ山ウンテン Vol.26 「Suara Sana」

   #18時半開場 19時開演
    場所:円盤(JR高円寺駅下車 徒歩1~2分)
       http://www.enban.org/map.html
    料金:1500円(1ドリンク込み)
    出演:Suara Sana
         http://suarasana.com/
        Charlie,William&NG+星

   なお、会場は禁煙です。
   また、椅子でユックリご覧になりたい方は、開場後すぐのご来場を
   オススメします。

 久々の円盤出場。今回のWilliam&NGはパーカッション★星くん!が参加します。すごいです。パーカッション。これがリズムかいやああああああ
 と私は涎たらしながらゼエゼエ言いました。感嘆です。そんなこんなで日曜日来てチョ

 12月はライブがいっぱい。なのに今日ちょっと風邪ひきそうな気配がしたのでネギ味噌を作って食べました。

○ねぎ味噌レシピ

ネギ ざっくばらんに切る
味噌 適当にすくう
生姜 ぶつぶつ文句言いながら切る
にんにく おれって実はにんにく苦手なの…と自問自答しながら切る
お湯 がつがつ沸かす

 以上の品をお椀に投入して混ぜて食べたのであった。わたしは。辛い。辛い。ねぎが辛いのか、生姜が辛いのか。

 わたしは人一倍思い込みが強いので、風邪気味のときに薬を飲むと「ああ、あたい病気なんやあ、薬物摂取してもうたあ。もう駄目やわぁ」となって一気にプラシーボダウンしてしまうのです。だからなんといっても食べ物で治したい!そんなわたし。
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 しかし円盤に行くのにモンスター幼稚園393451816_82 の音源が追加生産できていない。さらに言えばウィリアムさんがブログで紹介してくれたhttp://william.air-nifty.com/blog/2007/11/httpwwwtokyodea.htmlのに試聴も作ってない。おわああああちっく!だってステージFM(モンスター幼稚園音源をネット公開してるサイト)止まっちゃったんだもの!近いうちにマイスペースにモンスタ音源置かねば!

 なにを言ってるのか分かってるのか自分!うんこうんこGGアレン!おれはロックンロールの神殿だからだ!

大変失礼しました。みんなライブ来てね。今回マジ地震あります。

| | コメント (3)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »